新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

我が闘病|角盈男「58歳の時、健康診断で前立腺がんが見つかった」

取材・文/田中周治

角さんは58歳の時、知人に誘われて受けた健康診断で、前立腺がんが見つかった

かつて、読売ジャイアンツの名リリーフ投手として一時代を築いた角盈男さんは、現役引退後、指導者や解説者のほか、タレントとしても活動してきた。病気が発覚したのは2014年、角さんが58歳の時のこと。知人に誘われて受けた健康診断で、前立腺がんが見つかった。

「1泊2日の人間ドックでした。もう少し簡易な検査はたまに受けていたのですが、本格的なのはそのときが初めてですね。そこで再検査が必要と言われて、今度は2泊3日の検査入院をしました。結果が出たとき、確かに“がん”という言葉はショックでしたけど、『ふぅ~ん…がんなんだ』という思いの方が強かった。どこか他人事というか…。痛くも痒くもない…自覚症状が全くありませんでしたからね」

まず角さんが取り組んだのは、病気に対する知識をつけること。自ら書籍などで前立腺がんについて調べたほか、ブログでがんのことを公表したことで、ファンや後援者からも情報が舞い込んだ。

「一般的に前立腺がんは、進行の遅いがんなんだそうです。ただ僕の場合は、年齢的に骨などへ転移する可能性もあったので、お医者さんからもきちんと治しましょう…と。手術か放射線治療の二択だったのですが、痛いのは嫌だし、仕事の関係で通院治療したかったので、放射線を選んだわけです」

角さんは当初、いくつか種類のある放射線治療の中から、当時、日本でまだ4か所でしか行われていなかった重粒子線治療を選んだ。そして「もっと自分に合う治療法はないか?」と調べ続けた結果、最終的にトモセラピー(X線を用いた放射線治療)に行きついた。がんが発覚した際の行動力。新しい治療に対する積極性。角さんの前向きな性格には、目を見張るものがある。

「それは現役時代に身についた考え方でしょうね。リリーフ投手の僕がマウンドに上るのは、ほとんどピンチの場面なわけです。そこで『なんでがんになってしまったのか…』なんて悩んでいる暇はない。対策を考えるしかないんです。目の前のバッターと対峙して、相手の好きなコースや球種は?という情報も含め、すべてを使って牛耳らなければならない。新しい治療に関しても同様です。プロ野球の現役時代に、本当に様々な治療にトライしましたからね。もちろん、行く前から『これは怪しいな…』というものもあったけれど、たとえば千人に一人にしか効果がなくても、それが事実であることに変わりはない。自分に効果があるかどうかは、受けてみるまで分からない。もしかしたら、自分がその千分の一なのかもしれないわけですから。体がよくなる水も飲んだし、NASAで使用しているとかいう原料でできた薬も塗ったし、お祈りもしてもらいました(笑)。ただ結果的に怪我が治ればいい。そういう考え方ですね。トモセラピーだって、最初に名前を聞いたときは『は? セラピーでがんが治るわけねえだろ!』って思いましたよ。でも、良く調べたら機械の名前でした(笑)」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. AIは乳がんの見逃しを防げる? これからの乳がん画像診断の未来 AIは乳がんの見逃しを防げる?| 乳がん画像診断の未来
  2. がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方は?|『がんが治る人 治らない人』 がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方|『がんが治る人 治…
  3. 自分の身は自分で守る!|乳がん検診はどれを選ぶべき? 自分の身は自分で守る!|「乳がん検診」はどれを選ぶべき?
  4. 我が闘病|大島康徳 我が闘病|大島康徳「今や、誰もがいつ癌になってもおかしくない時代…
  5. 我が闘病|大島康徳 我が闘病|大島康徳「癌を宣告された時、真っ先に電話をした相手は、…
PAGE TOP