新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

健康

プロ野球開幕、新しいスター選手を探そう!(山本昌の健康・スポーツコラム 第4回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月曜日は「健康・スポーツ」をテーマに、野球解説者の山本昌さんが執筆します。

文/山本昌(野球解説者)

今回で4回目となりました夕刊サライの連載、野球解説者の山本昌です。

前回は僕が現役時代にどういったことに気を付けていたのか、そして夏に向けた体調管理について少しですがご紹介いたしました。今回は僕の話というよりは、いよいよシーズン開幕が目前に迫っている今年のプロ野球についてお伝えしようと思います。

今年、さらなる飛躍を期待している西武ライオンズ・菊池雄星投手。僕のスクリューを伝授したときの記念のツーショットで、彼の左手がまさにその握り方です。

■間もなくプロ野球シーズン開幕! その時選手の心境は?

今年も2月1日の春季キャンプスタートを皮切りに、テレビや新聞をはじめとしたスポーツニュースで連日、プロ野球の話題が取り上げられています。いよいよ今シーズンの開幕も目前です。

この時期の選手は「がんばるぞ! やってやるぞ!」という気持ちの高ぶりと、「いよいよ開幕か……」という緊張感の両方を持ち合わせて日々の練習に取り組んでいます。

もちろん、選手によって感じ方は様々なので一概には言えませんが、まったく緊張しない選手はいないと思います。その中で、いかに最大限のパフォーマンスを発揮するかが一流の選手に求められるので、春季キャンプからオープン戦の期間は心の準備においても本当に大切な期間だと言えます。

ちなみに、僕はというと、緊張感の中で戦えることを楽しみにしていました。

今年は2月1日のキャンプインから沖縄、宮崎とセ・パ6球団を8日間かけて周り、取材しました。写真は私の古巣・中日ドラゴンズの一軍キャンプ地でのもの。

■今年一番の注目は中日・柳投手、西武・菊池投手

3月30日(金)いよいよセ・パ両リーグが開幕します。

各球団、オフシーズンから選手強化、補強など様々な策をもって迎える大切なスタートの日です。僕も、春季キャンプ地の視察、オープン戦の解説などで多くの選手の状況を見させてもらいました。そこで、僕が思う今シーズンの注目球団、選手を少しだけご紹介いたします。

まずはセ・リーグから、僕の出身球団である中日ドラゴンズ。

注目は柳裕也投手です。キャンプ地で見た限り、球のキレやスピードに去年とは全く違うものを感じました。ドラゴンズの若い投手陣を背中で引っ張っていける選手だと思うので大いに期待をしたいですね。

次に注目なのは、やはり読売ジャイアンツの投手陣。

上原浩治投手の日本球界復帰は朗報でした。さらに、澤村拓一投手が抑えとして戻ってきたうえ、リリーフ陣もしっかりしている。こういうチームは強いです。加えてバッター陣にゲレーロ選手が加入し、大きな戦力となることは間違いありません。彼が一番得意とするホームランゾーン左中間、東京ドームは狭いのでうまくいけば40本塁打も期待できると注目をしています。

読売ジャイアンツのキャンプ地モニュメントの前で。新戦力の加入をはじめ、昨年足りなかった要素をうまく補強したことでチームの完成度が上がってきました。今年は十分優勝候補になるチームと言えますね!

パ・リーグの注目選手ですが、西武ライオンズの菊池雄星投手は本当に楽しみな選手です。

昨季の活躍で、今や巨人の菅野智之投手と並び、日本を代表するエースに成長してくれました。実は、ある機会に僕のチェンジアップ、スクリューを伝授したので、スクリューを投げることで更に投球の幅が広がれば、もっと上を目指すことができると思います。投手としてどこまでの高みに登れるのか、彼の今後に大きな期待をしています。

チームとして注目をしているのは楽天イーグルスです。

今、パ・リーグは福岡ソフトバンクの一強状態ですが、そんな状況を変える可能性を秘めているのが楽天イーグルスだと思います。戦力が少しずつですが確実に上がってきています。昨年は途中で息切れをしてしまいましたが、ぜひ注目をしていきたいチームです。

■プロ野球を楽しむためには、球場に行ってください!

僕たち野球解説者の「あるある」なんですが、「プロ野球を楽しむためにはどこに注目したらいいの?」という質問をよく受けます。

人それぞれ、いろいろなポイントがあると思うのですが、僕は新しいスター選手の誕生を楽しみに見ることをおすすめします。

今、日本のプロ野球界からスター選手が次々にメジャーに行ってしまいます。昨シーズンオフには大谷翔平投手もついに海を渡りました。ですが、日本の野球はWBCなどの世界的大会でも最高レベルだと証明をされています。ということは、次々に新しいスター選手が出てきているとも言えるわけです。

ですから、次に日本の球界を代表する選手がどの球団から出てくるのか、日々の戦いに注目をしてほしいと思います。そして、可能であれば、ぜひ球場へ足を運んでほしいですね。もちろん、テレビやラジオでも楽しむことはできると思いますが、球場でしか感じることができないことがたくさんあります。選手の躍動感、息遣い、球音、球場全体の一体感、もちろんヤジが飛んだりすることも醍醐味のひとつだと思います。

ファンの皆さんの声援は選手の大きな力になりますから、今シーズンはぜひ1回は球場へ足を運んでもらって、選手やチームへ応援をよろしくお願いします!

文/山本昌(やまもと・まさ)
昭和40年、神奈川県生まれ。野球解説者。32年間、中日ドラゴンズの投手として活躍し、平成27年に引退。近著に『山本昌という生き方』(小学館刊)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP