新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

日本の美意識の粋「料紙」で見る名筆の数々「はじめての古美術鑑賞 -紙の装飾-」展

国宝「無量義経」1巻〔彩箋墨書 平安時代 11世紀 根津美術館蔵〕

取材・文/池田充枝

料紙(りょうし)とは、一般に書に用いる紙をさします。日本では原料によって麻紙、楮(こうぞ)紙、斐(ひ)紙、三椏(みつまた)紙などがあります。

料紙の歴史は奈良時代まで遡り、「漉(す)き染め」「吹き染め」などの染紙や、金や銀の細かい箔を散らしたものなど、美しく飾られた装飾料紙がありました。

平安時代には、和歌や物語を書くのにふさわしい優雅で繊細な紙が求められ、型文様を施した雲母(きら)摺り、蝶や鳥の下絵や漉き模様など、独特の技法でさまざまな意匠を凝らした料紙が登場し、技法もさらに発展していきました。こうした装飾料紙は、千年を経た今も美しさを損なわずに伝えられています。

そんな美しい料紙に書かれた書の名品を一堂に集めた展覧会『はじめての古美術鑑賞 -紙の装飾-』が、東京・青山の根津美術館で開かれています(~2017年7月2日まで)。

本展は、日本の古美術はすこし敷居が高いという声に応えて根津美術館が企画した「はじめての古美術鑑賞」シリーズの第2回目で、「読めない」という理由から敬遠されがちな書の作品にアプローチする一つの方法として、書を書くための紙、料紙に焦点をあてています。

華麗な色や金箔、あるいは雲母によるさまざまな装飾技法を、所蔵作品を中心に分かりやすく解説。国宝「無量義経」はじめ、奈良時代から江戸時代にいたる書の名品が並びます。

尾形切 伝藤原公任筆 1幅〔彩箋墨書 平安時代 12世紀 根津美術館蔵〕

本展の見どころを、根津美術館の学芸部長の松原茂さんにうかがいました。

「染め・摺り・金銀箔散らしなどの多彩な技法を駆使して書を書く紙を飾る料紙装飾は、日本で独自の発展をとげました。今回の展示は、当館のコレクションを中心に、さまざまな技法を駆使した作品をご覧いただきます。

なかでも、それ自体ほとんど透明なため、光の角度によって見えたり見えなかったりする雲母(きら)による装飾は、とくに平安時代の宮廷貴族たちに好まれました。本展では、見え隠れする雲母の装飾を照明の工夫で実際に見ていただきます。また、紙質や装飾の異なる複数の紙をパッチワークのように継いで一枚の紙に仕立てる継ぎ紙の技法は、そのセンスが光ります。印刷ではわからないその立体感をぜひ作品でお確かめください。

日本人の美意識を凝縮したかのような料紙装飾の豊潤な世界を体感して、書の作品のあらたな魅力に触れていただきたいと思います」

日本ならではの美意識がちりばめられた書の世界。会場でじっくりとご鑑賞ください。

【展覧会】
『はじめての古美術鑑賞 -紙の装飾-

会期 2017年5月25日(木)~7月2日(日)
会場 根津美術館 http://www.nezu-muse.or.jp
住所 東京都港区南青山6-5-1
電話番号 03-3400-2536
開館時間 10時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日 月曜日

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪…
  2. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  3. 面白すぎる江戸の滑稽絵を集めた展覧会《江戸の戯画-鳥羽絵から北斎…
  4. 旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅す…
  5. 戦禍を免れた「奇跡のネガ」277枚に写っていた80年前の沖縄の姿…
PAGE TOP