新着記事

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学…

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

引退3年目、現役時代と代わらぬ大腿筋の維持方法【山本昌の健康・スポーツコラム 第2回】

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月曜日は「健康・スポーツ」をテーマに、野球解説者の山本昌さんが執筆します。

文/山本昌(野球解説者)

いよいよスタートしたサライ.jpの連載ですが、今回が2回目のお届けとなります。野球解解説者の山本昌です。前回は僕の左腕がまっすぐに伸びなくなった経緯と、それを通じて僕が得た体験をお話しいたしました。

今回も、少し共通する部分があるのですが、現役時代ではなく、引退後の体調の変化をどう調整管理しているか、僕なりの健康維持方法をお伝えできたらいいなと思っています。

この自転車でよく行くのは、ラジコンのサーキットがある「ラジコン天国名古屋店」。自宅から往復20kmの道のりはちょうどいい運動になります。この自転車はもう少しこの状態で楽しんでから、ラジコンと同じように自分の好みにカスタマイズしていこうと思っています。

■50歳で社会人デビュー。生活の変化が体型の変化に!

僕は2015年シーズンの終了と共に現役を引退しました。日々のトレーニング、試合はもちろん、ビジターの場合は長距離移動もあり、プロ野球選手の日常は一般の方から見ればハードに見えるかもしれません。

僕は18歳から中日ドラゴンズ一筋で32年間、50歳までそういった生活を日常として過ごしてきました。その日常が変われば体の変化も大きいだろうと思い、自分の体型維持のためにも新しい戦闘服となるスーツを10着作りました。

ところが、野球解説者として社会人デビューをした僕を待っていたのは想像を超えるハードな日々でした。何がハードかと言うと、分刻みでの取材やメディア出演、移動も新幹線や飛行機なので時間に遅れるわけにはいきません。そして、仕事の時間は早朝からの日もあれば深夜に及ぶ日もあり、思っていた以上の不規則な生活が始まりました。

当然、食事の時間はスケジュールに合わせて毎日決まった時間にというわけにはいかず、体型維持のためにと強い思いを込めて作ったスーツも着られなくなってしまいました。

■運動も食生活も「意識付け」と「習慣化」が大切

ある時、このまま生活のリズムが変わったからと流されてしまってはいけないと思い、すき間時間を使って体を動かすことを習慣化させようと考えました。天候にかかわらずできる散歩やジョギング、少し時間が取れる時はロードバイクで1時間くらい走るようにしました。

意識付けをすることでそれが習慣となり、引退3年目となる今でも続けています。特にロードバイクは走り始めた当初、小さなサドルにお尻が痛い思いをしましたが、今ではすっかり快適な走行を楽しんでいます。

よく聞く話ですが、体を鍛えるとなるとジムやプールなど、運動するための施設が整った場所へ行こうと思いがちですよね。ですが、僕は日々の生活の中でできることを継続することが大切だと思います。小さなことでも、習慣化して長く続けていけば何かしらの変化は現れますし、それが自身の意識を高めることにつながっていきますよね。

もちろん、体の管理をする上で食生活も大切です。僕は、現役時代も含めサプリメント類は飲んだことがありません。それどころか、アルコールも飲みますし、喫煙歴もあります。食事で大切にしていることは「何を食べるか」ではないのです。

僕は、食事をする時はまず野菜から食べることを意識しています。そして、食べる時間が普段より遅くなった時は食べる量を少なくします。そういった積み重ねが習慣化すれば、食べるものを制限しなくてもいいと思います。食べたいものを我慢することは意外と強いストレスがかかりますから、それは体に良くないですよね。

昨年、テレビの企画で脳ドックを受けました。自分の現状がどうなのかを知るいい機会をいただきました。結果は悪いところはなく、健康そのものだとわかったのですが、びっくりしたのは太ももです。現役時代と大差ない筋肉量に、お医者さんにもお褒めの言葉をいただきました。

生活サイクルが大きく変化したものの、継続して続けてきたことが良い結果につながっていると実感できた瞬間でした。そして、定期検診の大切さも学ぶことができました。

そんな僕も、今年で53歳です。年齢を重ねることで、発揮できるパフォーマンスが下がってくることは誰にでも言えることです。でも、日々の習慣次第でそのスピードを緩やかにすることは可能です。

自分自身の現状をきちんと理解して、いつまでも健康で、元気に生活していきたいですね。

文/山本昌(やまもと・まさ)
昭和40年、神奈川県生まれ。野球解説者。32年間、中日ドラゴンズの投手として活躍し、平成27年に引退。近著に『山本昌という生き方』(小学館刊)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP