新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【夕刊サライ/神取忍】“自分は勝つ”とイメージすることがトレーニングの原動力(神取忍の健康・スポーツコラム 第1回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月曜日は「健康・スポーツ」をテーマに、プロレスラーの神取忍さんが執筆します。

文/神取忍(プロレスラー)

サライ.jp読者の皆さん、はじめまして! 神取忍です!

世間では「ミスター女子プロレス」と呼ばれていて、プロレスに興味がある人は私のことを知ってくれていると思いますが、プロレスはもちろん、総合格闘技の試合にも挑戦している、今も現役バリバリの選手です。

ちなみに「ミスター女子プロレス」という“称号”は格闘技のバラエティー番組『リングの魂』(テレビ朝日、1994年~2000年放送)で、司会をしていたナンチャン(南原清隆)が付けてくれたんですよ。子どものときからこんな感じなので、よくオトコ女とか言われていたんですが、「ミスター」っていうと、プロ野球界の大スター・長嶋茂雄さんみたいなカッコいいイメージがあるじゃないですか! だから、ナンチャンに最初に言われたとき、「なるほど! サスガだなぁ~」と思ったんですよ。以来、この呼び名は、結構気に入っていて、自分のブログタイトルにも使ってます。

ベテランはトレーニングの仕方を研ぎ澄ます

現役を続けている以上、毎日のトレーニングは欠かせません。ウエイトトレーニングをしたり、ランニングやエアロバイクなどの有酸素系の運動をしたり、ストレッチや体幹を鍛えるエクササイズをしたり、メニューを変えて、日々トレーニングをしています。

プロレスは“受けの美学”だから、相手の技をキレイに受けたうえで勝つための耐久力とか、持久力が必要。総合格闘技だと、技をまともに受けてしまったら一発KOなので、瞬発力や一瞬の判断力が必要になる。鍛える力が違うので当然練習のメニューも違います。

たとえばプロレスのときは、相手の技を受ける練習。RIZINのような総合格闘技のときは、スパーリングを中心に練習をして試合が近づいてくると実践的なトレーニングも行ないます。

総合格闘技の試合前に追い込むときだと、立ち技のスパーリングを5分×20本とか、寝技系の柔術を3分×何十本とか……。もう数なんて数えてないからわからないし、そもそも数じゃない。ヨレヨレになったときに、まだ続けるのか、やめるのかは自分次第。それがプロなんだと自負しています。

総合格闘技の試合に向けて、ミット打ちの練習中。1ラウンド3分、1分休憩を繰り返します。

しかし、ベテランと言われるような年齢なってからは、トレーニング自体が若いころとだいぶ変わってきました。思えば、まだ若手のころは、日々のトレーニングで朝から晩までひたすら練習をしていました。ありあまる体力を出し切るまで続ける感じ。体を鍛えることがイコール精神力アップにつながっていると思っていたからです。

それが中堅クラスになると、“とにかく鍛える”から“技の熟練”を目指すようになる。精神を研ぎ澄ませ、そのときどきの体調に合わせて無駄なトレーニングを省きつつも、常に自分を追い込む練習をしていました。

それが今ではさらに進化して、10の力でやっていたものを3でも同じ効果がでるようにするなど、短時間でいかに効果をあげられるかを目標にトレーニングをしています。たとえばゲンコツでの腕立て伏せ。パンチ力と体幹の両方をいっぺんに鍛えるといった、まさに一石二鳥のようなトレーニングだよね。

ゲンコツでの腕立て伏せ。両足をリングのサードロープに上げることで、より腕に負荷がかかり、効果がアップ! そのぶん、キツい!!

また、年齢を重ねるごとに体のケアも大切だと身にしみてわかってきたので、一昨年からメディカルトレーナーを付けています。以前はケガをしても、自分の流儀でトレーニングして乗り切っていたけど、最近はそれで失敗して、復活するまでに時間がかかって大変だったんだよね。医学的な見地からアドバイスやトレーニング補助をしてもらい、ケガとの付き合い方を勉強しています。

頑張るために大事なのは“イメージ力”

トレーニングやケアのしかたは年齢とともに変わってきましたが、年齢を問わずトレーニングや仕事でも大切にしているのは、脳科学でもよく言われる「意識付け」や「イメージ力」だと思っているんだよね。

どんなトレーニングのときも“自分は勝つ”とか、仕事でも目的意識を持つといったイメージで常に臨むことが大切だと思っています。なぜなら、そういったイメージや目標があるからこそ、自分を追い込めるし、そのイメージがあるかぎり、頑張れるから。

“プロ”である以上、こうした意識を常に若い頃から持ち続けています。

この連載では、そんな思いでプロレスを続けている私の実体験をもとに、皆さんに日々のトレーニングや体調管理、ケアの方法などを毎週ご紹介していきます。これから3か月間、どうぞよろしく!

トレーニングでは自分を甘えさせてはいけない、でも追い込みすぎてケガをしてもいけない。このバランスが大切です。

文/神取忍(かんどり・しのぶ)
神奈川県生まれ。プロレスラー。1983年から全日本選抜柔道体重別選手権(66kg級)3連覇。1986年女子プロレスデビュー、現在は総合格闘技にも挑戦中。女子プロレス団体LLPW-X代表。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径…
  2. 【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“ク…
  3. 【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要な…
  4. 【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マ…
  5. 【夕刊サライ/福澤朗】ガラパゴス化したプロセスチーズが進化中(福…
PAGE TOP