サライ.jp

文/川口陽海

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症 手術をしても治らなかったらやるべきこと【川口陽海の腰痛改善教室 第20回】

もしあなたが椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術を受けたのにも関わらず、症状が治らなくて暗澹としているのであれば、この記事がお役に立つかもしれません。

また手術をしようか迷っている方も、ぜひお読みいただけると幸いです。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の痛みやしびれがなかなか良くならず、

「もう一時も耐えられない」
「早く楽になるならなんでもいい」
「なんとしてもこの痛みから逃れたい」

そんな気持ちから、思い切って手術を選択される方も多いでしょう。

最近は日帰り手術や手軽さをうたった病院の広告も多く目にしますので、それで治るならと高額な手術をお受けになろうかと迷っておられる方もいるかもしれません。

もちろん手術で良くなればそれに越したことはありませんし、実際に良くなる方も多いでしょう。
しかし、筆者の腰痛トレーニング研究所には、

「手術をしたのに痛みが治らない」
「手術をして一時は良くなったが、また再発してしまった」
「以前手術したところと別の部位にヘルニアや狭窄ができてしまった」
「何回か手術をしたけれど良くならない」

このような問い合わせが多く寄せられています。

一大決心で手術を受けた結果が治らないのでは、絶望的な気持ちになるのも無理もありません。

治らなかったからといって病院は責任も取ってくれませんし、「患部は取り除いて手術は成功したのにおかしいですね」などと言われて退院させられるのが関の山。

※本当にこのように言われたというケースを、筆者は多数聞いております。

それでは手術結果が思わしくない場合、なにも打つ手はないのでしょうか?

いえ、できることはたくさんあるのです。

手術で治らないのはなぜなのか?

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の症状が、手術をしても良くならなかったのであれば、単純に考えてそこが原因ではなかったのではないでしょうか。

そのように考えるには、2つの大きな理由があります。

まず第一に、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は、痛みのない健常者でもたくさんみつかりますので、痛みやしびれとは関係ない可能性があります。

例えば次の画像は痛みのない健常者を検査した結果についてのグラフですが、椎間板ヘルニアは76%の人に見られた、という結果が出ています。

痛みのない健常者を検査した結果

ちなみにこの研究は、国際腰痛学会のVOLVO賞(年に一度のノーベル賞にあたる賞)を受賞している、信頼性の高いものです。

また、狭窄症の原因となる脊椎分離症・辷り(すべり)症などについても、同様の結果が見られています。

狭窄症の原因となる脊椎分離症・辷り(すべり)症などについても、同様の結果

分離症もすべり症も、急性腰痛慢性腰痛の方に対して、健常者の方が発見率が高いという結果です。

つまり、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は健常者にも良く見られるありふれた現象であって、必ずしも痛みやしびれの原因となるとは限らないということです。

第二に、腰や脚に痛みやしびれを起こす原因は他にもあるということです。

そのひとつが筋肉です。

例えば次の画像は、股関節の奥にある「小殿筋」が原因でおこる痛みのパターンです。

股関節の奥にある「小殿筋」が原因でおこる痛みのパターン

「小殿筋」が原因で赤い範囲に痛みやしびれなどがおこりますが、このような症状で病院に行くと「坐骨神経痛」と診断されます。

しかしこれは「小殿筋のトリガーポイント」による、殿部から下肢にかけての「筋筋膜性疼痛症候群」です。

原因は背骨でも神経でもなく「筋肉」なのです。

トリガーポイント・筋筋膜性疼痛症候群について、詳しくは以下のページもご参考になさってください。

腰痛・坐骨神経痛のトリガーポイント治療
なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回

つまり、手術で治らなかったのは、

1.「筋肉が原因の痛みやしびれ」であったにも関わらず、
2.「椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症」がみつかったためにそれが原因とされ、
3.患部を取り除くなどの手術をしたが、
4.そこは本当の原因ではなかったので、
5.「痛みやしびれ」が治らない

ということではないでしょうか。

手術で治らなかったときにやるべきこと

では手術で治らなかった場合、どのようにしたら良いのでしょうか?

筆者は次の2つをおすすめします。

1.痛みの本当の原因「筋肉=トリガーポイント」の治療とセルフケア
2.腰を支える「体幹インナーマッスル」の機能回復

トリガーポイントのセルフケアと体幹インナーマッスルの機能回復につきましては、本連載でも何度も記事にしております。

以下のページにわかりやすく解説しておりますので、ぜひご一読ください。

テニスボールで腰ほぐれる!5分でできる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第4回】
なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】
腰痛・坐骨神経痛のトリガーポイント治療
椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症|手術をせずに治すトレーニング法【川口陽海の腰痛改善教室 第19回】
腰痛・坐骨神経痛を改善する体幹インナーマッスルトレーニング

文・指導/川口陽海
厚生労働大臣認定鍼灸師。腰痛トレーニング研究所代表。治療家として20年以上活動、のべ1万人以上を治療。自身が椎間板へルニアと診断され18年以上腰痛坐骨神経痛に苦しんだが、様々な治療、トレーニング、心理療法などを研究し、独自の治療メソッドを確立し完治する。現在新宿区四谷にて腰痛・坐骨神経痛を専門に治療にあたっている。

【腰痛トレーニング研究所/さくら治療院】
東京都新宿区四谷2-14-9森田屋ビル301
TEL:03-6457-8616
http://www.re-studio.jp/index.html

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア