新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

「多くの人が不幸を感じているのは、社会が不完全な証である」(押川春浪)【漱石と明治人のことば155】

sousekiKotobaBanner2

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「すべてこの世の中に生れて来た人間は同じ人間だ。ある人間が幸福にばかり暮し、ある人間が不幸にばかり暮すという道理は無い。元来社会は不完全だから、多くの人は不幸を感じているのだ」
--押川春浪

小説家・押川春浪(おしかわ・しゅんろう、本名・方存)は、明治9年(1876)愛媛県松山市で生まれた。父の方義は日本キリスト教会の元老となった人物で、東北学院の創設にも関わった。その父の性格を受け継いだのか、押川春浪も潔癖で剛直な人柄。だが、時に勢い余って粗暴に走るところがあり、放校処分を受けるなどして学校を転々とした。

そんな春浪にも、最後に入った東京専門学校(現・早稲田大学)のバンカラな校風だけは馴染んだらしく、英語科を卒業し、さらに政治科にも学んでいる。

この政治科在学中、春浪24歳の折に書いたのが小説『海底軍艦』。作家・巌谷小波の推薦を得て単行本として出版され、血気盛んな明治の青少年からの熱い支持を受けた。このとき若い作者の才を見込んだ巌谷小波は「春波」の号を与えたが、その2字では少しおとなし過ぎると感じたのか、自ら「春浪」に改めたという。

ちなみに、夏目漱石は一時期、東京専門学校の教壇に立っているが、春浪の入学は漱石の退任後だった。

押川春浪はその後も奔流の如く、次々と冒険小説を発表した。傍ら、巌谷小波の紹介で博文館に入社し、雑誌『冒険世界』の主筆もつとめた。同社退社後には、小杉未醒らと雑誌『武侠世界』を創刊している。

掲出のことばは、小説『銀山王』の中で、春浪が登場人物の隠者に言わせた台詞。隠者はつづけて言う。

「おれは不公平な事が大きらいだ。この世の中の貧富貴賤皆苦楽が
平均しておらなければ嘘だ」

格差の是正は、いつの時代の社会にもある課題。春浪はそこに真正面から気持ちをぶつけている。

押川春浪は非常なスポーツ愛好家でもあった。主筆をつとめる雑誌『冒険世界』の主催で、学生のための運動競技会をおこなったこともあった。とりわけ夢中になったのは野球。天狗倶楽部という同好会を組織し、仲間とともに野球をはじめとするスポーツを享受し、普及に努めたのである。

実は、博文館を辞めたのも、野球がからんでいた。東京朝日新聞が野球弊害論を掲載した折、その筆者のひとりである新渡戸稲造を大虚言家と批判するなどして痛烈に反撃した春浪のやり方が、社の方針にそぐわなかったのだという。

大正3年(1914)、病没。作家仲間で酒友でもあった大町桂月は、その死を悼みこんな一文を寄せている。

「春浪君は、澆季(ぎょうき)の世に、よくもかかる快男子がと思わるる人なりき。金銭を視ること土芥の如く、死を視ること帰するが如く、不義不正を視ること蛇蝎の如く、明治の文壇に冒険小説の一派を開きて士気を鼓舞し、兼ねて運動に青年を鼓舞せり」(『酒に死せる押川春浪』)

38歳での早世だった。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

himekurisoseki-3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP