新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

えっ1日1万歩は逆効果!? 健康維持には「8000歩、20分」のウォーキングがいい

取材・文/鈴木拓也

「万歩計」というウォーキンググッズがあるように、1日に1万歩のウォーキングをすることが健康維持に必要と考えている人は多い。

しかし、これは効果が薄いばかりでなく、むしろ健康を損なうこともあるという意外な事実が、群馬県中之条町の65歳以上の住民(約5,000人)を対象とした15年にわたる調査で判明している。

このいわゆる「中之条研究」を主導した青柳幸利医学博士によれば、1日のベストの歩数は8,000歩で、そのうち20分は「中強度」の歩き方をすることだという。

ここでいう「中強度」とは、歌は歌えないが、なんとか会話が可能な程度に息が上がったペース。これを定期的にやるのだ。といっても毎日でなくともOKで、適度にさぼりながらでも続けることで、健康によい効果が現れてくる。ただし、目分量で歩数や運動量を出すのは避け、身体活動計を使ってきちんと計測するのがコツという。

またこの「8,000歩、20分」は75歳未満を対象とした話であり、75歳以上の人であれば「5,000歩、7分半」が推奨する運動レベル。無理をしないことが、健康寿命を伸ばす秘訣となる。

「8,000歩、20分」という数字と同じくらい大事なのが、正しいフォームで歩くこと。ウォーキングコーチとして何冊もの関連著作を出している青山剛氏によると、ウォーキングをしている人のほとんどが、間違った歩き方をしているという。

青山氏の著作『医者に「歩きなさい」と言われたら読む本』では、正しいウォーキングのポイントは、「ひじを後ろに大きく引く」、「脚を身体の真下に着地するように意識する」のたった2点だという。これさえ遵守できれば、ウォーキングの基本はOKだ。

膝が固まっていたり、背中が丸く猫背気味だったりなど、身体的な問題で正しいフォームをとるのが難しい人向けの対処法も説明されているので、一読をすすめたい。

現代において、健康によい運動法とされるものは数え切れないほどあるが、ウォーキングほど簡単で、器械もお金もかからない運動法はそうない。しかも効果は専門家のお墨付きで、健康寿命も延ばせるとあれば、やらない手はないだろう。

春が本番を迎えるこれからの時期、「8,000歩、20分」ウォーキングを習慣づけてはいかがだろう?

【参考書籍】
『一日一万歩はやめなさい!』
(青柳幸利/廣済堂出版)
http://www.kosaido-pub.co.jp/new/post_2305.html

『医者に「歩きなさい」と言われたら読む本』
(青山剛著、山本雅人監修/池田書店)
http://www.ikedashoten.co.jp/book-details.php?isbn=978-4-262-16557-8

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント
  2. ストレスで「感情の便秘」に陥りがちな人の5大特徴【名医に聞く健康…
  3. 怒りは万病の元!怒りをコントロールして長生きする処方箋4つ
  4. 高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つ
  5. 抗がん剤研究の権威がすすめる「最強の野菜スープ」の作り方
PAGE TOP