新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

我が闘病|大島康徳「癌を宣告された時、真っ先に電話をした相手は、星野仙一氏だった」~その2~

取材・文/田中周治

我が闘病|大島康徳

プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のことだった。大腸癌ステージ4。肝臓にも転移していた。手術を受けなければ余命は1年。医師にそう宣告された。突然の癌宣告に大島さんはどう向き合ったのか。癌発覚から手術、そして抗癌剤治療を続ける現在までの経緯を振り返ってもらいながら、当時の心境を語ってもらった。家族の存在。野球人であることの幸せ。癌患者が暮らしやすい社会。自分が癌患者になったからこそ初めて気づけたこととは何なのか、3回に渡ってお伝えする。~その1~はコチラ

* * *

自分の身体の状態を多くの人に理解してもらうため治療の経緯公表を決意。

2016年10月に大島康徳さんは、大腸がんステージ4の診断を宣告された。翌11月の手術で腫瘍部位を切除。肝臓に転移した癌については、抗癌剤で治療に当たることになった。

翌17年2月。大島さんは癌発覚から手術、治療の経緯をブログで公表した。もちろん、簡単に決断を下したわけではない。見ず知らずの相手の心無い意見が耳に入るケースも増える。闘病を公にするリスクは理解していた。それでも公表に踏み切ったのは、野球解説者の仕事に復帰する上で、自分の身体の状態を多くの人に理解してもらう必要があると考えたからだった。

「当時は、手術前から15キロほど痩せていましたからね。テレビ局の方も仕事を依頼しにくいでしょうし、視聴者の方もいきなり痩せた姿を目にしたら驚くでしょう。自分は以前と変わらず仕事ができる。そのためには、私の体調面であるとか治療について正しく理解してもらう必要がある。でも、その内容を仕事関連で出会う方たち一人一人に説明していくのは限界がありますからね。だから公表したんです」

大島さんは17年3月から仕事を再開。ラジオニュースのスポーツコーナーへの出演を果たし、翌4月にはプロ野球の試合解説の現場にも復帰した。

「久しぶりにグラウンドに足を運んだ時、多くの方に優しい言葉をかけていただき、ありがたくて嬉しかったです。野球人……特に自分と同年代から上にかけての方たちは、良い意味でさっぱりしているので、その加減も心地よかったですね。『どうなんだ? ……うん……頑張れ!』。自分も含め、勝負の世界で生きてきた野球人には、ある種の覚悟が備わっているように思います。そういう覚悟があるから、癌に対しても必要以上に反応しないというか……。先輩たちの中には実際に癌を経験された方もいらっしゃいますしね。心配し過ぎない、さっぱりした対応は、凄くありがたかったです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 自分の身は自分で守る!|乳がん検診はどれを選ぶべき? 自分の身は自分で守る!|「乳がん検診」はどれを選ぶべき?
  2. 我が闘病|大島康徳 我が闘病|大島康徳「今や、誰もがいつ癌になってもおかしくない時代…
  3. 我が闘病|大島康徳 我が闘病|大島康徳「大腸癌ステージ4。放置すれば余命1年という非…
  4. もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい
  5. 我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」
PAGE TOP