新着記事

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライプレミアム倶楽部

【資生堂「アウスレーゼ」×サライ】「生ジャズの夕べ」を大阪&東京で開催しました

文・撮影/小坂眞吾(サライ編集長)

『サライ.jp』でもお知らせした、資生堂「アウスレーゼ」とサライ本誌との合同イベント「一期一会~生ジャズの夕べ」を、大阪と東京で開催しました。

まず6月10日(土)の夜は大阪での開催。会場は、関西を代表するジャズクラブの老舗『ロイヤルホース』(梅田)でした。

来場者は「サライプレミアム倶楽部」からの当選者を含む47名。唐口一之さん(トランペット)率いるクインテット(テナーサックス、ピアノ、ベース、ドラムス)が、『チュニジアの夜』をはじめとするモダンジャズのスタンダードを演奏しました。

管楽器2本なので熱い演奏ばかりかと思いきや、ディズニーの名曲『いつか王子様が』では、トランペットにミュート(消音器)を付けた唐口さんの、超繊細なプレイが、心の琴線をたっぷり震わせてくれました。

演奏の合間のトークショーでは、本誌編集長の私・小坂も末席に連なり、唐口さん、ジャズ評論家の村井康司さんと楽しくおしゃべりさせていただきました。

そして6月18日(日)の午後は東京での開催。1974年開店というこれまた老舗、表参道の『Body and Soul』に、35名の方にご来場いただきました。演奏は西山瞳さん率いるピアノトリオ。大阪の2管編成とはがらりと変わり、しっとり心に染みるライブとなりました。

スタンダード曲はもちろん、西山さんの自作曲、西山さんがお好きなヘヴィメタルのアレンジなど、広いレパートリーをジャズとして違和感なく聴かせてしまうのはさすがです。

両会場とも、ご来場の皆さんにはお土産として「アウスレーゼ トロッケン オーデコロン」をお持ち帰りいただきました。「トロッケン」は、オリジナルのアウスレーゼとは異なる、シトラス系の爽やかな香りが特長。お出かけの際にシュッと一吹き、ご愛用いただければ幸いです。

『サライ.jp』では今後もさまざまなイベントに、「サライプレミアム倶楽部」会員の皆様をご招待します。まだの方は、この機会にぜひご登録を!

※サライ読者の会員組織「サライプレミアム倶楽部」会員登録(無料)は下記より!
↓↓↓
https://serai.jp/club

サライプレミアム倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・…
  2. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
  3. 時代とともに変わりゆくジャズがなぜ魅力的なのか【ジャズ・ヴォーカ…
  4. 【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』…
  5. ジャズ文脈から考えたビートルズの音楽の魅力とは【ジャズ・ヴォーカ…
PAGE TOP