新着記事

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【夕刊サライ/神取忍】神取流腰痛対策:自宅でできる! お手軽マッサージ(神取忍の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月曜日は「健康・スポーツ」をテーマに、プロレスラーの神取忍さんが執筆します。

文/神取忍(プロレスラー)

今回は、私が自宅でやっている簡単なマッサージをご紹介します。

私の場合は、この連載第2回でもご紹介したように、整体やマッサージ、鍼灸院など、プロの方にケアしてもらうことが多いのですが、自宅で過ごす合間合間、お風呂上がりや寝る前などに、自分でもいろいろと試しています。その中で、私が効果を実感している腰痛対策をふたつ、ご紹介しましょう!

テニスボール2個を使って腰の筋肉をほぐす

まずご紹介するのは、テニスボールを使った背筋のマッサージ。私が腰痛になったときに知人から教わったもので、以来ずっと続けています。テニスボールは思いのほかツボに入る優れものなんですよ。

■用意するもの
テニスボール2個。値段の高い、本格的な硬式テニス用のボールでなくてもかまいません。100円ショップで売っている、黄色いテニスボールでも十分です。2つのボールを並べてテープで固定します。

私が実際に使っているテニスボール。ボールを2個、ビニールテープでしっかりと固定してあります。

■マッサージの仕方
合体させたテニスボールを、つらい腰の部分に当てて寝る。これだけでOK!

やるときは、布団やベッドの上ではなく、フローリングや畳など床の上で行なってください。また、寝転ぶときに枕は使わないように。

ウエスト付近には、「脊椎起立筋」「大殿筋」など背骨の左右に大きな筋肉があって、その筋肉のラインに沿ってツボが密集しています。つまり、痛くなるかもしれない箇所が無数にあり、その箇所は人それぞれ微妙に異なるんだよね。だから、テニスボールを当てるのは、自身がいちばんつらいと感じている部分でいいんです。

テニスボールが患部をじかに押すので、最初はちょっと痛いかもしれません。でも、無理のない範囲で我慢です。慣れない最初のうちは、仰向けになるときに、膝を曲げ、足の裏を床についてもかまいません。そうすることで、テニスボールの圧力を弱めることができるので試しながら行なってください。

マッサージの仕方は、腰のつらい部分にボールを当てるようにして寝るだけ。
最初のうちは痛いので、写真のように膝を曲げて行なってもかまいません。あと、やっている間、息は止めないように気をつけてくださいね。

このマッサージはじっくり、ゆったりやるのが大切。最初は30秒間ぐらい、じっとしていてください。理想は1~3分間ぐらいです。

イメージは、背骨のまわりの筋肉や腰の関節をほぐす感じ。繰り返していくうちに、次第にボールの痛みも弱まっていき、ボールを当てて寝ていられる時間も長くなっていくと思います。慣れてきたら、肩甲骨や、胃の下の辺りとか、気になるところにも当ててみてください。

注意点がひとつ。

痛くないからといって、ボールを当てて寝たまま、背中の下でテニスボールをゴロゴロ転がすのはダメですよ! 背筋を痛めることがありますから。

足のくるぶしを3か所押して、血流を改善

次には、足首部分のツボ押しです。

このマッサージに道具は不要。テレビを見ながらでも、お風呂に浸かりながらでもできる、簡単便利な「ながらマッサージ」なんだよね。

■マッサージの仕方
横座りの格好をして、足の外側のくるぶしの下、凹んでいる部分の3点、

・アキレス腱の横
・くるぶしの下
・かかとの上

を、三角形を描くように順番に自分の指で押していきます。

人差し指で押さえている「かかとの上」のほか、矢印で示した「くるぶしの下」と「アキレス腱の横」、3か所を順番に押さえていきます。

ツボを押すのに使うのは、人差し指の第2関節部分。手のひらをゲンコツにして、人差し指の第2関節を突き出すようにします。

人差し指をこのように曲げ、第2関節を使ってツボを押します。

突き出した関節の部分を使い、三角形を約10~20回描くイメージで、3つのツボをそれぞれゆっくり押していきましょう。押す時間の目安は3~10秒。痛いようだったら、短くても大丈夫です。

そして片方の足が終わったら、必ずもう片方の足も同じように押してくださいね。

ツボを刺激することで、体内の血流がよくなるからだと思うんだけど、私の場合は、腰の痛みが軽減して、足のむくみも一緒に取れていく気がしています。

腰痛は慢性の方が多いでしょうから、根気よく、少しずつでもいいので続けてみてください。

しかし、腰痛改善や、腰痛知らずの体を維持するためには、日ごろから姿勢を正して生活をし、背筋を鍛えておくことが大事なんだな。ストレッチをしたり、腹筋を鍛える運動をしたり、腰まわりの筋力をつけ、柔軟性を高めておくことが重要です。

とにかく健康には運動することがいちばんです。この連載第3回でご紹介した「神取体操」をぜひお試しください!

文/神取忍(かんどり・しのぶ)
神奈川県生まれ。プロレスラー。1983年から全日本選抜柔道体重別選手権(66kg級)3連覇。1986年女子プロレスデビュー、現在は総合格闘技にも挑戦中。女子プロレス団体LLPW-X代表。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さ…
  2. 【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・…
  3. 【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径…
  4. 【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“ク…
  5. 【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要な…
PAGE TOP