新着記事

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

猫との出会い ~窓から入って来た子猫~|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その1】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part1
おぷうの兄さん×つしま×おじさん編集者

「あらゆる猫漫画の中で、猫の描写が最もリアル」と評される『俺、つしま』(おぷうのきょうだい著、小学館刊)をご存知でしょうか。『サライ』の編集者が編集を担当し、2018年4月に第1巻、そして今年5月の末に第2巻が刊行されるや、多くの書店でベストセラーにランクイン。たちまちシリーズ累計30万部を突破しました。

今回は、30万部突破を記念して、作者「おぷうのきょうだい」の絵を描く人(=おぷうの兄さん)が、主人公猫のリアルつしまさん(つーさん)を伴って、担当編集者との座談会に応じてくれました。『俺、つしま』で描かれた「元野良猫つーさんがおくる、笑いと涙、愛と友情の一大ロマン」の舞台裏を語ります――。

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会にのぞむ、つーさん(左)、おぷうの兄さん(中央)、インタビュアーのおじさん担当編集者(右)

読者から反響の声、続々!

――『俺、つしま2』、刊行して1週間の時点で読者さんからの声がこんなに届いています(アンケートの内容を見せながら)。

おぷうの兄さん(以下「兄」):こんなに……すごいですね。ほら見て、つーちゃん。

つしま:どくしゃにはどんな人たちが多いの?

――アンケートを送ってくださった読者は、年代は10〜70代と幅広いですね。男女ともに人気があるようですがどちらかといえば女性が多いようです。お子さんの感想を親御さんが代筆してくれたものもいくつかありました。『俺、つしま』を出かける時も持ち歩くほど気に入ってくれた、小さなファンもいるようです。

兄:お子さんも読んでくれているというのはうれしいですね。それと、こんな絵なのに女性のファンの方が多いというのも意外でした。

つしま:俺がほら、かわいいから。

兄:うん、ほんとにそうだね。

――猫を飼ってらっしゃる方からの共感の声が圧倒的に多かったですね。「どこか懐かしい寅さん的なところが大好きです」という感想もありました。

兄:妹も自分も昔の映画が、もちろん寅さんも好きなので、その影響はあると思います。

つしま:おまえら、毎日同じ映画ばっかり観てるもんね。

――Twitterでも読者さんの「感動した」「心が温かくなった」というツイートが目立ちます。

兄:ありがたいことに1巻はたくさんの方々に支持してもらえました。2巻はどうかなと思っていたのでホっとしています。

つしま:おじいちゃんも、ずっとドキドキしてたみたい。俺みたいにどっしり構えてればいいのにね。

兄:つーちゃんはすごいなぁ。

つしま:へへへ。

猫との出会い ~窓から入って来た子猫~

――ずっと猫を飼ってきたんですか?

兄:二十数年前ですかね、目がグジュグジュの子猫が一匹、窓から入って来たんですよ。よく見ると鼻水もすごい。そばに寄るとフーシャー威嚇して逃げちゃうので何とか段ボール箱を被せて、それを毛布で包んで病院に連れて行きました。

診察してもらうとすごい熱で、よくなるまでウチに閉じ込めて看病することになって。そのうち膝の上で寝てくれるようになって、かわいくてたまりませんでした。それが最初に飼った子で、チビといいます。19歳まで生きてくれました。

チビには兄弟がいて、毎日一匹ずつ兄弟がやって来るんですよ。全部で7匹もいました。母親も結局居つくようになり、父親らしき猫まで通って来るようになって、あっという間に一家に家を乗っ取られました(笑)。

二巻-俺、つしま

――それは大所帯ですね。

兄:大所帯です(笑)。チビたちが来てから度々、野良も来るようになったんですが、明らかな野良には不妊手術を受けてもらいました。とくに妹は、しょっちゅう動物病院に行っていたような気がします。

当時は近所にすごく野良猫が多くてちょっと揉め事もあったと聞いて、近所の皆さんと協力して不妊手術と里親探しをがんばりました。その時に近所の人たちとも親しくなれたんですよ。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大切なペットのストレス解消法は?|ペットの健康に関する調査 大切なペットのストレス解消法|犬は「定期的な散歩」、猫は「こまめ…
  2. “マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査 “犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛…
  3. ポストカード ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後…
  4. 二巻-俺、つしま 「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット…
  5. 拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』 拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』
PAGE TOP