新着記事

究極の柔らかストール|空気をまとったような極上の着け心地! 五木寛之 五木寛之氏講演会「人生百年をどう生きるか」のお知らせ[PR] 自分の足についてよく知りましょう(計測編) 自分の足についてよく知りましょう(計測編)【快適に過ごせる靴との出会い vol.4】 獣医師とコミュニケーションをとって納得できる検査を。 獣医さんが教えるよりよい「ペットの血液検査」を受けるコツ 肥満要注意 都道府県ランキング|第1位は岩手県 肥満要注意都道府県ランキング|あなたが住む都道府県は何位? リーガースブルク城 実在した「魔女狩り」の謎|岩山の上に建つキリスト教界で最強の古城・リーガースブルク城(オーストリア) 【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 知っておきたい介護の基本 公的介護保険のしくみと利用できるサービス|知っておきたい介護の基本 ヒノキのぐい呑み|京都産ヒノキを厳選し職人が仕上げた香り高い酒器 うにの旨みと甘味を堪能「ヤマチュウ食品」の北海道産 粒うに【サライのお取り寄せ】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 五木寛之
  2. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「学問をして人間が上等にならないなら、初めから無学でいる方がいい」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば178】

sousekiKotobaBanner2

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「学問をして人間が上等にならぬくらいなら、初めから無学でいる方がよし」
--夏目漱石

上に掲げたのは、夏目漱石が愛媛県尋常中学校刊『保恵会雑誌』に掲載した『愚見数則』の中に記したことばである。当時、漱石は28歳。ひとりの英語教師として松山に赴任している。この文章には、若く真っ直ぐな漱石の教育観があらわれている。

最近、大学教育などでは、社会に出てそのまますぐに使えるような実学を重んじる傾向がある。専門化や細分化も、どんどんと進んでいる。行政や役所が予算を通して介入して、それを推し進めようとする。もちろん、実学重視は必ずしも悪いことではないが、一方で文学部不要論が出てきたりすると、それはちょっと違うのではないかと思う。

学問によって、ほんとうに磨き上げるべきは、知の力であり人間性そのもののはず。それが出来上がらないようなら、学問などする意味がない。掲出のことばで、漱石はそう指摘するのである。

このことばの前に、漱石はこうも述べている。

「理想を高くせよ。敢えて野心を大ならしめよとはいわず。理想なきものの言語動作を見よ、醜悪の極みなり。理想低き者の挙止容儀を観よ、美なるところなし。理想は見識より出ず、見識は学問より生ず」

翻って最近の国内外の政治に目を移すと、リーダー的立場にいる人たちが、平気で事実をねじ曲げる強弁を繰り返している。自分に都合の悪いニュースや情報は「フェイク」や「怪文書」だと切り捨てる。そうして、恥じるそぶりもなく、むしろ得意気に胸をそらしている。けっして上等とはいえない。

強弁の仕方は学んでも、正直や公正という、人間性の基礎となる肝心な部分は磨き忘れたらしい。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

himekurisoseki-3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP