サライ.jp

東京・丸の内の三菱一号館美術館では『拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え』と題する展覧会が開かれています。洋画家・梅原龍三郎とオーギュスト・ルノワールの関係を紐解きながら、20世紀の美術界の様相を見直す展覧会です。

ピエール=オーギュスト・ルノワール『パリスの審判』1913-14年 油彩/カンヴァス 公益財団法人ひろしま美術館蔵

ピエール=オーギュスト・ルノワール『パリスの審判』1913-14年 油彩/カンヴァス 公益財団法人ひろしま美術館蔵

1909年、パリに留学中だった二十歳そこそこの梅原龍三郎は、南仏カーニュのルノワールのアトリエを突然訪問します。ルノワールは、まったく面識のなかった極東出身の画学生をアトリエに入れて制作現場を見せ、昼食を供に食べ、木陰で語りあいました。

5年の留学期間を終えて梅原が帰国する頃には、絵を授ける程、二人の関係は深くなっていました。

その後も手紙を通じたやりとりは続いていましたが、1919年、老大家ルノワールは亡くなります。訃報を聞いた梅原は、ルノワールからもらった絵と、自宅を売却までして渡航費用を捻出し、遺族を弔問しました。

免許皆伝の証と言っても良い大切な絵を手放すとは、相当な覚悟だったことでしょう。

梅原龍三郎『パリスの審判』1978年 油彩/カンヴァス 個人蔵

梅原龍三郎『パリスの審判』1978年 油彩/カンヴァス 個人蔵

この頃から梅原は本格的に美術品を収集し始めます。ルノワール、ピカソ、ドガ、マティス、ルオーなど著名な作家の作品から、古代ギリシャのキュクラデス彫刻、江戸時代に土産物として売られた素朴な大津絵など、時代もジャンルも様々です。

この展覧会では、梅原自身の作品だけでなく、美術館などに寄贈され、現在は散逸してしまった梅原の旧蔵品も一堂に会しています。梅原がそれらをどのように自らの制作に取り入れていたか、考えることができます。

ピエール=オーギュスト・ルノワール『バラ』制作年不詳 油彩/カンヴァス 三菱一号館美術館寄託

ピエール=オーギュスト・ルノワール『バラ』制作年不詳 油彩/カンヴァス 三菱一号館美術館寄託

三菱一号館美術館学芸員、安井裕雄さんは梅原のコレクションの特徴は、額縁や作品を収納する箱に良く表れていると言います。

「ルノワールの『バラ』を購入したとき、梅原はわざわざルノワールが好んだとされる古い様式の額を購入し、絵の周りに自らがコレクションしていたインドやペルシャの古裂を使って、額装しています。キュクラデス彫刻を入れる桐箱は、あえて内側を青く塗って鮮やかな色彩で作品を際立たせ、蓋にも絵を描いています。作品単体で考えるのではなく、飾る環境も含めて考えているのです」。

展示室では作品そのものだけでなく、作品の装いに表れた梅原のこだわりにもご注目ください。

【拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え】
■会期/2016年10月19日(水)~2017年1月9日(月・祝)
■会場/三菱一号館美術館
■住所/東京都千代田区丸の内2-6-2
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般1600円 高校・大学生1000円 小・中学生 500円
*<アフター5女子割>第2水曜17時以降/当日券 一般(女性のみ)1000円
■開館時間/10時~18時(祝日を除く金曜、第2水曜、1月4日(水)~ 6日(金)は20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
■休館日/月曜日(但し、祝日の場合は開館)、年末年始休館12月29日(木)~2017年1月1日(日)
■アクセス/JR「東京」駅(丸の内南口)徒歩約5分
JR「有楽町」駅(国際フォーラム口)徒歩約6分
東京メトロ千代田線「二重橋前」駅(1番出口)徒歩約3分
東京メトロ有楽町線「有楽町」駅(D3/D5出口)徒歩約6分
都営三田線「日比谷」駅(B7出口)徒歩約3分
東京メトロ丸の内線「東京」駅(改札口・地下道直結)徒歩約6分

※三菱一号館美術館のWebサイトはこちら

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア