新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

コルマール|アルザスの美しき花の街に白ワインと美味を訪ねる

コルマールのプティット・ベニス

取材・文/鳥海美奈子

フランスの北東部、ライン川をはさんでドイツとの国境近くに位置するアルザス地方。木の骨組みと漆喰でできたこの地方特有の家並みは、ドイツの影響を色濃く受けています。地理的にも文化的にも、独仏のあいだで揺れ動いた歴史を感じられる地方です。

アルザス地方観光局ウェブサイトより引用

このアルザス地方の観光の中心地が、コルマールという街です。この地方ではめずらしく戦火を逃れたので、中世からルネッサンス時代にかけての古い街並みがいまなお残存しています。

なかでもプティット・ベニス(小ベニス)と呼ばれる一帯は風情に満ち、その名のとおりイタリアのベニスを想起させる運河が美しく、観光客には人気の散策スポットです。

そんな趣ある景観をいっそう引き立てているのが、民家の窓辺や庭に飾られた、ゼラニウムなどの美しい花々です。フランスでは毎年、全国から1万以上の町が参加する「花のまちコンクール」があり、コルマールはもちろんエギスハイム、リボーヴィレ、カイゼルスベルグなどが、その最高ランクの4つ星を獲得しています。

またアルザス地方は、リースリングやピノ・グリなど、フルーティーな白ワインを多々産出しています。コルマールはぶどう畑からもほど近く、ワイン生産者のカーヴを訪問する起点としても便利です。

コルマールの街中には、日本でも人気の高い「ドメーヌ・マルク・テンペ」が運営するワインショップ『ソムリエ』があり、彼のワインは当然のこと、厳選されたナチュラルワインを購入することができます。

山中に位置する小さな村ニーデルモルシュヴィルも、近年とても話題のスポットです。ジャムで有名な『クリスティーヌ・フェルベール』のショップがあるからです。

地元の果物や野菜を使った風味豊かなジャムを求めて、日本はもちろん世界から観光客が押し寄せています。

アルザスは美食の街でもあります。ソーセージやハム、酢漬けキャベツを煮込んだシュークルートの他にも、パンのブリオッシュ生地を専用の型で焼いたクグロフ、クリーミーで個性の強いフロマージュ(チーズ)のマンステールなども特産です。

美しい旧市街の町並みを散策し、ワインと美食に舌鼓を打つ。そんなアルザス地方を旅の目的地のひとつに考えてみてはいかがでしょうか。

【フランス・アルザス地方の観光情報】
※ アルザス地方観光局ウェブサイト
https://www.tourisme-alsace.com/jp

取材・文/鳥海美奈子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  3. 本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人 一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人
  4. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  5. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
PAGE TOP