新着記事

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

我が闘病|大島康徳「大腸癌ステージ4。放置すれば余命1年という非情な宣告だった」~その1~

取材・文/田中周治

我が闘病|大島康徳

プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のことだった。大腸癌ステージ4。肝臓にも転移していた。手術を受けなければ余命は1年。医師にそう宣告された。突然の癌宣告に大島さんはどう向き合ったのか。癌発覚から手術、そして抗癌剤治療を続ける現在までの経緯を振り返ってもらいながら、当時の心境を語ってもらった。家族の存在。野球人であることの幸せ。癌患者が暮らしやすい社会。自分が癌患者になったからこそ初めて気づけたこととは何なのか、3回に渡ってお伝えする。

* * *

医師からはできるだけ早い時期の手術を勧められた

「ちょっと痩せすぎじゃない?」

大島康徳さんの癌が発覚したのは、ナオミ夫人のそんな一言からだった。

年に一度の定期健診で、血糖値がやや高めだったため、ちょうど糖尿病予防のダイエットを始めていた時期でもあった。

「定期健診の結果は、毎回そんなに気にしてなかったんです。細かい数値が上下しても、そんなに関心がなかった。便に潜血反応が出たこともあったけれど、次の検査では消えている。痔を患っていたので、その影響かな、という認識でした。ただ、糖尿病に関しては、食事制限になって『好きなものを食べられなくなるのは嫌だなあ』と思ったので、普段の食事の量をセーブしようと心掛けたわけです」

大島さんが定期健診を受けたのが、2016年1月のこと。4月になり、プロ野球のシーズンが始まると、仕事現場で「大島さん、痩せましたね」と声を掛けられる機会が多くなった。だがこの時も本人は「ダイエットの効果が出てきたかな」程度にしか考えなかったそうだ。

「ところが、家族に言わせると私が食事の量をそこまで制限しているようには見えないと言うんです。それなのに、そこまで痩せるのは明らかにおかしい。そこで妻が、一度、きちんと検査をしてほしい……と。当初は乗り気ではなかったんですが、『私も一緒についていく』というので、仕方なく近所の掛かりつけの病院で検査を受けたわけです。プロ野球のレギュラーシーズンが終わり、解説の仕事もひと段落した10月のことでした」

その結果、すぐに精密検査が必要だと言われ、2日後には総合病院に足を運んだ。診断結果は大腸(S状結腸)癌&転移性肝臓癌。ステージ4。このまま放置すれば余命1年という非情な宣告だった。

「1年では何もできないと思いました」

当然、医師からはできるだけ早い時期の手術を勧められた。しかし大島さんは、即座には決断できなかった。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は? 今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?
  2. がんに打ち克つ秘訣は、信頼のおける「正しい情報」の把握だった|『「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本』 手術を避け代替医療を選択すると死亡率は2.8倍!?|「このがん治…
  3. がんは他人事ではない。予防のための6つの本音|『がん外科医の本音』 がんを予防するための6つの方法|がん外科医の本音
  4. 生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意? 不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズム…
  5. AIは乳がんの見逃しを防げる? これからの乳がん画像診断の未来 AIは乳がんの見逃しを防げる?| 乳がん画像診断の未来
PAGE TOP