新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

料理レシピ

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|えびとほうれん草のグラタン

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理長の わが家でプロの味』が発売になりました。

その中から、サライ読者でも手軽に再現できるワンランク上のプロの料理の秘訣をお教えします。

今回は、なめらかなベシャメルソースが小野ムッシュ(ホテルオークラ第四代目総料理長)仕込みの「えびとほうれん草のグラタン」を紹介します。

 

えびとほうれん草のグラタン

根岸規雄シェフのコメント
「ベシャメルソースが上手にできれば一流料理人」と、小野ムッシュはよく言っておられました。小麦粉をたんねんに炒めるのがコツです。時短が流行っていますが、料理はやはり時間をかけるところはかけることで、おいしくなりますよ。

 

【材料(2人前)】
むきえび(冷凍でも可) 20尾
ほうれん草 1/2束
マッシュルームの薄切り 6個(100g)
白ワイン 小さじ4(20㎖)
おろしグリュイエールチーズ 少々
バター、塩、こしょう 各適量
<ホワイトソース>
バター 15g
小麦粉 15g
牛乳 11/2カップ(300㎖)
塩、こしょう 少々

【作り方】
1 ホワイトソースを作る。鍋にバターを溶かし、小麦粉を加え、焦げないように弱火で炒める。

小麦粉は弱火で焦がさないようにゆっくり炒める。

2 粉がバターになじんだら、牛乳を加え、ダマにならないようにゴムベラで混ぜながら、弱火で5〜6分煮る。

牛乳は冷たいまま加えてよく混ぜながら煮る。

ダマにならないよう、とろみがつくまで混ぜ続ける。

3 えびは背わたを除き、バターで炒める。火が通ったらマッシュルームを加え、白ワインを加えて3~4分煮る。

えびに火が通ったらマッシュルームを加えて炒め、ワインを加える。

4 2のホワイトソースに3を加えてひと煮し、塩、こしょうで味を調える。

ホワイトソースにえびとマッシュルームを加えて、混ぜ合わせる。

5 ほうれん草は食べやすい大きさに切ってバターで炒め、塩、こしょうで味を調え、耐熱皿に敷く。

ほうれん草はバターでしんなりする程度に炒める。

器にほうれん草を敷き、上からソースをかける。

6 4を注ぎ入れ、チーズをふり、約220℃に予熱したオーブンで15~20分焼く。

チーズをまんべんなく散らす。

 
【えびとほうれん草のグラタン】

根岸規雄(ねぎし のりお)
1941年、埼玉県生まれ。東京YMCA国際ホテル専門学校卒業後、ホテルオークラ東京の料理人に。開業以来50年にわたり腕をふるい、第四代総料理長(2001~2009年)を務める。フランス農事功労章シュバリエ受章。現代の名工受章。学校法人北陸学園理事。著書は『ホテルオークラ総料理長の美食帖』(新潮新書)、『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりのごはん』(KADOKAWA)。

ホテルオークラ元総料理長の わが家でプロの味

(著:根岸規雄、本体1,500円+税、KADOKAWA ISBN:978-4-04-896397-8)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|ミネストローネ
  2. ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|舌平目のポワレ …
  3. ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー
PAGE TOP