新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「多くの人が不幸を感じているのは、社会が不完全な証である」(押川春浪)【漱石と明治人のことば155】

sousekiKotobaBanner2

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「すべてこの世の中に生れて来た人間は同じ人間だ。ある人間が幸福にばかり暮し、ある人間が不幸にばかり暮すという道理は無い。元来社会は不完全だから、多くの人は不幸を感じているのだ」
--押川春浪

小説家・押川春浪(おしかわ・しゅんろう、本名・方存)は、明治9年(1876)愛媛県松山市で生まれた。父の方義は日本キリスト教会の元老となった人物で、東北学院の創設にも関わった。その父の性格を受け継いだのか、押川春浪も潔癖で剛直な人柄。だが、時に勢い余って粗暴に走るところがあり、放校処分を受けるなどして学校を転々とした。

そんな春浪にも、最後に入った東京専門学校(現・早稲田大学)のバンカラな校風だけは馴染んだらしく、英語科を卒業し、さらに政治科にも学んでいる。

この政治科在学中、春浪24歳の折に書いたのが小説『海底軍艦』。作家・巌谷小波の推薦を得て単行本として出版され、血気盛んな明治の青少年からの熱い支持を受けた。このとき若い作者の才を見込んだ巌谷小波は「春波」の号を与えたが、その2字では少しおとなし過ぎると感じたのか、自ら「春浪」に改めたという。

ちなみに、夏目漱石は一時期、東京専門学校の教壇に立っているが、春浪の入学は漱石の退任後だった。

押川春浪はその後も奔流の如く、次々と冒険小説を発表した。傍ら、巌谷小波の紹介で博文館に入社し、雑誌『冒険世界』の主筆もつとめた。同社退社後には、小杉未醒らと雑誌『武侠世界』を創刊している。

掲出のことばは、小説『銀山王』の中で、春浪が登場人物の隠者に言わせた台詞。隠者はつづけて言う。

「おれは不公平な事が大きらいだ。この世の中の貧富貴賤皆苦楽が
平均しておらなければ嘘だ」

格差の是正は、いつの時代の社会にもある課題。春浪はそこに真正面から気持ちをぶつけている。

押川春浪は非常なスポーツ愛好家でもあった。主筆をつとめる雑誌『冒険世界』の主催で、学生のための運動競技会をおこなったこともあった。とりわけ夢中になったのは野球。天狗倶楽部という同好会を組織し、仲間とともに野球をはじめとするスポーツを享受し、普及に努めたのである。

実は、博文館を辞めたのも、野球がからんでいた。東京朝日新聞が野球弊害論を掲載した折、その筆者のひとりである新渡戸稲造を大虚言家と批判するなどして痛烈に反撃した春浪のやり方が、社の方針にそぐわなかったのだという。

大正3年(1914)、病没。作家仲間で酒友でもあった大町桂月は、その死を悼みこんな一文を寄せている。

「春浪君は、澆季(ぎょうき)の世に、よくもかかる快男子がと思わるる人なりき。金銭を視ること土芥の如く、死を視ること帰するが如く、不義不正を視ること蛇蝎の如く、明治の文壇に冒険小説の一派を開きて士気を鼓舞し、兼ねて運動に青年を鼓舞せり」(『酒に死せる押川春浪』)

38歳での早世だった。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

himekurisoseki-3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP