新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

コルマール|アルザスの美しき花の街に白ワインと美味を訪ねる

コルマールのプティット・ベニス

取材・文/鳥海美奈子

フランスの北東部、ライン川をはさんでドイツとの国境近くに位置するアルザス地方。木の骨組みと漆喰でできたこの地方特有の家並みは、ドイツの影響を色濃く受けています。地理的にも文化的にも、独仏のあいだで揺れ動いた歴史を感じられる地方です。

アルザス地方観光局ウェブサイトより引用

このアルザス地方の観光の中心地が、コルマールという街です。この地方ではめずらしく戦火を逃れたので、中世からルネッサンス時代にかけての古い街並みがいまなお残存しています。

なかでもプティット・ベニス(小ベニス)と呼ばれる一帯は風情に満ち、その名のとおりイタリアのベニスを想起させる運河が美しく、観光客には人気の散策スポットです。

そんな趣ある景観をいっそう引き立てているのが、民家の窓辺や庭に飾られた、ゼラニウムなどの美しい花々です。フランスでは毎年、全国から1万以上の町が参加する「花のまちコンクール」があり、コルマールはもちろんエギスハイム、リボーヴィレ、カイゼルスベルグなどが、その最高ランクの4つ星を獲得しています。

またアルザス地方は、リースリングやピノ・グリなど、フルーティーな白ワインを多々産出しています。コルマールはぶどう畑からもほど近く、ワイン生産者のカーヴを訪問する起点としても便利です。

コルマールの街中には、日本でも人気の高い「ドメーヌ・マルク・テンペ」が運営するワインショップ『ソムリエ』があり、彼のワインは当然のこと、厳選されたナチュラルワインを購入することができます。

山中に位置する小さな村ニーデルモルシュヴィルも、近年とても話題のスポットです。ジャムで有名な『クリスティーヌ・フェルベール』のショップがあるからです。

地元の果物や野菜を使った風味豊かなジャムを求めて、日本はもちろん世界から観光客が押し寄せています。

アルザスは美食の街でもあります。ソーセージやハム、酢漬けキャベツを煮込んだシュークルートの他にも、パンのブリオッシュ生地を専用の型で焼いたクグロフ、クリーミーで個性の強いフロマージュ(チーズ)のマンステールなども特産です。

美しい旧市街の町並みを散策し、ワインと美食に舌鼓を打つ。そんなアルザス地方を旅の目的地のひとつに考えてみてはいかがでしょうか。

【フランス・アルザス地方の観光情報】
※ アルザス地方観光局ウェブサイト
https://www.tourisme-alsace.com/jp

取材・文/鳥海美奈子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人 一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  3. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  4. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  5. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
PAGE TOP