新着記事

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【朝めし自慢】手塚雄二さん(日本画家・65歳)「糖質を抑えた献立で、20年来、体型は変わりません」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆

主食はバナナかパンのいずれかを選択。現代日本画壇を牽引する作家の、尽きぬ制作の糧は、糖質控えめの朝食にある。

【手塚雄二さんの定番・朝めし自慢】

手塚雄二・朝めし自慢1

前列左から時計回りに、ハムとソーセージ(ザワークラウト・マスタード)、バナナ、牛乳、野菜サラダ(フリルレタス・ベビーリーフ・ブロッコリー・ブロッコリースプラウト・プチトマト・トウモロコシ)、紅茶。野菜サラダには塩とオリーブオイルをかけることもあるが、多くはそのままハムやソーセージに巻いて食す。そのハムやソーセージは10数年前、写生に出かけた長野県軽井沢で出会って以来、朝の定番となったという。

手塚雄二・朝めし自慢2

バナナに代わってトーストが登場することも。8枚切りの食パン1枚に、自家製のアンズジャムを塗る。生アンズは、軽井沢のジャム店『沢屋』(電話:0267・46・2400)から取り寄せている。

手塚雄二・朝めし自慢3

朝7時に起床。朝食は7時半頃。「朝食や休憩時の飲み物は紅茶、来客時はコーヒーや日本茶が決まり。昼は麺類、夜は茶碗に半分ぐらいのご飯が定番です」と手塚雄二さん。ガラス窓越しに坪庭が見えるダイニングルームで。

日本画の革新者・横山大観に〈一切の藝術は無窮を趁ふの姿に他ならず〉という書がある。〈無窮を趁ふ〉とは、〈永遠を求める〉ほどの意味である。奇しくも高校生の時に、しかと意味はわからぬままにこの言葉に感銘を受けた手塚少年は、10年後の院展(※日本美術院主催の展覧会で、日本画公募展の最高峰)図録で再びその言葉と巡り合う。

「何か運命的なものを感じ、衝撃と感動すら覚えた。以降、迷いや不安、希望を作品にしてきました」

風景画に日本人の精神を宿す作家、手塚さんはそう振り返る。

昭和28年、神奈川県に生まれた。幼い頃から絵が得意であった手塚少年は、漠然と画家を志し、高校生の時に明確に東京藝術大学の日本画科を志望する。5年目にしてようやっと合格。平山郁夫に師事するが、最初から風景画を描いていたわけではない。

「当初は寓意的な人物を作品にしていましたが、思いがけず発想の枯渇に襲われた。30歳を過ぎた頃です。一から写生をし直そうと風景のスケッチを始めた。夢中で水辺や道を描いていると、その先に希望があった。私は風景画を描くことで救われたのです」

それは、自然の中に永遠のテーマとなる希望を見た瞬間だった。

絵のために食生活は節制

「平凡な日常こそ宝物だ」というのが、手塚さんの口癖である。絵を描くことに行き詰まった30歳過ぎに長女が誕生したが、妻は長期入院。妻に早く元気になってほしい、娘が健やかに育ってほしい、一枚でも良い絵が描けるようになりたい。そう願って、絵に祈りを込めて描いていた。その後、精進が結実して院展の文部大臣賞、内閣総理大臣賞など数々の賞を受賞。

そんな手塚さんの日常は規則正しい。朝食後、8時半頃からアトリエに入る。その朝食は糖質を抑えた献立だ。

「両親ともに糖尿病だったので、太るとその心配がある。実は甘党で、揚げ物も大好物。基本的に野菜は好きではないのですが、そこは節制と我慢。毎日、朝と夜の2回体重計に乗り、500gの増減を維持。それもこれも一枚でも良い絵を描きたいですからね」

運動嫌いを自認するが、教鞭を執る東京藝大までは10分ほどの徒歩通勤。また朝と晩、20回ほどのスクワットが最近の日課である。日本画家は前屈みで箔を貼ったりするので、腰痛にならぬための備えだという。

手塚雄二・朝めし自慢4

秋田の山道を描いた『こもれびの坂』(平成8年)。木々の間から光が降り注ぎ、光片がダイヤモンドダストのようにキラキラと舞う。画面の奥からにじみ出るような光の表現は、手塚作品の真骨頂だ。116.7×83.5cm。

手塚雄二・朝めし自慢5

手塚雄二・朝めし自慢6

自宅2階にあるアトリエ。棚には所狭しと絵の具瓶が並ぶ。これは鉱物を原料とした粉末状の天然岩絵の具で、接着剤となる膠で溶いて自分だけの色を作る。「絵の具と対峙する、この時間が好きです」と手塚さん。

日本画と茶道具との時空を超えた美の競演を楽しむ

手塚雄二・朝めし自慢7

朝食後、制作に取り掛かる前に一服の薄茶を楽しむ。心を落ち着かせ、絵を描く動機づけにもつながるという。3年前に自宅隣に建てた『桜木庵』で。設計は東京藝術大学名誉教授の益子義弘さん。

20年ほど前から茶道を始めた。自分にないものに挑戦し、モチベーションという筋力を身につけるには、茶道の世界にそのヒントがあるのではと思い至ったからだ。

「道具に銘をつけるのは茶道の世界だけでしょう。加えて、茶道は総合芸術です。その場となる茶室は日本文化が凝縮された、緊張ある美術的空間。これからはその空間を構成するひとつの要素としての日本画、それも究極の一枚を追求したいと思っています」

手塚雄二・朝めし自慢8

茶室『桜木庵』へと誘う露地。飛石と手水鉢を配し、自然の趣を生かしている。手塚さんは「茶室もそうですが、露地も茶道の決まり事に縛られぬ空間を目指しました」という。

たとえば今、茶室には岡倉天心の書が掛かっている。安土桃山時代の水指に江戸時代前期の茶釜、細川護煕さんの茶碗を使う。ここに手塚さんの日本画を飾れば、時空を超えた美の競演となるだろう。

茶道との出会いをきっかけに、自然と向き合う作品から内なる自然、内なる宇宙へと、その作風はさらに深化を続けるに違いない。

手塚雄二・朝めし自慢9

手塚さんが蒔絵を施した茶道具の棗。銘は「思ひそめにし」。軽井沢で採取したハート形の葉をモチーフに、漆に日本画家ならではの金泥と砂子(金銀の箔を細かい粉にしたもの)で蒔絵にしている。

手塚雄二・朝めし自慢10

作品集『眩景』(左)は、初期から平成10年までの代表作を網羅。繊細な技法で力強く描かれた数々の作品から、創作の歩みを辿たどる。『夜想』は平成11年以降の作品を収録。部分アップや素描から制作の秘密にも迫る。(小学館 電話:03・5281・3555 在庫僅少)

【お知らせ】『手塚雄二展─光を聴き、風を視る(仮)』が来年3月5日(火)~18日(月)まで日本橋髙島屋SC本館8階ホールで開催。その後、大阪、京都、横浜の髙島屋、福井県立美術館を巡回予定。院展出品作を中心に手塚さんデザインの着物や茶道具なども展示される。

※この記事は『サライ』本誌2018年12月号より転載しました。年齢・肩書き等は掲載当時のものです(取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和…
  2. 林業家・柴原薫さん(58歳)の朝めし自慢「母が作る野菜中心の常備…
  3. 椅子張り職人・宮本茂紀さんの朝めし自慢「人参と林檎のジュースを欠…
  4. 料理学院長・江上栄子さんの朝めし自慢「カフェオレは“グランタース…
  5. 名指揮者・飯守泰次郎さんの朝めし自慢「パンなら全粒粉100%、ご…
PAGE TOP