新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

若柳駅(旧くりはら田園鉄道)|鉄道公園として甦った廃線の小駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第33回】

文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)

見渡すかぎりの田んぼが続く宮城県栗原市の大平原。ここにかつて走っていた鉄道の駅が、保存鉄道の玄関として復活した。2007年に廃止されたくりはら田園鉄道の「若柳駅」だ。

もともと車庫があった駅で、廃止後も木造駅舎とホームや車庫が保存され、いまでは『くりはら鉄道公園』として整備されている。

毎月開催される『くりでんイベント』を訪ねると、廃止前は修繕を重ねてみすぼらしかった駅舎も、見事に改修されていた。

「取り壊された駅の材木を使って修理しました」とボランティアの駅員さんが語る駅舎は、外壁や窓枠も開業時のイメージでよみがえり、午前10時には大勢の人たちがつめかけていた。

今日は若柳駅から伸びる900mの線路を使ったレールバイクの日、駅舎の前から足こぎ式トロッコのレールバイクが次々と発車していく。

ここではくりはら田園鉄道で活躍したKD95形ディーゼル気動車も動態保存されていて、毎月その乗車会も開催されている。

かつての若柳駅

KD95形ディーゼル気動車

レールバイク

私が最初にこの鉄道を訪ねたのは、まだ電車が走っていた栗原電鉄のころで、当時は栗駒山ろくの細倉鉱山から鉛や亜鉛の鉱石を運んでいた鉱山鉄道だった。やがて1987年に細倉鉱山が閉山、主力の鉱石輸送を失った栗原電鉄は1993年に電車ではなくディーゼル気動車の鉄道として第三セクター化された。

これがくりはら田園鉄道で、2007年の廃止まで東北本線石越駅と細倉マインパーク前駅を結んでいた。現役当時は石越駅や栗駒駅など、個性的な駅舎がならぶ面白い小私鉄だった。

若柳駅舎はその唯一現存する生き残りなのだ。

構内にはかつての島式ホームが残り、栗原電鉄時代のM15形電車や、名古屋鉄道からやってきたレールバス気動車KD10形(よく揺れる車両だった)、そして2両のKD95形気動車が保存されている。この2種類のKD(くりはら田園鉄道のディーゼル気動車の意味)はいずれも動態保存で、KD95型の方は毎月の試乗会に運転される。

また2017年4月には、かつての車両工場が鉄道の歴史を伝える『くりでんミュージアム』が開館した。

M15形電車

M15形電車・車内

KD10形

KD95形

今では『くりはら田園鉄道公園』のとなりに農産物直売所や芝生広場が設けられ、その中心に旧若柳駅舎が鉄道アトラクションの玄関となっている。出札口や手荷物窓口なども昭和風に復元された待合室では、次々にやってくる人たちもクラシックな駅舎を懐かしんでいた。

わずか10年前に現役で走っていた鉄道なのに、乗る人が減少して廃止に追い込まれた「くりはら田園鉄道」。いまではイベントの日になると、駐車場が一杯になるほどの人気ぶりだった。

【訪ねてみたい名駅舎】
『若柳駅』(旧くりはら田園鉄道)
■所在地: 宮城県栗原市若柳字川北塚ノ根
■駅開業:1921年(大正10年)12月20日
■駅廃止:2007年(平成19年)4月1日
■アクセス:JR石越駅から市民バスくりはら田園線で約7分、若柳中町下車

※くりはら田園鉄道公園は4月1日〜11月30日まで公開。レールバイクや乗車会については栗原市のHP(下記)でご確認ください。
https://www.kuriharacity.jp/events/index.cfm/detail.1.44784.html

※問い合わせ先:くりはら田園鉄道公園(電話:0228-24-7961)
くりでんイベント予定表(PDF)

文・写真/杉﨑行恭
乗り物ジャンルのフォトライターとして時刻表や旅行雑誌を中心に活動。『百駅停車』(新潮社)『絶滅危惧駅舎』(二見書房)『異形のステーション』『廃線駅舎を歩く』(交通新聞社)など駅関連の著作多数。


『廃線駅舎を歩く』
(杉﨑行恭著、定価1500円+税、交通新聞社)
http://shop.kotsu.co.jp/shopdetail/000000002109/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オーストリア国鉄のシティジェット 世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫す…
  2. ラハイナのサトウキビ列車、今は不定期運転 マウイ島とハワイ島で、廃線鉄道を探る【ハワイ楽園鉄道3】
  3. グライヒェンベルグ鉄道 二度の大戦と冷戦を見守った、国境近くのローカル線「グライヒェンベ…
  4. JR北海道全線踏破10日間の旅 10日目・最終日《苫小牧から様似(えりも岬)・その2》【実録・J…
  5. 10日目・最終日《苫小牧から様似(えりも岬)・その1》【実録・J…
PAGE TOP