新着記事

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

五木寛之さんの60年にわたる作詞活動の集大成!『歌いながら歩いてきた』CD&DVD5枚組セット

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

「お墓参り」「掃き掃除」「ラジオを聴く」|50歳を過ぎても脳を成長させるセルフケア

文/鈴木拓也

50歳を過ぎても脳を成長させるセルフケア
「脳が成長するのは生まれてから3歳まで」、「脳は20歳を過ぎたら衰える一方」といった、脳の成長に関する「一般常識」。脳科学の進歩によって、こうした常識は過去のものとなった。

代わって今は「脳は100歳を過ぎても成長する」。もう少し厳密に表現すれば「50歳前後までなら、脳を意図的に成長させようとしなくても、老化して衰えることはほとんどなく、認知能力や運動能力も横這いです」と明言するのは、脳内科医で加藤プラチナクリニックの加藤俊徳院長だ。

加藤院長は、50歳以降については「すべての人が脳を成長させることができる」としながらも、自助努力がウェイトを占めるようになると、著書の『50歳を超えても脳が若返る生き方』(講談社)で唱えている。要は筋トレと同じで、脳も鍛え続けていかないと「認知症になる可能性が格段にアップする」と警告。そして、認知症など脳のトラブルを防ぐセルフケアを多数提示している。それらは、かつて流行した「脳トレ」のような単純で飽きやすいものとは真逆の処方箋。しかしながら、日常生活に取り入れやすく、続けやすいものが主体となっている。そうした、本書にあるセルフケアを幾つか紹介しよう。

■神社仏閣の参拝やお墓参り

脳は刺激を受けることで活性化し、脳力の低下を抑えるが、その刺激は体操でもよいという。
その体操として、加藤院長がすすめているのが「神社仏閣への参拝やお墓参り」。

「神社やお寺、あるいはお墓に移動する際には、高低差のある長距離を歩くので、運動系脳番地を派手に使います。また、先祖や神様に感謝の気持ちを持って手を合わせることは、ほかの人に思いやりを持つことにもつながります。このときの思いやりは、感情系脳番地を活性化させ、想像力が育まれるのです」(本書211pより)

「脳番地」という耳慣れない用語が出てくるが、これは、脳内で同じ働きをする複数の脳神経細胞の集合体。全部で約120の脳番地があるが、なかでも運動系脳番地や感情系脳番地は、人が健康に生きるために特に重要な脳番地。日頃から、この脳番地を意識してトレーニングするようアドバイスされている。神社仏閣めぐりは、複数の脳番地を活性化する意味で効果的な「体操」というわけ。

■ホウキを使った掃き掃除

家の掃除をしてくれるロボットが普及して、ふだんの掃除が楽になった。だからといって、「サボるようになると、脳は一気に老けていきます」と加藤院長は言う。これを防ぐのが、昔ながらのホウキによる掃き掃除。

「掃除をすると運動系脳番地が活発になるだけでなく、ほかにもいろいろな脳番地を使います。ホウキで掃くときは、床にゴミがないかと目を動かしますが、このときは視覚系脳番地を使っています」
(本書203pより)

掃き掃除による効果を高めるには、「リビングは10分、寝室は5分と、細かくリミットを設けて作業」するとよいという。時間的期限を意識したこのやり方は、記憶系脳番地を元気にさせる。時間の使い方が上手な人が、認知症になりにくいのは、記憶系脳番地が若々しいせいだとも。

■ラジオを聴く

老人性難聴で耳が聞こえにくくなると、認知症リスクが増大する。これは、外部から脳への刺激が減ってしまうせい。逆に、聴力を働かせる刺激を与えることで、そのリスクを減らせるが、それに最適なのはラジオを聴くことだという。

「ラジオはテレビと違って耳しか使わないため、聴覚系脳番地をフルに働かせます。加えて音だけでしっかりと内容を聴き取るには集中力が必要になるので、理解系脳番地も活性化します」(本書212pより)

また、ラジオを聴きながら、食事の支度や掃除をするのもすすめられている。同時に2つのことをすると、単にラジオを聴くのとは別の脳番地が活性化されるというのがその理由。

■加藤院長自身のセルフケア

本書には、58歳の加藤院長が日頃心がけている「脳の若さを保つため」の方法が載っている。それは、以下の3つ。

1. 50歳からの人生の思い出を作っていく
2. 嫌な人とはできるだけ交流しないし、嫌なことはしない
3. 毎晩早く寝る

2と3は分かりやすいが、最初の思い出作りというのは、50歳を人生における大きな区切りとして、これ以降の思い出を積極的に作り、振り返るようにすること。これは、自分の人生に意義を見出すのに大事なことで、「人生にやり残していることや、今後やりたいことが明確になり、それが残りの人生の羅針盤」になるという。

*  *  *

このように、加藤院長のメソッドには、同時並行で何かをするというものが多いのが特徴。脳が持つ膨大なキャパシティを考えれば、これくらいは必要ということなのだろう。定年後、もしも「家でテレビの前に座っているだけ」の時間が多いようなら、脳が一直線に老化するのを黙認しているようなもの。腰が重い(これも脳の老化のサインだという)のは最初のうちだけなので、本書のセルフケアをできるものから始めるとよいだろう。

【今日の健康に良い1冊】
『50歳を超えても脳が若返る生き方』

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000312000

(加藤俊徳著、本体880円+税、講談社)

『50歳を超えても脳が若返る生き方』
文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP