新着記事

ショパンのバラードの偉大さを雄弁に伝えるアンスネスの名演【林田直樹の音盤ナビ】 忠臣蔵 年末の定番映画といえばこれ!『忠臣蔵』【面白すぎる日本映画 第25回】 えっ、あの人が銀行員!?|前職が意外な芸能人ランキング 手塚雄二・朝めし自慢1 【朝めし自慢】手塚雄二さん(日本画家・65歳)「糖質を抑えた献立で、20年来、体型は変わりません」 飛騨高山の燻製工房「キュルノンチュエ」のソーセージ&パテ【サライのお取り寄せ】 修行コースに参加せず、境内で自主的に瞑想にチャレンジしても構わない。 タイの古刹「ワット・ラムプーン」で瞑想修行!|「歩く瞑想」「坐る瞑想」で心のクリーニング 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? ヘルニア・狭窄症 ストレッチで改善する座った時の痛みやしびれ ヘルニア・狭窄症|ストレッチで改善する座っている時の痛みやしびれ【川口陽海の腰痛改善教室 第8回】 はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライプレミアム倶楽部

【資生堂「アウスレーゼ」×サライ】「生ジャズの夕べ」を大阪&東京で開催しました

文・撮影/小坂眞吾(サライ編集長)

『サライ.jp』でもお知らせした、資生堂「アウスレーゼ」とサライ本誌との合同イベント「一期一会~生ジャズの夕べ」を、大阪と東京で開催しました。

まず6月10日(土)の夜は大阪での開催。会場は、関西を代表するジャズクラブの老舗『ロイヤルホース』(梅田)でした。

来場者は「サライプレミアム倶楽部」からの当選者を含む47名。唐口一之さん(トランペット)率いるクインテット(テナーサックス、ピアノ、ベース、ドラムス)が、『チュニジアの夜』をはじめとするモダンジャズのスタンダードを演奏しました。

管楽器2本なので熱い演奏ばかりかと思いきや、ディズニーの名曲『いつか王子様が』では、トランペットにミュート(消音器)を付けた唐口さんの、超繊細なプレイが、心の琴線をたっぷり震わせてくれました。

演奏の合間のトークショーでは、本誌編集長の私・小坂も末席に連なり、唐口さん、ジャズ評論家の村井康司さんと楽しくおしゃべりさせていただきました。

そして6月18日(日)の午後は東京での開催。1974年開店というこれまた老舗、表参道の『Body and Soul』に、35名の方にご来場いただきました。演奏は西山瞳さん率いるピアノトリオ。大阪の2管編成とはがらりと変わり、しっとり心に染みるライブとなりました。

スタンダード曲はもちろん、西山さんの自作曲、西山さんがお好きなヘヴィメタルのアレンジなど、広いレパートリーをジャズとして違和感なく聴かせてしまうのはさすがです。

両会場とも、ご来場の皆さんにはお土産として「アウスレーゼ トロッケン オーデコロン」をお持ち帰りいただきました。「トロッケン」は、オリジナルのアウスレーゼとは異なる、シトラス系の爽やかな香りが特長。お出かけの際にシュッと一吹き、ご愛用いただければ幸いです。

『サライ.jp』では今後もさまざまなイベントに、「サライプレミアム倶楽部」会員の皆様をご招待します。まだの方は、この機会にぜひご登録を!

※サライ読者の会員組織「サライプレミアム倶楽部」会員登録(無料)は下記より!
↓↓↓
https://serai.jp/club

サライプレミアム倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人…
  2. 新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦 人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で…
  3. JAZZ界の重鎮・後藤雅洋さんがポール・マッカートニーの東京ドー…
  4. 来日中のポール・マッカートニーに「JAZZ専念アルバム」があった…
  5. ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由
PAGE TOP