新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

我が闘病|大島康徳「今や、誰もがいつ癌になってもおかしくない時代なんです」~その3~

取材・文/田中周治

我が闘病|大島康徳

プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のことだった。大腸癌ステージ4。肝臓にも転移していた。手術を受けなければ余命は1年。医師にそう宣告された。突然の癌宣告に大島さんはどう向き合ったのか。癌発覚から手術、そして抗癌剤治療を続ける現在までの経緯を振り返ってもらいながら、当時の心境を語ってもらった。家族の存在。野球人であることの幸せ。癌患者が暮らしやすい社会。自分が癌患者になったからこそ初めて気づけたこととは何なのか、3回に渡ってお伝えする。~その1~はコチラ。~その2~はコチラ。

* * *

一番大切なのは、お医者さんとの信頼関係

プロ野球解説者の大島康徳さんは、2016年に大腸癌ステージ4を宣告され、摘出手術を経験した。

今や癌は「国民の2人に1人がかかる病気」だとも言われている。突然の癌宣告が、いつ我が身に訪れても不思議ではない。その時我々は、どう癌治療と向き合うべきか。癌手術の経験者として、大島さんに語ってもらった。

「あくまで経験による私個人の考えですけど、振り返ってみると、一番大切だなと思うのは、お医者さんとの信頼関係ですね。癌にもいろいろな種類や程度があって、それによって手術とか抗癌剤とか放射線とか、いろいろな治療法がある。そしてそれを決めるのは、専門家であるお医者さんです。だからと言って『お医者様は神様です』という感じで、お医者さんの言うことはすべて黙って受け入れるという姿勢ではいけないと思います。自分の身体をあずけるわけですし、もちろんお医者さんをリスペクトはします。でも、何か疑問に感じたり、希望があればこちらからも遠慮なく意見を言う。そういう間柄が理想でしょうね。少なくとも、手術に際しては、とことん自分で納得してから受ける決断を下すべきです。当然、我々には難しい医学の専門用語は理解できませんが、そこをわかりやすく丁寧に説明するのがお医者さんの仕事。その作業を怠ったり、コミュニケーションをとることを面倒くさがったりするお医者さんがだったら、すぐに病院を変えるべきだとも思います」

大島さんの癌が発覚した時、大腸を原発巣とする癌細胞は肝臓へも転移していた。肝臓癌については、現在も抗癌剤治療を続けている。その中で見えてきたものは、癌患者が働くことの難しさや大変さだった。

「癌であることを公表してから、『お大事にしてください』とか『ご静養ください』と言われる機会が増えました。もちろん、こちらを気遣ってくださった言葉であり、そこに悪意なんて微塵もないことは理解しています。ただ、癌患者に対する周囲のみなさんのそういう言葉・気持ちが過ぎると、癌患者の居場所を失わせてしまうことにもつながるのです。癌患者だって、癌が発覚する以前と同じように働ける。日本社会に、そういう理解がもっと広がってほしいですね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. がんは他人事ではない。予防のための6つの本音|『がん外科医の本音』 がんを予防するための6つの方法|がん外科医の本音
  2. 生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意? 不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズム…
  3. AIは乳がんの見逃しを防げる? これからの乳がん画像診断の未来 AIは乳がんの見逃しを防げる?| 乳がん画像診断の未来
  4. がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方は?|『がんが治る人 治らない人』 がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方|『がんが治る人 治…
  5. 自分の身は自分で守る!|乳がん検診はどれを選ぶべき? 自分の身は自分で守る!|「乳がん検診」はどれを選ぶべき?
PAGE TOP