新着記事

最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何? クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR] 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品 今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

コルマール|アルザスの美しき花の街に白ワインと美味を訪ねる

コルマールのプティット・ベニス

取材・文/鳥海美奈子

フランスの北東部、ライン川をはさんでドイツとの国境近くに位置するアルザス地方。木の骨組みと漆喰でできたこの地方特有の家並みは、ドイツの影響を色濃く受けています。地理的にも文化的にも、独仏のあいだで揺れ動いた歴史を感じられる地方です。

アルザス地方観光局ウェブサイトより引用

このアルザス地方の観光の中心地が、コルマールという街です。この地方ではめずらしく戦火を逃れたので、中世からルネッサンス時代にかけての古い街並みがいまなお残存しています。

なかでもプティット・ベニス(小ベニス)と呼ばれる一帯は風情に満ち、その名のとおりイタリアのベニスを想起させる運河が美しく、観光客には人気の散策スポットです。

そんな趣ある景観をいっそう引き立てているのが、民家の窓辺や庭に飾られた、ゼラニウムなどの美しい花々です。フランスでは毎年、全国から1万以上の町が参加する「花のまちコンクール」があり、コルマールはもちろんエギスハイム、リボーヴィレ、カイゼルスベルグなどが、その最高ランクの4つ星を獲得しています。

またアルザス地方は、リースリングやピノ・グリなど、フルーティーな白ワインを多々産出しています。コルマールはぶどう畑からもほど近く、ワイン生産者のカーヴを訪問する起点としても便利です。

コルマールの街中には、日本でも人気の高い「ドメーヌ・マルク・テンペ」が運営するワインショップ『ソムリエ』があり、彼のワインは当然のこと、厳選されたナチュラルワインを購入することができます。

山中に位置する小さな村ニーデルモルシュヴィルも、近年とても話題のスポットです。ジャムで有名な『クリスティーヌ・フェルベール』のショップがあるからです。

地元の果物や野菜を使った風味豊かなジャムを求めて、日本はもちろん世界から観光客が押し寄せています。

アルザスは美食の街でもあります。ソーセージやハム、酢漬けキャベツを煮込んだシュークルートの他にも、パンのブリオッシュ生地を専用の型で焼いたクグロフ、クリーミーで個性の強いフロマージュ(チーズ)のマンステールなども特産です。

美しい旧市街の町並みを散策し、ワインと美食に舌鼓を打つ。そんなアルザス地方を旅の目的地のひとつに考えてみてはいかがでしょうか。

【フランス・アルザス地方の観光情報】
※ アルザス地方観光局ウェブサイト
https://www.tourisme-alsace.com/jp

取材・文/鳥海美奈子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭り…
  2. 見た目のインパクトが大きい子豚の丸焼き・レチョン 世界中の美食家がフィリピンに注目!|「マニラガストロノミー」を体…
  3. 多くの観光客で賑わうコルコバードの丘のキリスト像 新・世界七不思議に選ばれたリオデジャネイロのシンボル|「コルコバ…
  4. メスカルのお伴はライムではなくオレンジ。そこにチリパウダーを混ぜた塩と乾燥させたグサノ(イモムシ)があれば完璧だ。 アメリカで大人気の「メスカル」、神の酒「プルケ」、メキシコワイン…
  5. 「ザ・ガン号」その2 豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア…
PAGE TOP