新着記事

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【予防医療の最前線】

文/中村康宏前回お話したように、生活習慣病やがんを含む加齢関連疾患に共通するメカニズ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【夕刊サライ/山本昌】プロ野球開幕、新しいスター選手を探そう!(山本昌の健康・スポーツコラム 第4回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月曜日は「健康・スポーツ」をテーマに、野球解説者の山本昌さんが執筆します。

文/山本昌(野球解説者)

今回で4回目となりました夕刊サライの連載、野球解説者の山本昌です。

前回は僕が現役時代にどういったことに気を付けていたのか、そして夏に向けた体調管理について少しですがご紹介いたしました。今回は僕の話というよりは、いよいよシーズン開幕が目前に迫っている今年のプロ野球についてお伝えしようと思います。

今年、さらなる飛躍を期待している西武ライオンズ・菊池雄星投手。僕のスクリューを伝授したときの記念のツーショットで、彼の左手がまさにその握り方です。

■間もなくプロ野球シーズン開幕! その時選手の心境は?

今年も2月1日の春季キャンプスタートを皮切りに、テレビや新聞をはじめとしたスポーツニュースで連日、プロ野球の話題が取り上げられています。いよいよ今シーズンの開幕も目前です。

この時期の選手は「がんばるぞ! やってやるぞ!」という気持ちの高ぶりと、「いよいよ開幕か……」という緊張感の両方を持ち合わせて日々の練習に取り組んでいます。

もちろん、選手によって感じ方は様々なので一概には言えませんが、まったく緊張しない選手はいないと思います。その中で、いかに最大限のパフォーマンスを発揮するかが一流の選手に求められるので、春季キャンプからオープン戦の期間は心の準備においても本当に大切な期間だと言えます。

ちなみに、僕はというと、緊張感の中で戦えることを楽しみにしていました。

今年は2月1日のキャンプインから沖縄、宮崎とセ・パ6球団を8日間かけて周り、取材しました。写真は私の古巣・中日ドラゴンズの一軍キャンプ地でのもの。

■今年一番の注目は中日・柳投手、西武・菊池投手

3月30日(金)いよいよセ・パ両リーグが開幕します。

各球団、オフシーズンから選手強化、補強など様々な策をもって迎える大切なスタートの日です。僕も、春季キャンプ地の視察、オープン戦の解説などで多くの選手の状況を見させてもらいました。そこで、僕が思う今シーズンの注目球団、選手を少しだけご紹介いたします。

まずはセ・リーグから、僕の出身球団である中日ドラゴンズ。

注目は柳裕也投手です。キャンプ地で見た限り、球のキレやスピードに去年とは全く違うものを感じました。ドラゴンズの若い投手陣を背中で引っ張っていける選手だと思うので大いに期待をしたいですね。

次に注目なのは、やはり読売ジャイアンツの投手陣。

上原浩治投手の日本球界復帰は朗報でした。さらに、澤村拓一投手が抑えとして戻ってきたうえ、リリーフ陣もしっかりしている。こういうチームは強いです。加えてバッター陣にゲレーロ選手が加入し、大きな戦力となることは間違いありません。彼が一番得意とするホームランゾーン左中間、東京ドームは狭いのでうまくいけば40本塁打も期待できると注目をしています。

読売ジャイアンツのキャンプ地モニュメントの前で。新戦力の加入をはじめ、昨年足りなかった要素をうまく補強したことでチームの完成度が上がってきました。今年は十分優勝候補になるチームと言えますね!

パ・リーグの注目選手ですが、西武ライオンズの菊池雄星投手は本当に楽しみな選手です。

昨季の活躍で、今や巨人の菅野智之投手と並び、日本を代表するエースに成長してくれました。実は、ある機会に僕のチェンジアップ、スクリューを伝授したので、スクリューを投げることで更に投球の幅が広がれば、もっと上を目指すことができると思います。投手としてどこまでの高みに登れるのか、彼の今後に大きな期待をしています。

チームとして注目をしているのは楽天イーグルスです。

今、パ・リーグは福岡ソフトバンクの一強状態ですが、そんな状況を変える可能性を秘めているのが楽天イーグルスだと思います。戦力が少しずつですが確実に上がってきています。昨年は途中で息切れをしてしまいましたが、ぜひ注目をしていきたいチームです。

■プロ野球を楽しむためには、球場に行ってください!

僕たち野球解説者の「あるある」なんですが、「プロ野球を楽しむためにはどこに注目したらいいの?」という質問をよく受けます。

人それぞれ、いろいろなポイントがあると思うのですが、僕は新しいスター選手の誕生を楽しみに見ることをおすすめします。

今、日本のプロ野球界からスター選手が次々にメジャーに行ってしまいます。昨シーズンオフには大谷翔平投手もついに海を渡りました。ですが、日本の野球はWBCなどの世界的大会でも最高レベルだと証明をされています。ということは、次々に新しいスター選手が出てきているとも言えるわけです。

ですから、次に日本の球界を代表する選手がどの球団から出てくるのか、日々の戦いに注目をしてほしいと思います。そして、可能であれば、ぜひ球場へ足を運んでほしいですね。もちろん、テレビやラジオでも楽しむことはできると思いますが、球場でしか感じることができないことがたくさんあります。選手の躍動感、息遣い、球音、球場全体の一体感、もちろんヤジが飛んだりすることも醍醐味のひとつだと思います。

ファンの皆さんの声援は選手の大きな力になりますから、今シーズンはぜひ1回は球場へ足を運んでもらって、選手やチームへ応援をよろしくお願いします!

文/山本昌(やまもと・まさ)
昭和40年、神奈川県生まれ。野球解説者。32年間、中日ドラゴンズの投手として活躍し、平成27年に引退。近著に『山本昌という生き方』(小学館刊)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するい…
  2. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立…
  3. 【夕刊サライ/進藤晶子】断捨離がつなぐご近所とのネットワーク(進…
  4. 【夕刊サライ/山本昌】気持ちを整えるルーティンで強い自分を作る(…
  5. 【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」料理家・コウケン…
PAGE TOP