新着記事

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No.28】

◎No.28:坂口安吾のストップウォッチ文/矢島裕紀彦「一生涯(略)走りつづ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【夕刊サライ/山本昌】32年間続けた、きちんと食べる&体重計にのる生活習慣(山本昌の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月曜日は「健康・スポーツ」をテーマに、野球解説者の山本昌さんが執筆します。

文/山本昌(野球解説者)

2月から春季キャンプ、オープン戦の取材で各地を飛び回っています。これは中日ドラゴンズのキャンプ地、北谷(ちゃたん)球場の竜ちゃん食堂で関係者にふるまわれていた昼食。野菜を多めに盛ってもらって、バランスよくエネルギー補給。

今回で3回目となります「夕刊サライ」の連載、野球解説者の山本昌です。

前回は僕が引退してからどういった体調管理をしているのか、運動や食生活をお伝えしました。今回は現役時代にはどういったことを意識していたのかをご紹介しようと思います。

■現役生活を支えた小松菜ジュースとカレーライス

野球選手をはじめ、アスリートは大なり小なりルーティンがあると思いますが、僕は食事にもルーティンがありました。

それは、1日の始まりに小松菜ジュースを飲むこと、登板日の昼食はカレーライスを食べることです。

32年間現役生活を送ってきた僕ですが、やはり登板日の緊張は慣れるものではありませんでした。

緊張感から食事を受け付けないこともしばしばありました。ですが、カレーライスであれば流し込むように食べることができるので、登板日の昼食はカレーライスに決めました。

どうしてそこまでして食事をするのか、と思われる方もいるかもしれません。

野球選手は試合日に試合だけをするわけではありません。ポジションごとにすることは異なりますが、試合前の練習もありますし、それぞれが最終調整をして試合に臨みます。その時点ですでにエネルギーを消費しているので、試合前の食事はエネルギー補給としてとても大切なことなのです。どんな料理なら食べることができるか試行錯誤した結果、カレーライスにたどり着きました。

引退してからは、ルーティンではなく、おいしく楽しくカレーライスを食べています。ステーキがのったボリューム満点のこのカレーは、蒲郡クラシックホテルで講演の仕事の前に食べたもの。

■いい野球選手は夏場に太る!?

間もなくプロ野球レギュラーシーズンが開幕を迎えますが、徐々に暑い季節がやってきますね。選手ごとに個人差はありますが、夏場に苦戦する選手は割合多いのではないかと思います。いわゆる「夏バテ」です。暑さから食が細くなり体重が減ってしまうことで体調を崩してしまったり、筋力が落ちたり、それに伴ってメンタルも弱ってしまったりという悪循環が起こってしまいます。

これは野球選手だけではなく、読者のみなさんにも言えることだと思います。

僕は、野球選手は夏場に太れるくらいの選手がちょうどいいと思っています。きちんと食事をする意識が高いということもあると思いますが、それが習慣化されているからこそ、季節に左右されることなく、常に良いパフォーマンスを発揮できる体を維持することが可能になるのだと思います。

食欲がない時でも「これだったら食べられる」「これを食べるようにしよう」といった意識付けは一般の皆さんの夏バテ対策にもなるのではないでしょうか。

今は何でも便利な時代なので、エネルギー補給のゼリー飲料やサプリメントなどで補ってしまえばいいという方も多いかもしれません。ですが、年齢を重ねてもベストな体を維持していくためには、まずは日ごろの食生活を楽しく、充実したものにすることが大切だと思います。ちなみに、僕は現役時代に夏バテを経験したことはありませんでした。

これは食事の習慣が良かったのだろうと自負しています。

移動が昼食時間と重なるときは、駅弁を購入。最近のお気に入りは東京駅で買った東華軒の「うな重」。これで次の仕事に備えてパワーアップ!

■ベルトの締め具合が僕の健康バロメーター!

現役時代、食事以外にも毎日必ず行なっていたのが体重計に乗ることです。

自分の健康状態を計るには、数値化される体重がやはり一番わかりやすい指標だと思います。

僕は、ユニフォームを着る時、ベルトの締め具合で自分の体重がベストの状態から増えているな、減っているな、と把握をすることができました。もちろん体重計も使ってはいましたが、ベルトを締める時の感じから500g単位で増減を感じ取れる感覚が身についていました。少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが、ベルトを締める作業が僕の健康バロメーターになっていたわけです。

自分の体の状態をきちんと理解することが良いパフォーマンスに繋がりますし、32年もの長い期間、プロ野球選手という仕事をやってこられた大きな理由だと思います。

毎年夏が近づいてくると「夏バテ」「熱中症」などによる悲しいニュースを耳にします。夏になったから気を付けようではなく、ぜひ今日からでも自分の体を知ること、ベストな状態を保つことを意識してみてはどうでしょう。楽しい夏を迎えるために、今から準備です!

またウナギで恐縮です。大好きなもので……。こちらはラジコンレースの際の勝負飯になっている、あつた蓬莱軒(名古屋市)の「ひつまぶし」。うまい!

文/山本昌(やまもと・まさ)
昭和40年、神奈川県生まれ。野球解説者。32年間、中日ドラゴンズの投手として活躍し、平成27年に引退。近著に『山本昌という生き方』(小学館刊)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム…
  2. 【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻…
  3. 【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会…
  4. 【夕刊サライ/神取忍】神取流夏バテ対策は、あったかい甘酒に肉、ス…
  5. 【夕刊サライ/福澤朗】錫のチロリとぐい呑みをお手元に(福澤朗の美…
PAGE TOP