新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みかんの皮を捨てずに作る|「みかん胡椒」の作り方

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みかん胡椒を作ろう!

冬の果物の定番、みかんはビタミンCも豊富で、風邪予防として食べている方も多いかと思います。

この時期、こたつでみかんは最高の至福のひとときにもなりますよね。

今回はそんなみかんの皮を捨てずに作る「みかん胡椒」をご紹介したいと思います。

みかん胡椒とは?

皆さん、ゆず胡椒はご存じですか?

唐辛子とゆずを使った辛味調味料のことで、青ゆずと青唐辛子を使って作られるのが定番です。

ここでの「胡椒」は唐辛子のことで、一般的な「コショウ」ではありません。

このゆず胡椒はアレンジ次第でレモン胡椒やすだち胡椒などにもなります。

今回ご紹介するみかん胡椒は、みかんが名産である山口県周防大島を中心に親しまれています。

みかんの皮と唐辛子を使って作られるみかん胡椒は、さっぱりとした柑橘系の風味に、ぴりっとアクセントが特徴の高級感ある調味料に。

お鍋や焼き鳥、お刺身と何にでも活用できる上に、柑橘系の香りと唐辛子の香りで減塩効果も!

まずはみかん胡椒の作り方をご紹介します。

みかん胡椒の作り方

みかん胡椒

【材料】(作りやすい分量)
みかんの皮 2~3個分
みかん果汁 大さじ2
一味唐辛子 小さじ1(お好みで調整)
塩 小さじ1/2

【作り方】
1.みかんの皮をむき、白い部分を包丁でそぐ

2.みかん果汁を搾る

みかん胡椒

3.フードプロセッサーにみかんの皮、果汁、一味唐辛子、塩を入れて回す
(一味唐辛子は回しながら味見をし、辛さを調節して下さい)

みかん胡椒4.完成
さらにミルミキサーにかけると細かくなめらかになります。

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みかん胡椒を作ろう!

次にこのみかん胡椒を使った減塩レシピをご紹介します。

 

鶏肉のみかん胡椒照り焼き

鶏肉のみかん胡椒照り焼き【材料】(1人分)
鶏もも肉 100g
片栗粉 大さじ2
★醤油 小さじ1
★みかん胡椒 小さじ1
★酒 小さじ2
★みりん 小さじ2
サラダ油 小さじ1

【作り方】
1.鶏肉は両面に片栗粉をまぶしておく
2.★の調味料を混ぜ合わせる
3.フライパンに油をひき、中火で鶏肉を皮目から焼く
4.鶏肉に火が通ったら弱火にし、★の調味料を回し入れ、絡める
5.食べやすい大きさに切り、完成

鶏肉に片栗粉をまぶすことで、調味料を入れたときにほどよくとろみがつきます。

食材に絡むことで少ない塩分でもしっかりと満足のいく味に。

みかんの爽やかな風味とぴりっと唐辛子で、手をかけたような上品な仕上がりになっています。

食塩相当量:1.1g

* * *

この作り方のアレンジで、ゆずやレモンなど色々な柑橘胡椒を作ることができます。

作ったあとは消毒した密閉容器に保存することで日持ちするので、お肉やお魚、ドレッシングやディップソースにアレンジして野菜にと、幅広く料理に活用していきましょう。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き…
  2. さつま汁 【管理栄養士が教える減塩レシピ】たっぷり根菜と鮭のあら汁|寒暖差…
  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうでふきみそを作ろう! 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうで「ふき味噌…
  4. 鶏だしチャプチェ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】鶏だしチャプチェ|鶏肉でだしを取…
  5. さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|…
PAGE TOP