新着記事

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!? 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

我が闘病|大島康徳「今や、誰もがいつ癌になってもおかしくない時代なんです」~その3~

取材・文/田中周治

我が闘病|大島康徳

プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のことだった。大腸癌ステージ4。肝臓にも転移していた。手術を受けなければ余命は1年。医師にそう宣告された。突然の癌宣告に大島さんはどう向き合ったのか。癌発覚から手術、そして抗癌剤治療を続ける現在までの経緯を振り返ってもらいながら、当時の心境を語ってもらった。家族の存在。野球人であることの幸せ。癌患者が暮らしやすい社会。自分が癌患者になったからこそ初めて気づけたこととは何なのか、3回に渡ってお伝えする。~その1~はコチラ。~その2~はコチラ。

* * *

一番大切なのは、お医者さんとの信頼関係

プロ野球解説者の大島康徳さんは、2016年に大腸癌ステージ4を宣告され、摘出手術を経験した。

今や癌は「国民の2人に1人がかかる病気」だとも言われている。突然の癌宣告が、いつ我が身に訪れても不思議ではない。その時我々は、どう癌治療と向き合うべきか。癌手術の経験者として、大島さんに語ってもらった。

「あくまで経験による私個人の考えですけど、振り返ってみると、一番大切だなと思うのは、お医者さんとの信頼関係ですね。癌にもいろいろな種類や程度があって、それによって手術とか抗癌剤とか放射線とか、いろいろな治療法がある。そしてそれを決めるのは、専門家であるお医者さんです。だからと言って『お医者様は神様です』という感じで、お医者さんの言うことはすべて黙って受け入れるという姿勢ではいけないと思います。自分の身体をあずけるわけですし、もちろんお医者さんをリスペクトはします。でも、何か疑問に感じたり、希望があればこちらからも遠慮なく意見を言う。そういう間柄が理想でしょうね。少なくとも、手術に際しては、とことん自分で納得してから受ける決断を下すべきです。当然、我々には難しい医学の専門用語は理解できませんが、そこをわかりやすく丁寧に説明するのがお医者さんの仕事。その作業を怠ったり、コミュニケーションをとることを面倒くさがったりするお医者さんがだったら、すぐに病院を変えるべきだとも思います」

大島さんの癌が発覚した時、大腸を原発巣とする癌細胞は肝臓へも転移していた。肝臓癌については、現在も抗癌剤治療を続けている。その中で見えてきたものは、癌患者が働くことの難しさや大変さだった。

「癌であることを公表してから、『お大事にしてください』とか『ご静養ください』と言われる機会が増えました。もちろん、こちらを気遣ってくださった言葉であり、そこに悪意なんて微塵もないことは理解しています。ただ、癌患者に対する周囲のみなさんのそういう言葉・気持ちが過ぎると、癌患者の居場所を失わせてしまうことにもつながるのです。癌患者だって、癌が発覚する以前と同じように働ける。日本社会に、そういう理解がもっと広がってほしいですね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 我が闘病|大島康徳 我が闘病|大島康徳「癌を宣告された時、真っ先に電話をした相手は、…
  2. 我が闘病|大島康徳 我が闘病|大島康徳「大腸癌ステージ4。放置すれば余命1年という非…
  3. もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい
  4. 我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」
  5. 我が闘病|角盈男「58歳の時、健康診断で前立腺がんが見つかった」…
PAGE TOP