新着記事

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

魔の山ブロッケンをのぼる、東ドイツ製の蒸気列車に乗る

文・写真/杉﨑行恭ブロッケンの妖怪という言葉を聞いたことがあるだろうか、ごくまれに霧の中に現…

綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣

綿紬は、緯糸に節糸を使って織ることで、表面に細かなラインが浮き上がり、それが心地よい肌ざわり…

50歳からのカード選び|クレカの代わりになる「デビットカード」とは?

文/岩田昭男■シニアに向くデビットカードはどれだリタイア組が持つべきカードとして、こ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

健康

誰もが「まさか自分が」と思っている。がんに関する意識調査 2018

日本人の死因第1位である「がん」について、罹ったことのない人はどのように思っているのだろうか? 自身が「がん」と診断された経験が無く、 身内にも「がん」経験者のいない、 全国の20歳から59歳までの男女500名を対象に株式会社GMSが行った、意識調査の結果を紹介しよう。

■日本人の2人に1人は生涯のうち1度はがんになると言われていますが、あなた自身が生涯で一度でもがんになる可能性はあると思いますか。(n=500・単一回答方式)

2人に1人が「がんになる可能性はある」と認識している

自身が「がん」と診断された経験が無く、身内にも「がん」経験者のいない、全国の20歳から59歳までの男女500名を対象に、生涯で一度でもがんになる可能性はあると思うかと聞いたところ、「あると思う」と回答した人が27.4%、「どちらかというとあると思う」と回答したが28.4%と、あわせて55.8%の方が「自分自身がいずれがんになる可能性はある」と認識していることが分かった。

「がんになる可能性はある」最多回答は50代

また、「がんになる可能性はある」と認識している方を年代別で比較をしてみると、20代が53.2%、30代が54.9%、40代が52.4%、50代が62.7%と50代が最も多く認識しているという結果となった。

■あなたはがん予防を意識して何かしら対策を行ったことはありますか? (n=500・単一回答方式)

がん予防を意識して対策を取ったことがある人はわずか16.2%

これまでがん予防を意識して何かしら対策を取った経験があるかを聞いたところ、「ある」と回答した人はわずか16.2%でした。2人に1人が、がんになる可能性はある、と認識しているにもかかわらず、予防のための対策を立てるまでに至っていないようだ。

■あなたがとったがん予防の対策を全てお答えください。(n=81・複数回答方式)

「がん」予防の対策最多は「食生活の見直し」

また、がん予防を意識して何かしら対策を取った経験があると回答した81名を対象に、どのような対策を取ったのかを聞いたところ、最も多かったのが「食生活の見直し(54.3%)」、次に「適度な運動(50.6%)」、「禁煙(35.8%)」と続いた。

■あなたはがん治療の費用に自己負担額を含む医療費総額がどれくらい必要だと思いますか? (n=500・単一回答方式)

がん治療の総額は!? 約半数は「分からない」と回答

次に、がん治療の費用は、医療費総額でどれくらい必要だと思うかと聞いたところ、最も多かったのは「分からない(47.0%)」、続いて「200万円以上300万円未満(10.2%)」、「100万円以上200万円未満(8.0%)」と続いた。

最多回答の「分からない」以外は、50万円未満から1,000万円以上まで幅広く回答が分かれる結果となった。

■あなたはがん保険に加入していますか? (n=500・単一回答方式)

60%以上の方が「がん保険」に加入したことは無いと回答

「がん保険」に加入しているかを聞いたところ、「現在加入している」と回答した人が28.8%、「過去に加入していたが現在加入していない」と回答した人は6.6%、「加入したことはない」と回答した人は64.6%という結果に。

■あなたはがん検診を受けた経験がありますか? (n=500・単一回答方式)

3人に2人は「がん検診」を1度も受けたことが無い!

「がん検診」を受けた経験があるかを聞いたところ、「ある」と回答した人は34.0%、「ない」と回答した人は66.0%と3人に2人が「がん検診」を1度も受けたことが無いことがわかった。

■がん検診を受けていない理由として当てはまるものを全てお答えください。(n=330・複数回答方式)

がん検診を受けない理由第1位は「費用的な問題」第2位は「面倒だから」

がん検診を受けていないと回答した330名を対象に、受けない理由を聞いたところ、最も多かったのが「費用的な問題(27.6%)」、次に「面倒だから(22.4%)」と続いた。また、「健康診断を受けているから」と回答した人も20.3%いた。

「がん」と診断されたことが無く、身内にも「がん」経験者のいない人たちは、「がん」になる可能性は認識しているものの、「自分は罹患しない」という意識が強いようだ。

転ばぬ先の杖、ということわざもある。現代では「がん」は決して不治の病ではない。予防のための生活や、早期発見のための検診など、「がん」に対応する意識も高める必要があるのではないだろうか。

【調査概要】
有効回答数 自身が「がん」と診断された経験が無く、 身内にも「がん」経験者のいない、 全国の20歳から59歳までの男女500名
調査期間 2018年8月
調査方法 インターネットリサーチ
※GMS調べ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 我が闘病|角盈男「58歳の時、健康診断で前立腺がんが見つかった」…
  2. もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう
  3. がん治療の選択肢「代替療法」いったい何が問題なのか?
  4. 予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは…
  5. 異様な細胞「がん細胞」その8つの特異的なふるまいとは
PAGE TOP