新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない、部屋干しの新事実

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない「部屋干し」の新事実

オーギュスト・ルノワール《ピアノを弾く少女たち》1892年頃 Photo (c) RMN-Grand Palais(musée de l' Oangerie) / Franck Raux / distributed by AMF

ヨーロッパ屈指の絵画作品が21年振りに日本で公開【オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち】

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

誰もが「まさか自分が」と思っている。がんに関する意識調査 2018

日本人の死因第1位である「がん」について、罹ったことのない人はどのように思っているのだろうか? 自身が「がん」と診断された経験が無く、 身内にも「がん」経験者のいない、 全国の20歳から59歳までの男女500名を対象に株式会社GMSが行った、意識調査の結果を紹介しよう。

■日本人の2人に1人は生涯のうち1度はがんになると言われていますが、あなた自身が生涯で一度でもがんになる可能性はあると思いますか。(n=500・単一回答方式)

2人に1人が「がんになる可能性はある」と認識している

自身が「がん」と診断された経験が無く、身内にも「がん」経験者のいない、全国の20歳から59歳までの男女500名を対象に、生涯で一度でもがんになる可能性はあると思うかと聞いたところ、「あると思う」と回答した人が27.4%、「どちらかというとあると思う」と回答したが28.4%と、あわせて55.8%の方が「自分自身がいずれがんになる可能性はある」と認識していることが分かった。

「がんになる可能性はある」最多回答は50代

また、「がんになる可能性はある」と認識している方を年代別で比較をしてみると、20代が53.2%、30代が54.9%、40代が52.4%、50代が62.7%と50代が最も多く認識しているという結果となった。

■あなたはがん予防を意識して何かしら対策を行ったことはありますか? (n=500・単一回答方式)

がん予防を意識して対策を取ったことがある人はわずか16.2%

これまでがん予防を意識して何かしら対策を取った経験があるかを聞いたところ、「ある」と回答した人はわずか16.2%でした。2人に1人が、がんになる可能性はある、と認識しているにもかかわらず、予防のための対策を立てるまでに至っていないようだ。

■あなたがとったがん予防の対策を全てお答えください。(n=81・複数回答方式)

「がん」予防の対策最多は「食生活の見直し」

また、がん予防を意識して何かしら対策を取った経験があると回答した81名を対象に、どのような対策を取ったのかを聞いたところ、最も多かったのが「食生活の見直し(54.3%)」、次に「適度な運動(50.6%)」、「禁煙(35.8%)」と続いた。

■あなたはがん治療の費用に自己負担額を含む医療費総額がどれくらい必要だと思いますか? (n=500・単一回答方式)

がん治療の総額は!? 約半数は「分からない」と回答

次に、がん治療の費用は、医療費総額でどれくらい必要だと思うかと聞いたところ、最も多かったのは「分からない(47.0%)」、続いて「200万円以上300万円未満(10.2%)」、「100万円以上200万円未満(8.0%)」と続いた。

最多回答の「分からない」以外は、50万円未満から1,000万円以上まで幅広く回答が分かれる結果となった。

■あなたはがん保険に加入していますか? (n=500・単一回答方式)

60%以上の方が「がん保険」に加入したことは無いと回答

「がん保険」に加入しているかを聞いたところ、「現在加入している」と回答した人が28.8%、「過去に加入していたが現在加入していない」と回答した人は6.6%、「加入したことはない」と回答した人は64.6%という結果に。

■あなたはがん検診を受けた経験がありますか? (n=500・単一回答方式)

3人に2人は「がん検診」を1度も受けたことが無い!

「がん検診」を受けた経験があるかを聞いたところ、「ある」と回答した人は34.0%、「ない」と回答した人は66.0%と3人に2人が「がん検診」を1度も受けたことが無いことがわかった。

■がん検診を受けていない理由として当てはまるものを全てお答えください。(n=330・複数回答方式)

がん検診を受けない理由第1位は「費用的な問題」第2位は「面倒だから」

がん検診を受けていないと回答した330名を対象に、受けない理由を聞いたところ、最も多かったのが「費用的な問題(27.6%)」、次に「面倒だから(22.4%)」と続いた。また、「健康診断を受けているから」と回答した人も20.3%いた。

「がん」と診断されたことが無く、身内にも「がん」経験者のいない人たちは、「がん」になる可能性は認識しているものの、「自分は罹患しない」という意識が強いようだ。

転ばぬ先の杖、ということわざもある。現代では「がん」は決して不治の病ではない。予防のための生活や、早期発見のための検診など、「がん」に対応する意識も高める必要があるのではないだろうか。

【調査概要】
有効回答数 自身が「がん」と診断された経験が無く、 身内にも「がん」経験者のいない、 全国の20歳から59歳までの男女500名
調査期間 2018年8月
調査方法 インターネットリサーチ
※GMS調べ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. がんに打ち克つ秘訣は、信頼のおける「正しい情報」の把握だった|『「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本』 手術を避け代替医療を選択すると死亡率は2.8倍!?|「このがん治…
  2. がんは他人事ではない。予防のための6つの本音|『がん外科医の本音』 がんを予防するための6つの方法|がん外科医の本音
  3. 生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意? 不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズム…
  4. AIは乳がんの見逃しを防げる? これからの乳がん画像診断の未来 AIは乳がんの見逃しを防げる?| 乳がん画像診断の未来
  5. がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方は?|『がんが治る人 治らない人』 がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方|『がんが治る人 治…
PAGE TOP