新着記事

最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何? クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR] 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品 今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

あなたと愛犬との絆の強さが如実にわかる「犬の行動」とは?

取材・文/わたなべあや

「人生最良の友」とも言われ、西郷隆盛など多くの歴史的人物の相棒でもあった犬ですが、太古の昔から人と犬は共生し、共に歴史を歩んできました。いわば切っても切れない仲なのです。。

ところで犬は人と強い絆で結ばれると、ある行動を取ることがわかっています。その行動とは、いったいどんな行動なのでしょう? 犬と人との信頼関係の築き方について、麻布大学獣医学部の菊水健史先生にお話を伺いました。

■犬との信頼関係を築くには

犬の飼い方の本や雑誌には、「犬と人の間に信頼関係を築こう」とか「人間がリーダーシップを取ろう」といったことがよく書かれています。しかし、言葉が通じない犬との間に信頼関係を築いたり、リーダーシップを取ったりするには何をすればよいのか、戸惑うこともありますよね。しばしば間違った行動で、人間がリーダーであることを誇示しようとする人もいます。

では、犬はどんな人に信頼を寄せ、をリーダーだと認め、親愛の情を示してくれるのでしょうか。日頃からよく犬とよく遊び、十分な食事と散歩、安心して休める場所を提供してくれる人。そういう人が、犬にとっての最良の信頼のある飼い主なのです。

逆に、十分な散歩にも行かず、あまり遊んでくれない人は、どんなに偉そうに振る舞っても、犬は信頼を寄せません。怖いなとか、嫌な人だなと思うだけなのです。

そして、犬と信頼関係を結ぶことができ、強い絆が生まれたかどうかは、犬がある行動に出るかどうかでわかります。

■アイコンタクトで絆の深さがわかる

「ボールビーの愛情理論」というのをご存知でしょうか。この理論によれば、生後6ヶ月~2歳くらいまでの幼児は、親やそれに相当する養育者に対して、「アタッチメント行動」と呼ばれる行動を取ります。それはアイコンタクトであったり、笑顔であったりするのですが、とくに多少ストレスや不安を感じる、つまり保護者を必要とする状況下にあるとそうした行動を起こしやすいことが確認されています。

私は、人と犬とでこの愛情理論に基づく実験を行いました。30人の飼い主とペットの犬を同じ室内に一定時間滞在させ、犬が人に対してどのような行動を取るのか観察したのです。すると、犬が飼い主にアイコンタクトを取るグループと、取らないグループに、はっきり分かれました。

つまり犬は、信頼関係にあって強い絆で結ばれた人にはアイコンタクトしたのです。まるでヒトの幼児のようにです。このアイコンタクトこそが、犬が人に対して愛情を示す「アタッチメント行動」なのです。

逆に、信頼関係が十分に育まれていないと、犬は人に対して自らアイコンタクトを取ろうとしませんでした。

■愛が愛をはぐくむ理想的なサイクル

親愛の情を示すアイコンタクトは、必ず「犬から人に」向けられるものであり、人から犬にアイコンタクトを取るのではありません。人は散歩中に犬の様子を確認するために、たびたび犬を見ますが、それとは違うものです。

また、犬は見知らぬ人、つまり絆が形成されていない人にはアイコンタクトを取ろうとしません。それどころか、絆が育まれていないのにアイコンタクトを取ろうとしても、威嚇と思われてしまうことすらあるのです。

犬から人に向かってアイコンタクトを取ると、その視線を感じた人の脳内には、絆形成に関わる「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。すると、それが犬にも伝わって、犬もオキシトシンを分泌します。そうして犬から人へのアイコンタクトがますます増えて、さらに絆が深まるという理想的なサイクルが循環するようになるのです。犬から人へ、人から犬へ、愛が愛を育むと言ってもいいでしょう。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 犬が変えた歴史|吉田松陰の運命を変えた横浜村の数頭の犬 犬が変えた歴史|吉田松陰の運命を変えた横浜村の数頭の犬
  2. 獣医さんが教える犬の肥満が危険な4つの理由
  3. お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬…
  4. 江戸時代の大ベストセラー|ペット飼育書から見た飼い主の意識と教養 江戸時代のペットの代表格は犬と金魚とネズミ|ペット飼育書から見た…
  5. 江戸時代の有名事件に登場した犬の糞 江戸時代の犬にまつわるスキャンダル|有名事件に登場した犬の糞
PAGE TOP