新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

最適な歩幅は65センチ!認知症予防に「ソーシャル・ウォーキング」のススメ

取材・文/沢木文

認知症にまつわる研究が進み、生活習慣と認知症との関連性も注目されているなか、身近な認知症予防策として取り入れたいのが「ソーシャル・ウォーキング」だ。

これは、東京都健康長寿医療センター研究所の社会参加と地域保健研究チーム研究部長であり、医学博士の藤原佳典先生と衛生用品大手ユニ・チャームが提唱しており、経済産業省のモデル事業としても紹介されている。内容は「社会参加」と「歩くこと」で脳を元気にするというものだ。

「認知症の原因となる病気の45%がアルツハイマー病です。その他には、血管性認知症、混合型認知症などがありますが、これらの研究が進み、ある程度は予防できると考えられています」(藤原先生・以下「」内同)

その予防方法として大切なのは、生理的予防法認知的予防法の2つのアプローチだ。

「まず、“生理的予防法”は、ウォーキングなどの有酸素運動を心がけ、野菜や魚、赤ワインなどを適度に摂取すること。細胞の新陳代謝を活性化するライフスタイルは知られており、多くの人ができているのではないかと感じています。

そして、重要なのにあまり知られていないのは“認知的予防法”です。これは、友人や知人と会話して、神経のネットワークを強化することを指します。家族や友人と交流が活発な人は、そうでない人に比べると、認知症リスクに8倍もの差があります。まずは家族との会話をし、できれば家族外の人とも積極的にコミュニケーションをとっていただきたいのです」

緑黄色野菜を中心に、魚と野菜をバランスよく食べることが、認知症予防に効果的だ。自分で調理をすることも、脳の活性化につながるという。

藤原先生は新しい人と知り合い、会話することが認知症予防に有効だと続ける。

「生活習慣や文化を共有している人との会話より、新しい人との会話は、返事の仕方、敬語の使い分け、相手にわかりやすく話すなど、頭を使います。これに、有酸素運動などで歩くことが加わると、血の巡りがよくなって、認知症予防に絶大な効果を発揮します」

2018年5月に東京都の葛西臨海公園で行われた「ライフリー ソーシャル・ウォーキング体験会」で参加者に指導する藤原佳典先生。ソーシャル・ウォーキングにまつわるイベントは、全国に広がっている。

また、藤原先生は、“歩幅”もまた重要だという。漫然と歩いていてはダメなのだ。

「認知症の人の歩き方を見ていると、小股でちょこちょこ歩いている人が多いです。ポイントは65センチメートル。横断歩道の線と線の間くらいが目安だと思ってください。悠々と白線がまたぎこせるなら大丈夫。歩幅は広い方がいいことは、私たちの調査でもわかっています」

つまり、誰かと会話しながら、大股で歩くことが認知症予防には大切。それを両立するのが「ソーシャル・ウォーキング」なのだ。

「大股で歩く時に、尿もれや便もれが心配だという人も多いです。私は、そういう方には専用のパッドをおすすめしています。吸水性はもちろん、におい対策ができているものも多いので、積極的に活用してください」

「ソーシャル・ウォーキング」はイベントなども各地で行われているが、参加せずともできるという。

「例えば、歩きながら、近所の人や、顔見知りになった人にあいさつするのもいいですし、顔なじみになったコンビニの店員さんなどに“こんにちは”など言うところから始めてはいかがでしょうか。ペットを連れている人に、“かわいいですね”と話しかけるのもいいです。古地図など見ながら歴史の道を歩いたり、ボランティアに参加するなどもいいでしょう」

ポイントは、楽しく行うことだ。

「1日15~30分、週に2~3回、広めの歩幅を意識し歩き、その間にさまざまな交流を心がけることが大切です。認知症予防には、人と楽しく関わることが重要です」

今からできる認知症対策。まずは65㎝の歩幅を心がけ、近所の人にあいさつをするところから、始めてみてはいかがだろうか。

取材・文/沢木文

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング 「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽し…
  2. 遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと
  3. ガムを噛みながらの散歩は、ダイエット効果が大幅UP!研究でわかっ…
  4. 認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞…
  5. 認知症予防のマインド食で推奨される「オリーブオイル」の賢い摂り方…
PAGE TOP