新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた極端な旅の実践(パラダイス山元の旅行コラム 第1回)


夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日は「旅行」をテーマに、パラダイス山元さんが執筆します。

文/パラダイス山元(ミュージシャン・エッセイスト)

工事中の高速道路にて。もう開通してしまったので、こんなことできません、念のため。撮影:小島健一

夏といえば、やっぱりハワイ!

夏が近づくたび、ハワイへ行きたい衝動にかられてしまう方というのは、これまでそういう生き方を実践してきたからに他なりません。文句なんか言われてなるものか!でしょう。

私も、ハワイ大好きです。もう20年近くご無沙汰ですが。

大好きな飛行機の客席1列目。撮影:琉球エアコミューターのCAさん

でも、そんな安直な旅を、この先何度も続ける人生でいいんでしょうか?

ハワイに行きたい方は、どうぞ行って来てください。止めたりはしません。

日常から、非日常の実践を自らに課してきたパラダイス人生。

これまで生きてきた55年より、これからの10年、20年をさらに極端に生きていきたいと思うようになりました。あと55年も生きられるわけないのです。人生は後半戦に突入しています。明日にも不慮の事故か何かで、天国へ逝ってしまうなどと想像しただけで、いてもたってもいられなくなります。行きたいところ、まだ山積みです。

この歳になって、家族に遠慮したり、周囲に気遣いした結果、頭に思い浮かんだことのひとつも実践できないなんて、そんなのもったいなさすぎます。

今まで送ってきた人生や、しがらみにとらわれることなく、自分が本当にしたかった旅を粛々と実践する時間に気がついた人は、きっと幸せになれます。

旅とは、ごくあたりまえの日常から非日常への突破口。

どこの旅行ガイドブックにも、ツアーパンフレットにも載っていない、自分だけしか価値がわからない旅の実践こそ、まだ見ぬ自分の発見につながるというもの。

デパートの屋上で盆栽を見に行くより、河原に石ころを拾いに行く旅

8尺玉が打ち上がる有名な花火大会より、鉱山の爆破を観に行く旅……

楽しすぎませんか?

高速道路上で、自撮りしてる場合……ですよ。撮影:パラダイス山元

SNS萌芽期に「大人の社会科見学」の世話人をしていた友人から、

「パラダイスさん、いい未開通区間があるんですけど、行ってみます?」

「えっ、どこの高速道路?」

「50年越しの工事がそろそろ終わる、あの……」

「東京外環自動車道 千葉工区!」

「ピンポーン」

一度開通してしまうと、永久に高速道路を歩くことなどできません。もう一度行きたくても二度と行けない旅。こういう機会を与えてくださる友人の存在というのは貴重です。普段から仲よくしておきたいものです。

たかだか片側2車線の道路だなんて、もう口にできません。このスケール感に圧倒されます。普段は歩くのが嫌いですが、ついルンルンで歩いてしまいます。撮影:小島健一

2018年6月2日、三郷南IC(埼玉県三郷市)から高谷JCT(千葉県市川市)まで開通した東京外環自動車道の工事現場は、普段なにげなく高速道路を走るドライバーの目線からは想像もできないスケールでした。京成線とのクロス部は、真上を走る鉄道の運行を続けながらの難工事であったことを示す箇所が至る所にありました。

足場だけでも、ものすごい量です。これが、現在はすべて撤去されてしまっているのですから……。撮影:小島健一

普段見られないのは工事現場だけではなく、トンネルを掘削するカッターや、重機なども。これは、ごく個人的なことですが、「働くクルマ」大好きな私としては、もう焦点をどこに合わせたらよいのかわからないほど。真近に迫るクレーンの吊り荷をほぼ真下から眺めるだけで、ごちそうです。

お役御免になったトンネルカッターの外周部分は、搬出しないでそのまま残してしまうとのこと。撮影:小島健一

高速道路で立ち止まったり、トンネルの中の静寂を味わえる期間限定の贅沢。しかも、路面も標識もなにもかもピッカピカ。開通して半年も経てば、もう排ガスで汚れてしまうのは当然のこと。

戦国の歴史ブーム、城ブームなどで、城郭跡などを、ガイドブック片手に散策する旅もいいでしょう。でも、お城の何千倍もの世紀の大工事をしているのに、開通するまで「早く工事終わらないかな~」「さっさと開通しないかな~」などと興味を示さないでいるのは、本当にもったいなさすぎると思います。

練馬、杉並、世田谷区間は、まだ工事中ですから、見学情報などは要チェックです。

高速道路上の自撮りがこんなに楽しいなんて……教えてあげたい♡ 撮影:小島健一

突き抜けた旅の極意は、その視点にあります。

日帰りで飛行機に乗るだけ乗って、観光も何もしないで、ただ帰ってくるという旅もアリでしょう。旅行ガイドブックでじっくり予習して、ただ復習するだけの旅より、何の予約もせず、駅や空港へ行ってから行き先を決める、ガイドブックを持たない旅のほうが、本来の旅らしさが味わえるともいえます。

文/パラダイス山元(ぱらだいすやまもと)
昭和37年、北海道生まれ。1年間に1024回の搭乗記録をもつ飛行機エッセイスト、カーデザイナー、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース日本代表、招待制高級紳士餃子レストラン蔓餃苑のオーナー、東京パノラママンボボーイズで活躍するマンボミュージシャン。近著に「なぜデキる男とモテる女は飛行機に乗るのか?」(ダイヤモンド・ビッグ社)、「読む餃子」「パラダイス山元の飛行機の乗り方」(ともに新潮文庫刊)など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径…
  2. 【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“ク…
  3. 【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要な…
  4. 【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マ…
  5. 【夕刊サライ/福澤朗】ガラパゴス化したプロセスチーズが進化中(福…
PAGE TOP