新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

林業家・柴原薫さん(58歳)の朝めし自慢「母が作る野菜中心の常備菜が並びます」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆

国産の木材を求めて、日本中を東奔西走する林業家。その元気の源は週2〜3回、実家で摂る母手作りの朝食、野菜中心だ。

【柴原薫さんの定番・朝めし自慢】

前列中央から時計回りに、ご飯、野菜サラダ(レタス・紫玉葱・胡瓜・パプリカ・プチトマト)、自家製漬物(胡瓜の味噌漬け・胡瓜の浅漬け・胡瓜のきゅうちゃん漬け)、ピーマンと桜海老の煮物(乾燥茸きのこ)、山蕗のきゃらぶき、チコリボード(調味味噌・紫玉葱・胡瓜)、乾燥蕨の煮物、ゆで卵、味噌汁(蜆)、中央右から時計回りに、チコリの和え物、胡瓜の粕もみ、梅干し、茄子の丸太煮(豚肉・乾燥茸)、モロッコインゲンの甘味噌かけ。乾燥茸はえのき茸や舞茸、しめじ、椎茸などを保存用に乾燥させたもの。同様に春の恵みである蕨やぜんまいも乾燥保存し、冬に備える。チコリボードの平皿、箸、箸置きは木曽ヒノキ製。

朝は早く、実家で食べる朝食は午前7時頃。「好き嫌いはなく、出されたものは何でも。ただし、クサヤとパクチー(香菜)は苦手だね」と柴原薫さんがいえば、「両方とも食べにくいね」とハナヨさん(82歳)が応じる。

ハナヨさんの元気の源は野菜作り。朝食に登場する胡瓜、プチトマト、ピーマン、茄子、モロッコインゲンなどもハナヨさんの愛情の結晶だ。椎茸も原木栽培しているという。

林業家・柴原薫さんは、長野県南木曽町で材木商と建設業を営む。扱うのは、主に木曽ヒノキである。雨が多く、寒さの厳しい木曽谷の斜面は日当たりが乏しく、朝晩、夏冬の寒暖差が激しい。そのため年輪が極めて細かく、狂いのない丈夫なヒノキとなる。伊勢神宮などの社寺用材として使われてきた歴史が、それを物語っていよう。

「なかでも新月伐採のヒノキが重用されてきました。冬場の、それも新月の頃は木が休眠状態にあるため燃えにくく、割れや狂いが生じにくいからです」

これまで神社仏閣を中心に木材を納めてきた。また、千葉県にある『風の谷保育園』は釘や接着剤を使わず、無垢の国産材のみで建設。今も見学者が後を絶たないという。が、その道のりは決して順風満帆ではなかった。

平成20年、千葉県市川市に完成した『風の谷保育園』の大黒柱は、枝の付いたヒノキ。子供たちがよじ登って遊ぶ、恰好の遊具だ。園舎は柴原さんが納めた国産材、それも新月伐採した天然乾燥の木材で、釘を使わずに、“組み”を多用する工法で建てられた。

昭和35年、長野県南木曽町に生まれた。中央大学卒業後、父が創業した『南木曾木材産業』に入社。平成17年に社長の座を引き継ぐが、当時、日本の林業は輸入材に太刀打ちできず衰退の一途をたどっていた。全国の同業者は次々に倒産。ストレスから十二指腸潰瘍、片頭痛、無呼吸症候群にも陥った。

そんな時、ある人のひと言で覚悟を決める。そのひと言が“ 唾面自乾”である。

「たとえ顔に唾をかけられても拭ったりせず、自然に乾くまで我慢しなさい、という意味。この言葉で目先の利益を求めず、あえて遠回りして歩こうと決めました」

それは木曽の地で深く根を張って、日本の山々を守り育てることに命を懸ける覚悟でもあった。

南木曾木材産業の倉庫には樹齢400年、直径1mという国産ヒノキやケヤキ、トチノキ、イチョウなどが出番を待つ。主に歴史的建造物の修復や復元に使われるが、なかには鮨店のカウンターになる木曽ヒノキもある。

常備菜に肉や卵をプラス

木曽ヒノキの平皿8000円、サクラ材をくり貫いたスプーン大6000円、中4500円、小3000円。

 

樹齢350年の木曽ヒノキを厚さ1mmまで削って作る酒器。右の蒔絵は平成28年、「伊勢志摩サミット」で各国ファーストレディの乾杯用に採用(3万円、品切れ)。中央は漆塗り(2万円)、左は生地(1万5000円)。いずれも塗装が剝げたり欠けた時の修理可。南木曾木材産業 電話:0264・57・4000

今は南木曽の本社と東京事務所を行き来する日々。いずれの地でも朝食の習慣はなかったが、それが数年前から変わったという。

「父が倒れてからその病床を見舞い、母の看病疲れを癒すために、朝、実家に顔を出すようになった。父は昨年亡くなりましたが、今も週に2〜3度は実家を訪ね、母と一緒に朝食を摂るのが習慣です」

母のハナヨさん手作りの朝食は、上の写真の通り。

「保存食として常備しているものが中心。ただ、息子のために豚肉や卵も欠かしません。南木曽の田舎料理ばかりですが、友達との情報交換で新しい料理も取り入れるように心がけています」

とハナヨさん。その新しい料理が、“チコリボード”だという。

国産木材を使い、職人の技を結集した『ひのきの里』

今年、東京・北千束に『ひのきの里』が完成した。日本の木を使った完全木造の賃貸集合住宅である。施主の『幸栄企画』社長、鍵山幸一郎さんが語る。

「日本の素晴らしい資産である国産木材を使う、日本の伝統である職人技を生かす、木の持つ癒しの力を住人が感じる住まいにする。この3つを柱にプロジェクトがスタートしました」

広さは1LDK(70平方メートル)~2LDK(65~70平方メートル)で、2世帯ずつの地上3階建ての全6世帯。施工は『南木曾木材産業』、そう柴原薫さんの会社である。

「“チーム柴原”を組んで大工さん、建具屋さん、左官屋さんら一級の職人さんを全国から集めました。今は2×4(ツーバイフオー)建築の普及により、職人さんが腕を磨き、技を披露する場がない。皆、喜んで参加してくれました。木材はわが社が納品。手塩にかけて育てた木曽ヒノキが中心です」(柴原さん)

『ひのきの里』のリビング&ダイニングルーム。床材はヒノキ、天井はスギ。一枚板のダイニングテーブルを始め、キッチン回り、洗面台、下駄箱など特注家具が付いている。

ユニットバスの普及率は集合住宅で100%という時代に、各室の風呂はあえてヒノキ風呂を採用。浴槽に身を沈めれば、ヒノキの香りに包まれる贅沢。壁は水に強いサワラ材を使用。

内壁は漆喰の手塗り仕上げ。鏝で模様が施され、この世に1枚しかないキャンバスのよう。木も漆喰も呼吸するので、まさに呼吸する住まいだ。

共有階段はクリの木の板を使用。チョウナとノミで削った窪くぼみが滑り止めになり、ここにも職人の技が生きている。

『ひのきの里』をきっかけに、日本の木材消費が伸び、職人の技が後世まで受け継がれることを願ってやまない。

※『ひのきの里』問い合わせ先:幸栄企画 Fax:03・5712・8810 詳細は『朴の森』HP(http://ho-no-mori.jp)をご覧下さい。

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆

※この記事は『サライ』本誌2018年11月号より転載しました。年齢・肩書き等は掲載当時のものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「夜は打ち合わせを兼ねて外で摂ることが多いので、カミさんが栄養バランスを考えて作ってくれるブランチが僕の健康を支えています」と生島さん。午後からはテレビ番組の収録などが入ることが多い。 【朝めし自慢】生島ヒロシ(フリーアナウンサー・68歳)「料理好き…
  2. 前列中央から時計回りに、ご飯、梅干し、沢たく庵あん、青菜ちりめん、牛の佃煮、辛子明太子 、茹で卵とサラダ(ブロッコリー・プチトマ ト)、味噌汁(蜆)。ご飯は茶碗に1膳、明太子はひと切れ、沢庵は2~3切れが朝の定番だ。牛の佃煮は濃い味付けなので、ほんのひと箸をご飯に混ぜる。 【朝めし自慢】石塚昭一郎(裁ち鋏鍛冶・84歳)「卵と明太子、ふり…
  3. 盆上の前列中央から時計回りに、ご飯、大根の柚子漬け(近 電話:075・461・4072)、大根の皮と人参のきんぴら(白胡麻)、茎昆布(五辻の昆布 電話:075・431・0719)、金ごまおかか(たきものゑびす 電話:075・464・0110)、だし巻き卵(三つ葉)、味噌汁(大根・長芋・百合根・よもぎ麩・粟麩・豆腐・三つ葉)、中央は鶏胸肉の芥子酢味噌和え(生ゆば・人参・胡瓜)。盆外の下から、白和え(油揚げ・蒟蒻・人参・椎茸・菜の花)、サラダ(ブロッコリー・蓮根・三色トマト・チーズ・梅肉)、果物(デコポン・林檎)。味噌汁は京都特産の白味噌(石野味噌 電話:075・361・2336)に少量の酒粕を加えるのが長艸家流。よもぎ麩や粟麩、豆腐、生ゆば、白和えの油揚げは『京とうふ藤野』の製品。鶏胸肉は塩麹に漬けてから蒸してハムの代わりに。サラダは梅肉とオリーブ油のドレッシングで食す。 【朝めし自慢】長艸敏明(京繍伝統工芸士、京繍作家・70歳)「出汁…
  4. 朝めし自慢 フラワーデザイナー・今野政代さんの朝めし自慢「普段は洋風、時間に…
  5. 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩…
PAGE TOP