新着記事

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

糖尿病の血糖値コントロールに有効な「かんたん体操」のメニューとは

文/鈴木拓也

日本での糖尿病患者は、いまや予備軍も含めて約2,000万人もいるとされる。年代別に見ると、男女ともに60代以降の患者数の割合が多くなり、例えば60代男性の患者比率は21.8%、女性だと12%を占める。症状が重くなると、糖尿病網膜症による視力低下・失明、糖尿病腎症に伴う人工透析治療など、日常生活を脅かすほどのリスクがあるのは周知のとおりだ。

現状、いったん糖尿病になると、これを完治させる薬や療法はない。だから糖尿病になってしまった人は、食事や運動による血糖値のコントロールがとても重要になる。

そうした血糖値コントロールのための運動の1つにウォーキングがあるが、「ウォーキングだけを一所懸命に行えば糖尿病をコントロールできるかといえば、残念ながらその答えはNGです」と言うのが、パーソナルフィットネストレーナーで介護予防運動指導員でもある宮本正一さん。ウォーキングのような有酸素運動だけでなく、筋力トレーニングといった筋肉に負荷をかける「レジスタンス運動」も併せて必要なのだという。

自身20年を超える糖尿病患者である宮本さんは、セルフケアとしてこのレジスタンス運動を取り入れることで、還暦を過ぎた今も、インスリン注射や薬剤の力を借りずに元気に日々を過ごしている。

宮本さんは、トレーナーという仕事柄、それなりの自己鍛錬を通じて体脂肪率12%台のアスリート体型を維持しているが、そこまでしなくとも、宮本さんの考案した「かんたん体操」で、誰でも血糖値の管理ができるという。

この「かんたん体操」とは、股関節の体操や腕立て伏せといった、まさに簡単な8種類の体操を週2~3回、短時間行うというもの。運動が苦手、筋トレは未経験という人でも容易に始められ、習慣化しやすいうえに効果が大きいというメリットがある。

かんたん体操の基本メニュー

宮本さんが提唱する「かんたん体操」の基本メニューは以下の通りだ。

【ベースとなる体操3種】
①股関節の体操
②下半身の体操
③上半身の体操

これら3種の体操は、体幹を鍛えるとともに、準備運動も兼ねる。

【メインとなる体操5種】
①腕立てふせ
②太ももを鍛える「ランジ」
③下半身・体幹を鍛える「スクワット」
④ふくらはぎを鍛える「カーフレイズ」
⑤腹筋

これら5種の体操は、体の大きな筋肉を鍛え、体全体を強化するために有効である。

この基本メニューを週2~3回行う。それぞれの具体的なやり方については、宮本さんの著書『自分で血糖値を下げる! 糖尿病に効く「かんたん体操」』(洋泉社)にて図解入りで説明されている。

「かんたん体操」はベース3種、メイン5種の8種類(本書13ページ転載)

この「かんたん体操」によって適度に筋力をつけるのが、なぜ重要なのか。それは「筋肉はブトウ糖の最大の受け入れ先」だからと宮本さんは述べている。

外部から摂り入れた飲食物に含まれる糖質は、体内で消化・分解されてブドウ糖となるが、そのブドウ糖はグリコーゲンという形でまずは肝臓、そして筋肉に蓄えられる。だから筋肉が十分にあれば、血液中のブドウ糖を多く取り込め、血糖値を安定して下げておくことができる。つまり筋肉はブドウ糖の貯蔵庫なのだ。

逆に加齢や運動不足などで、筋肉が少なくなると、血液中のブドウ糖を取り込めなくなり、血液中に余剰なブドウ糖が多くなりがちになる。そのため、血糖値コントロールには「かんたん体操」による筋肉の鍛錬が柱になると宮本さんはいう。また、「かんたん体操」には、昨今話題のサルコペニア(加齢・病気による筋肉量の減少)の予防にもなり、一石二鳥という。

本書では、筋力がついてきて「かんたん体操」がラクにできるようになったら、その次のステップとして行う中級・上級の「かんたん体操」も掲載されている。くわえて、併用して行う「らくらくウォーキング」など、ひと工夫の入った有酸素運動も盛り込まれている。

医師に糖尿病と診断されたが、できるだけ薬に頼らずアクティブに生活を送りたい方には、ぜひチャレンジしてほしいメソッドと言えよう。

(※インスリン注射を受けている、薬を飲んでいる、あるいは合併症のある方は、運動して低血糖などが起こるリスクがあるため、必ず医師に事前相談を。)

【今日の1冊】
『自分で血糖値を下げる! 糖尿病に効く「かんたん体操」』
http://www.yosensha.co.jp/book/b331300.html
(宮本正一著・周東寛監修、本体1,300円+税、洋泉社)

文/鈴木拓也
翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 内臓温度を上げて健康に!話題のスパイス「ヒハツ」の上手な食し方
  2. 冒険家・三浦雄一郎さんが教える「夏のトレッキング」注意点とおすす…
  3. 国循直伝の「マインド食+かるしおレシピ」で認知症を予防【名医に聞…
  4. ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント
  5. ストレスで「感情の便秘」に陥りがちな人の5大特徴【名医に聞く健康…
PAGE TOP