新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

あなたと愛犬との絆の強さが如実にわかる「犬の行動」とは?

取材・文/わたなべあや

「人生最良の友」とも言われ、西郷隆盛など多くの歴史的人物の相棒でもあった犬ですが、太古の昔から人と犬は共生し、共に歴史を歩んできました。いわば切っても切れない仲なのです。。

ところで犬は人と強い絆で結ばれると、ある行動を取ることがわかっています。その行動とは、いったいどんな行動なのでしょう? 犬と人との信頼関係の築き方について、麻布大学獣医学部の菊水健史先生にお話を伺いました。

■犬との信頼関係を築くには

犬の飼い方の本や雑誌には、「犬と人の間に信頼関係を築こう」とか「人間がリーダーシップを取ろう」といったことがよく書かれています。しかし、言葉が通じない犬との間に信頼関係を築いたり、リーダーシップを取ったりするには何をすればよいのか、戸惑うこともありますよね。しばしば間違った行動で、人間がリーダーであることを誇示しようとする人もいます。

では、犬はどんな人に信頼を寄せ、をリーダーだと認め、親愛の情を示してくれるのでしょうか。日頃からよく犬とよく遊び、十分な食事と散歩、安心して休める場所を提供してくれる人。そういう人が、犬にとっての最良の信頼のある飼い主なのです。

逆に、十分な散歩にも行かず、あまり遊んでくれない人は、どんなに偉そうに振る舞っても、犬は信頼を寄せません。怖いなとか、嫌な人だなと思うだけなのです。

そして、犬と信頼関係を結ぶことができ、強い絆が生まれたかどうかは、犬がある行動に出るかどうかでわかります。

■アイコンタクトで絆の深さがわかる

「ボールビーの愛情理論」というのをご存知でしょうか。この理論によれば、生後6ヶ月~2歳くらいまでの幼児は、親やそれに相当する養育者に対して、「アタッチメント行動」と呼ばれる行動を取ります。それはアイコンタクトであったり、笑顔であったりするのですが、とくに多少ストレスや不安を感じる、つまり保護者を必要とする状況下にあるとそうした行動を起こしやすいことが確認されています。

私は、人と犬とでこの愛情理論に基づく実験を行いました。30人の飼い主とペットの犬を同じ室内に一定時間滞在させ、犬が人に対してどのような行動を取るのか観察したのです。すると、犬が飼い主にアイコンタクトを取るグループと、取らないグループに、はっきり分かれました。

つまり犬は、信頼関係にあって強い絆で結ばれた人にはアイコンタクトしたのです。まるでヒトの幼児のようにです。このアイコンタクトこそが、犬が人に対して愛情を示す「アタッチメント行動」なのです。

逆に、信頼関係が十分に育まれていないと、犬は人に対して自らアイコンタクトを取ろうとしませんでした。

■愛が愛をはぐくむ理想的なサイクル

親愛の情を示すアイコンタクトは、必ず「犬から人に」向けられるものであり、人から犬にアイコンタクトを取るのではありません。人は散歩中に犬の様子を確認するために、たびたび犬を見ますが、それとは違うものです。

また、犬は見知らぬ人、つまり絆が形成されていない人にはアイコンタクトを取ろうとしません。それどころか、絆が育まれていないのにアイコンタクトを取ろうとしても、威嚇と思われてしまうことすらあるのです。

犬から人に向かってアイコンタクトを取ると、その視線を感じた人の脳内には、絆形成に関わる「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。すると、それが犬にも伝わって、犬もオキシトシンを分泌します。そうして犬から人へのアイコンタクトがますます増えて、さらに絆が深まるという理想的なサイクルが循環するようになるのです。犬から人へ、人から犬へ、愛が愛を育むと言ってもいいでしょう。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ペットのノミ・マダニ対策、獣医さんに聞いたベストな方法とは?
  2. 盲導犬について知っておきたいいくつかの大切なこと
  3. 安産の象徴となっている犬のお産は、本当に安産なのか?
  4. 獣医さんが教える「譲渡犬」を飼うことの5つの良い点
  5. 獣医さんが教える「譲渡犬」をわが家に迎える際のポイント
PAGE TOP