新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【夕刊サライ/神取忍】体のだるさを感じたら、整体で内臓の調子を整える(神取忍の健康・スポーツコラム 第2回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月曜日は「健康・スポーツ」をテーマに、プロレスラーの神取忍さんが執筆します。

文/神取忍(プロレスラー)

最近の急激な天候の変化には、驚くばかりですね。夏日になったと思ったら、翌日はいきなり10℃近くも気温が下がったり、嵐のような豪雨になったと思ったら、ピーカンが続いたりと、もう体もついていくのが大変……。

寒暖差が大きくて体温調整がうまくいかず、体がへたばってきたときには、季節を問わず鍋がいちばん! わが家の鍋は、ダシに肉や野菜、きのこやはんぺんと、冷蔵庫にあるものをなんでも放り込んで煮込んだら、完成! あとはポン酢や胡麻ダレなど好きなタレをつけていただきます。

熱々の鍋を食べて体が温まり、汗をしっかりかくと、自律神経が整うからだと思うんだけど、体のだるさが抜けていくんだよね。

わが家の鍋。このときは醤油ダシでした。料理は得意ではないけど、よく作ります。ちなみに、得意料理は材料を焼くだけの網焼きです(笑)。

整体で内蔵を正しい位置に戻す

このほかに、もうひとつ。体がなんとなくだるくなってきたとき、私にとって欠かせないのが、東池袋にある「このはずく接骨院」での施術です。

前回もお話しましたが、プロレスラーは体が資本。だから、私は日々のトレーニングとともに体のケアにも力を入れていて、そのときどきの症状に合わせて整体やマッサージ、鍼灸院へ足を運んでいます。例えば、試合でかなりの痛手を負ったときには、A先生。筋肉がパンパンに張ってしまったときには、ちょっと遠いけどマッサージ師のB先生にお願いするといった具合。

このはずく接骨院に通い始めたのは今から7、8年前だったかな。オープンしたてのころ、フラッと寄ってみたのが最初だったと思います。

マッサージや鍼灸院などもそうだけど、整体をしてもらうときは、その先生との相性もとっても大事。相性がよくないと、ひどい目に遭ってしまうことがあるから。

以前、プロレスの地方興行でヒザをやってしまって、「さて、どうしよう」と思っていたら、会場の主催者の方から「いい先生がいるよ」と言われて、病院へ行く前にとりあえず看てもらったの。そしたら、よくわからないんだけど、なんかいきなり膝の関節を押されて痛いことをされて、ヒザが倍以上に腫れあがっちゃったんだ。「これ、どーすんだよ」って言っても、あとの祭り。それからは、初めての先生に治療をしてもらうときには、用心して少しずつやってもらうようにしているんだ。

それでいうと、このはずく接骨院の先生との相性はとてもいい。ボキボキする整体は初めての先生だと恐いので、マッサージをお願いしたんだけど、それがとっても上手。翌日には痛みが解消されたので整体もお願いするようになって、いつの間にか常連に……。そうして何年か通っていたら、あるとき、先生が「実は、ある独特の整体施術をずっと研究している」というんだよね。

整体というと、肩や腰、ヒザなど関節まわりの施術というイメージがあるじゃないですか。でも、この先生は「整体で内蔵の調子を整える」と言うんだよね。

よくわからないので、どんな施術なのかを聞いたところ、「疲れてむくんでいる内臓を手で押しながら、その内蔵の固さや形を正常に整えていくことで、血液の循環がよくなって、内臓のむくみがとれていき、臓器とともに体全体の調子もよくなる」とのこと。

そして、「疲れてむくんだ内蔵というのは、本来あるべき位置より下に落ちている。だから、内臓の血行をよくしてほぐしたあとは、その内蔵を施術によって上げて、正しい位置に戻してあげる。すると、内臓が元気に動くようになるのとともに、骨と筋肉もしっかり動くようになって、体の調子がよくなる」というわけ。

そんな話を聞いて、理論は理解できても、実際のイメージはよくわからなかった。だけど、先生の腕前をある程度信用していたから、その施術をやってもらったんだ。そしたら、体がすごく軽くなったんだよね。それ以来、腰や膝が痛いときのついでに体がちょっとだるいな~と思ったら、その施術をしてもらいに、行ってますよ。自宅と道場の途中にあることもあって、多いときには週3回ぐらい行っちゃうときもあるかな。

体の疲れというのは肝臓に溜まるということなので、私は肝臓を整えてもらうことが多いですね。あっ、でも勘違いしないでよ。意外に思われるかもしれないけど、私はお酒があまり飲めない体質なんだよね。だから、お酒による肝臓疲労は一切ありませんので、あしからず。

子どものころ、おなかが痛いときにやっていたことの記憶

この先生の独自の施術をしてもらうようになって、早二年。その整体理論については、頭では理解できているし、結果、体も楽になるんだけど、最初のころはなかなか身体の感覚と一致しなかったんだよね。でも、施術を受けたあとの感覚を自分なりに分析して、今ではなんとなくだけど納得して、施術してもらっています。

その感覚とは、子どもの頃、大人に言われてやっていた習わしです。ほら、昔って、おなかをこわしたとき「手のひらをおなかに当てて、時計回りに12回まわせ」って言われませんでした? その理由とか意味とかはよくわからないけれど、そうすると、硬くなっているおなかがほぐれてくるような感じがして、なんだか楽になったんだよね。

整体で内臓を整えるという、この先生の施術は、それと同じような感覚で体が癒されて、疲れがなくなっていくのが実感できるんですよ。

最近では、見よう見まねで、寝る前におなかを自分の手で押してほぐしたり、おへその辺りにカイロを当てて温めたりしているんだよね。そうすると、なんだか寝つきもよくなって、目覚めもいいんだな。

肝臓のあたりを、上に上げるようなイメージで押したり、

おなかの中心を手で押しながら温めたりと、自分でもマッサージの仕方を試してます。

読者の皆さんも、この機会に内臓の形や動きを意識しながら、手でおなかをさすったり、温めたりしてみてはいかがですか。意外とクセになるかもよ。ただし、先生が言うには、この整体によって、私のように効果を実感ができる人と、実感できない人がいるらしい。私と同じく、読者の皆さんの体が軽くなることを祈っています!

文/神取忍(かんどり・しのぶ)
神奈川県生まれ。プロレスラー。1983年から全日本選抜柔道体重別選手権(66kg級)3連覇。1986年女子プロレスデビュー、現在は総合格闘技にも挑戦中。女子プロレス団体LLPW-X代表。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径…
  2. 【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“ク…
  3. 【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要な…
  4. 【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マ…
  5. 【夕刊サライ/福澤朗】ガラパゴス化したプロセスチーズが進化中(福…
PAGE TOP