新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。 マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR] 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知っておきたい医療にかかるお金 サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです 「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵 奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 大宿所―】 越前がにだけじゃない!食べに行きたい福井県の美味いもの5つ ポルトギーゼ クロノグラフ 一生使える高級腕時計|スイス時計の伝統と技術が息づく「IWC」5選 今年のヒット商品を発表!|全国のスーパー、ドラッグストア約5,000万人分のPOSデータから集計 「サバ缶」を超えた「イワシ缶」、本格志向の第3のビールが急上昇!|全国のドラッグストア、 スーパーで今年一番売れた商品ランキング

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

健康

我が闘病|角盈男「58歳の時、健康診断で前立腺がんが見つかった」

取材・文/田中周治

かつて、読売ジャイアンツの名リリーフ投手として一時代を築いた角盈男さんは、現役引退後、指導者や解説者のほか、タレントとしても活動してきた。病気が発覚したのは2014年、角さんが58歳の時のこと。知人に誘われて受けた健康診断で、前立腺がんが見つかった。

「1泊2日の人間ドックでした。もう少し簡易な検査はたまに受けていたのですが、本格的なのはそのときが初めてですね。そこで再検査が必要と言われて、今度は2泊3日の検査入院をしました。結果が出たとき、確かに“がん”という言葉はショックでしたけど、『ふぅ~ん…がんなんだ』という思いの方が強かった。どこか他人事というか…。痛くも痒くもない…自覚症状が全くありませんでしたからね」

まず角さんが取り組んだのは、病気に対する知識をつけること。自ら書籍などで前立腺がんについて調べたほか、ブログでがんのことを公表したことで、ファンや後援者からも情報が舞い込んだ。

「一般的に前立腺がんは、進行の遅いがんなんだそうです。ただ僕の場合は、年齢的に骨などへ転移する可能性もあったので、お医者さんからもきちんと治しましょう…と。手術か放射線治療の二択だったのですが、痛いのは嫌だし、仕事の関係で通院治療したかったので、放射線を選んだわけです」

角さんは当初、いくつか種類のある放射線治療の中から、当時、日本でまだ4か所でしか行われていなかった重粒子線治療を選んだ。そして「もっと自分に合う治療法はないか?」と調べ続けた結果、最終的にトモセラピー(X線を用いた放射線治療)に行きついた。がんが発覚した際の行動力。新しい治療に対する積極性。角さんの前向きな性格には、目を見張るものがある。

「それは現役時代に身についた考え方でしょうね。リリーフ投手の僕がマウンドに上るのは、ほとんどピンチの場面なわけです。そこで『なんでがんになってしまったのか…』なんて悩んでいる暇はない。対策を考えるしかないんです。目の前のバッターと対峙して、相手の好きなコースや球種は?という情報も含め、すべてを使って牛耳らなければならない。新しい治療に関しても同様です。プロ野球の現役時代に、本当に様々な治療にトライしましたからね。もちろん、行く前から『これは怪しいな…』というものもあったけれど、たとえば千人に一人にしか効果がなくても、それが事実であることに変わりはない。自分に効果があるかどうかは、受けてみるまで分からない。もしかしたら、自分がその千分の一なのかもしれないわけですから。体がよくなる水も飲んだし、NASAで使用しているとかいう原料でできた薬も塗ったし、お祈りもしてもらいました(笑)。ただ結果的に怪我が治ればいい。そういう考え方ですね。トモセラピーだって、最初に名前を聞いたときは『は? セラピーでがんが治るわけねえだろ!』って思いましたよ。でも、良く調べたら機械の名前でした(笑)」

結果がすべて。名門チームで抑え投手という常に結果を求められるポジションを守ってきた男の言葉は重い。

「現役時代、ひじの痛みの原因が投球フォームにあったとしても、フォームを変えるわけにはいかなかった。なぜなら、そのフォームがあったからこそ、プロの世界で上り詰められたのだから。だから過去を振り返って原因を探るようなことはしない。その代わりに治療には全力を尽くす。ずっとそうやってきましたし、がんの治療に関してもそういう考え方で臨みました」

トモセラピーの治療でがんは無事に完治。現在も4か月に一度、かかりつけの病院で血液検査をしているが、PSA(前立腺特異抗原)の数値も安定しており、本人も「放射線治療を選択して良かった」と振り返る。ただ最先端治療は高額なことで知られる。角さんの場合、重粒子線で三百数十万円、トモセラピーで二百数十万円の治療費がかかったそうだ。

「妻ががん保険に加入してくれていたので、その点では助かりました。お金の心配をすることなく、治療法を選べたのはありがたかったです。今では『受けてよかった検診。入ってよかった保険』と標語のようにして言ってるんですけどね(笑)。自分の生活スタイルを崩さないように、自分なりの治療の条件をいくつか立てて、それに合う治療法を選択できた。まあ、家族には心配はかけてしまったかもしれないけれど、それ以外には特に迷惑を掛けずに、一人で通院して完治することができた。自分でこういう言い方をするのは、少し変かもしれませんが、今から振り返ってもいい闘病生活だったと思いますね」

角盈男(すみ・みつお)
1956年6月26日生まれ(62歳)。鳥取県米子市出身。米子工高から三菱重工三原を経て、76年ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。78年に5勝7セーブをマークして新人王を獲得した。その後、投球フォームをサイドスローに変えさらに飛躍。ブルペン陣の中心的存在となり、81年に8勝20セーブの成績を残し最優秀救援投手に輝く。89年に日本ハムファイターズへ移籍。92年はヤクルトスワローズでプレーし、この年限りで現役を引退した。引退後は、ヤクルト、巨人で投手コーチを務めたほか、解説者の傍らタレントとしても活躍。次男・晃多は千葉ロッテマリーンズに所属していた元プロ野球選手。また長男・一晃も四国アイランドリーグplusでプレーしていた。2014年に前立腺ガンが見つかるが、放射線治療により根治した。

取材・文/田中周治 (たなか・しゅうじ)
1970年、静岡県生まれ。東京学芸大学卒業後、フリーライターとして活動。週刊誌、情報誌などにインタビュー記事を中心に寄稿。また『サウスポー論』(和田毅・杉内俊哉・著/KKベストセラーズ)、『一瞬に生きる』(小久保裕紀・著/小学館)、『心の伸びしろ』(石井琢朗・著/KKベストセラーズ)など書籍の構成・編集を担当。現在、田中晶のペンネームで原作を手掛けるプロ野球漫画『クローザー』(作画・島崎康行)が『漫画ゴラクスペシャル』で連載中。

撮影/藤岡雅樹

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい
  2. 我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」
  3. 誰もが「まさか自分が」と思っている。がんに関する意識調査 201…
  4. もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう
  5. がん治療の選択肢「代替療法」いったい何が問題なのか?
PAGE TOP