新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

我が闘病|角盈男「58歳の時、健康診断で前立腺がんが見つかった」

取材・文/田中周治

角さんは58歳の時、知人に誘われて受けた健康診断で、前立腺がんが見つかった

かつて、読売ジャイアンツの名リリーフ投手として一時代を築いた角盈男さんは、現役引退後、指導者や解説者のほか、タレントとしても活動してきた。病気が発覚したのは2014年、角さんが58歳の時のこと。知人に誘われて受けた健康診断で、前立腺がんが見つかった。

「1泊2日の人間ドックでした。もう少し簡易な検査はたまに受けていたのですが、本格的なのはそのときが初めてですね。そこで再検査が必要と言われて、今度は2泊3日の検査入院をしました。結果が出たとき、確かに“がん”という言葉はショックでしたけど、『ふぅ~ん…がんなんだ』という思いの方が強かった。どこか他人事というか…。痛くも痒くもない…自覚症状が全くありませんでしたからね」

まず角さんが取り組んだのは、病気に対する知識をつけること。自ら書籍などで前立腺がんについて調べたほか、ブログでがんのことを公表したことで、ファンや後援者からも情報が舞い込んだ。

「一般的に前立腺がんは、進行の遅いがんなんだそうです。ただ僕の場合は、年齢的に骨などへ転移する可能性もあったので、お医者さんからもきちんと治しましょう…と。手術か放射線治療の二択だったのですが、痛いのは嫌だし、仕事の関係で通院治療したかったので、放射線を選んだわけです」

角さんは当初、いくつか種類のある放射線治療の中から、当時、日本でまだ4か所でしか行われていなかった重粒子線治療を選んだ。そして「もっと自分に合う治療法はないか?」と調べ続けた結果、最終的にトモセラピー(X線を用いた放射線治療)に行きついた。がんが発覚した際の行動力。新しい治療に対する積極性。角さんの前向きな性格には、目を見張るものがある。

「それは現役時代に身についた考え方でしょうね。リリーフ投手の僕がマウンドに上るのは、ほとんどピンチの場面なわけです。そこで『なんでがんになってしまったのか…』なんて悩んでいる暇はない。対策を考えるしかないんです。目の前のバッターと対峙して、相手の好きなコースや球種は?という情報も含め、すべてを使って牛耳らなければならない。新しい治療に関しても同様です。プロ野球の現役時代に、本当に様々な治療にトライしましたからね。もちろん、行く前から『これは怪しいな…』というものもあったけれど、たとえば千人に一人にしか効果がなくても、それが事実であることに変わりはない。自分に効果があるかどうかは、受けてみるまで分からない。もしかしたら、自分がその千分の一なのかもしれないわけですから。体がよくなる水も飲んだし、NASAで使用しているとかいう原料でできた薬も塗ったし、お祈りもしてもらいました(笑)。ただ結果的に怪我が治ればいい。そういう考え方ですね。トモセラピーだって、最初に名前を聞いたときは『は? セラピーでがんが治るわけねえだろ!』って思いましたよ。でも、良く調べたら機械の名前でした(笑)」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 我が闘病|大島康徳 我が闘病|大島康徳「今や、誰もがいつ癌になってもおかしくない時代…
  2. 我が闘病|大島康徳 我が闘病|大島康徳「癌を宣告された時、真っ先に電話をした相手は、…
  3. 我が闘病|大島康徳 我が闘病|大島康徳「大腸癌ステージ4。放置すれば余命1年という非…
  4. もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい
  5. 我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」
PAGE TOP