新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

猫を腰砕けにする魔法の媚薬「またたび」の正体【にゃんこサライ特別編7】[PR]

文/一乗谷かおり

「猫にまたたび」ということわざがあります。大好きなもの、あるいは誘うのに非常に効果のあるものの例えです。江戸時代や明治時代の浮世絵などにも、猫と一緒にまたたびを描いたものが残されており、猫がまたたび好きというのは古くから知られたことでした。

歌川芳艶画『猫鼠道化合戦の図』(片桐龍棲堂薬舗蔵)には、猫陣に爆弾のように投げ込まれたまたたび袋(左下)が描かれている。虎猫と茶色の猫は、足元に落ちてきたまたたびに気を取られている。

猫好き浮世絵師のひとりとして知られる月岡芳年が描いた、幼児童向けの草双紙『猫鼠合戦』をモチーフにした浮世絵では、合戦物に仮託した猫対鼠の攻防が描かれています。

月岡芳年画『猫鼠合戦』の1場面。左に焚いて煙の上がるまたたびとまたたび袋が描かれている。猫たちはだらりとして酔っぱらって戦意を失っている様子。

猫が鼠退治に用いた武器のひとつが「石見銀山」。石見の鉱山で銀の副産物として採掘された砒素などを含む硫砒鉄鉱を燃成して作った殺鼠剤で、「猫いらず」の異名がありました。鼠と戦う猫が「猫いらず」を用いているところがおもしろいところです。

一方、鼠が猫に仕掛けた戦略が、またたび攻撃。またたびを焚いて煙を出し、その香りに酩酊した猫たちが腰砕けになっている様子が描かれています。またたびによる攻撃を契機に、鼠たちは戦況を有利に運んでいきます。

『猫鼠合戦』はもちろん、物語の世界の話です。でも、猫を酩酊させ、戦意を消失させる「またたび」とは、いったいどんなものなのでしょうか。

■猫科だけが反応する不思議な植物

またたび(木天蔘)は別名「夏梅」とも称される蔓性の植物です。6、7月頃に白梅のような花を咲かせ、秋口になると3センチほどのどんぐり型の実をつけます。

花にマタタビアブラムシという昆虫が卵を産み付けると、実はどんぐり型には育たず、コブのようにでこぼことした形の虫癭果(ちゅうえいか)になります。これは木天蔘(もくてんりょう)と呼ばれ、古くから漢方薬にも用いられてきました。

左がより猫を酩酊させる成分を多く含むコブ状のまたたびの実、右の通常の実は塩漬けにして食べることもできる。

またたびには「マタタビラクトン」「アクチニジン」「β-フェニルエチルアルコール」といった成分が含まれており、この3つの成分が猫を酩酊状態にさせるといわれていますが、虫癭果には正常な実や葉、茎などよりも多く「マタタビラクトン」「アクチニジン」が含まれています。

市販の猫用またたびの多くは、乾燥させた虫癭果を粉末にしたものです。またたびやまたたびを嗅だり舐めたりすると、猫は身をよじったり、またたびがついたおもちゃを顔をこすりつけたりして全身で「気持ちいい~」を表現します。普段はおっとりしているのに、またたびの臭いを嗅いで急に狂暴になる、といった極端な反応を示す猫もいます。

またたびと類似の植物として、キャットニップもあります。これは和名を犬薄荷(イヌハッカ)といいますが、他にもアカバナヒョウタンボク、セイヨウカノコソウといった植物に猫は反応するようです。

今年3月2日に『BMC Veterinary Research』誌(イギリス)で発表された論文には、またたび、キャットニップ、アカバナヒョウタンボク、セイヨウカノコソウの比較研究が紹介されています。調査の結果、猫が最も反応するのがまたたびであることがわかりました(個体差によって反応を示さない猫もいたようです)。

■猫のしつけにも使える気付け薬

またたびは猫の神経を刺激したり、麻痺させたりすることで猫を腰砕けにしますが、猫科以外の動物にはこのような作用はありません。漢方薬として人間に有効な成分が、猫には刺激的なまでに効いてしまうのかもしれませんが、はっきりとした理由はわかっていないそうです。

またたびの粉をまぶしたおもちゃで遊ぶ猫。興奮して抱え込んだおもちゃを後ろ足で蹴ることも。

前述の研究では、猫の性別や年齢などで反応の度合いが違うことも紹介されています。子猫や不妊・去勢手術を施した猫は反応が薄かったり、雄の方が強く反応することから、またたびは猫にとって一種の「媚薬」のようなものかもしれません。

『猫鼠合戦』では猫に対する武器として使われたまたたびですが、中毒性はなく、5分~10分もすると猫の酔いも醒めてしまうようです。確かに、またたびの粉末をまぶしたおもちゃを与えても、最初はくねくねと身をよじらせて興奮していた我が家の猫も、しばらくすると飽きてそっぽを向いてしまいます。

中毒性、常習性がなく、効果は一時的。でも忘れた頃に見せるとまた同じように興奮する。こうした猫のまたたびに対する反応をうまく利用することで、猫のしつけにも活用されています。

猫を酩酊させるまたたび、なんとも不思議な植物です。でも人間の子供がお酒を飲んではいけないのと同じで、小さな子猫にはマタタビは早いので、その点は注意しましょう。

文/一乗谷かおり

※犬や猫に関する様々な情報を発信しているWebサイト「ペットゥモロー」にて、話題の自然派ペットフード「ブルーバッファロー」製品が抽選で当たるアンケートを実施中。下記特設サイトよりご応募ください!
↓↓↓
http://petomorrow.jp/tag/ブルーバッファロー

※ブルーバッファロー公式サイトはこちら>> http://bluebuffalo.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと
  2. うちの猫がハゲに!? 猫の「毛むしり」原因と対策を専門家に聞いた…
  3. なってからでは遅い!猫の歯周病予防に必要な「歯磨き習慣」導入のコ…
  4. 誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ
  5. 毛色がヒント!猫の性格を見極められる方法が実験で判明
PAGE TOP