新着記事

ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力を入れずに楽にカット

斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸

美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎藤道三・稲葉山城に戦国の悲哀を想う【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その2~

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その1~

生前・遺品整理|しっかり話合いできていますか? 後回しにすると大変な目に…!?

心配な親の孤独死。生前・遺品整理を相談していないと大変なことに…⁉

腰椎疾患のプロが教える、脊柱管狭窄症を自分で治すセルフケア

人気整体師・白井天道が教える「脊柱管狭窄症を自分で治す」ストレッチ

masa2さんによる写真ACからの写真

親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今――三たび扉は開いた

2020年 猫の寄生虫対策に関する最新調査

猫も「フィラリア症」に感染する! 完全室内飼育でも予防は必要⁉

思春期はなぜいらだつのか【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

思春期のお孫さんのいらだちは順調に育っている証です【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

落城間近の大阪城から救出!知多半島に残る「ある屏風」に隠された驚くべきメッセージ

愛知県南知多町の延命寺。知多半島の深奥部にあるが、かつては海運の要衝として栄えた。

愛知県南知多町の延命寺。知多半島の深奥部にあるが、かつては海運の要衝として栄えた。

慶長20年(1615)の「大坂夏の陣」では、真田信繁(さなだ・のぶしげ)ら豊臣方の武将たちの奮闘もむなしく、豊臣秀吉が築いた希代の名城・大坂城は灰燼に帰した。そして、太閤秀吉の忘れ形見である豊臣秀頼は、秀吉の権勢の象徴であった多くの財宝とともに、業火に包まれながら自刃した。

落城した大坂城は、徳川時代に再建された後、時代は下って昭和6年の復興工事を経て、現在の「大阪城天守閣」の姿となっている。城内は博物館として営業され、今年はNHK大河ドラマ『真田丸』の影響もあって、例年になく多くの観光客で賑わっているという。

だが、その一方で……。

落城間近の秀吉の大坂城から、危機一髪で持ちだされたとされるお宝を、今も大切に所蔵している古刹がある。知多半島の深奥部、南知多町の師崎港の近くにある「亀翁山 延命寺」である。永禄元年(1558)開基の同寺院には、観光客で賑わう大坂城とは対照的に、訪れる人はあまり多くはない。

この寺院に所蔵される大坂城由来のお宝こそ、「洛中洛外図屏風」だ。

寺伝によれば、この屏風は、大坂の陣の際に大坂城から持ちだされ、城内から逃れた姫君らとともに、豊臣方の御座船にあったという。その御座船を襲ったのが、知多半島の水軍の将・稲生重政。姫君と屏風は稲生重政に捕えられ、尾張藩船奉行を通じて、延命寺にもたらされたのだという。

大坂城から脱出したお宝、洛中洛外図屏風に見入る安部龍太郎氏。

大坂城から脱出したお宝、洛中洛外図屏風に見入る安部龍太郎氏。

『等伯』で直木賞を受賞した歴史作家・安部龍太郎氏と、三重大学教授で戦国史に詳しい歴史学者の藤田達生氏が、通常は非公開のこの屏風を取材・調査した。紙本金地着色、六曲一双の屏風は、左隻、右隻ともに154、5㎝×355㎝と豪華な設えであり、両氏は緊張の面持ちで、屏風に見入った。

大天守を中心に詳細に描かれる二条城、御所に献上品を運ぶ外国人、祇園まつりの祭礼や方広寺大仏殿(慶長7年に消失)など、当時の京都の街並みが描かれているが、さらに詳しく見ると、不思議なことに、徳川家康が滞在した伏見城が描かれていない。

この屏風が描かれた意図は、いったいどういうものだったのか……。その謎に挑んだ藤田達生氏は、屏風を詳細に分析し、ついに描かれた時期を特定した。そしてこの屏風には、豊臣方の「公武一統」「天下泰平」の思いが込められていると分析するに至った。

※この屏風調査の詳細は、安部氏と藤田氏がこのたび上梓した書籍『半島をゆく 信長と戦国興亡編』(小学館)で紹介されている。

400年の時空をこえて豊臣方の「平和への希求」を伝える貴重な屏風が、知多半島の深奥部に眠っているという事実は、かつて栄えたこの半島が、明治以降の陸上交通の発達によって取り残されたという現実をも、我々に知らせてくれるのである。

文/編集部

【参考図書】
『サライ』本誌の大好評連載が待望の単行本化!
『半島をゆく 信長と戦国興亡編』(小学館)
著/安部 龍太郎、藤田 達生

41aqucL9trL._SX333_BO1,204,203,200_

『半島をゆく 信長と戦国興亡編』 1500円+税

「半島は陸のどんづまりだけども、海の玄関口でもある」――。明治に鉄道が開通するまで、わが国の物流を担っていたのは海運だった。物流の集積地である半島の港には、物があふれ、人々が集い、あらゆる情報が飛び交った。 だからこそ、歴史は半島で動いた。

信長が初めて鉄砲を使用した桶狭間6年前の合戦(知多半島)、鑑真やザビエルが上陸した世界に開けた港(薩摩半島)、戦国屈指の山城を擁した城下町(能登半島)、本能寺の変の司令塔が置かれた「鞆幕府」(沼隈半島)、頼朝、早雲、江川英龍と歴史を転換させた韮山の地(伊豆半島)、信長の天下統一戦線を水軍で支えた九鬼一族(志摩半島)など、直木賞作家・安部龍太郎氏と歴史学者の藤田達生氏が日本各地の「半島」を訪ね歩き、海と陸の接点から日本史を捉え直す。

>>詳しくはこちらをご覧ください。

【安部龍太郎氏トーク&サイン会のお知らせ】
日時/2016年12月14日 (水) 19時00分~(開場:18時30分)
会場/八重洲ブックセンター本店 8F ギャラリー
http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/10853/

「謎解き歴史紀行」の記事一覧はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 中浦ジュリアン フロイスとジュリアン、長崎県西海市内で見たふたつの像【半島をゆく…
  2. (スケッチと実写の八の子島) 船上から見た八の子島。山頂の十字架が往時の雰囲気を醸し出す。 佐世保湾に浮かぶ十字架を頂いた神秘の小島をスケッチ【半島をゆく …
  3. 本丸跡にたつ天草四郎像。 天草・島原のキリシタン一揆はなぜ原古城に籠もったのか?【半島をゆ…
  4. 横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。 なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく …
  5. イエズス会の巡察使として来日したヴァリニャーノ(南島原市口之津公園にある銅像) 「バテレン追放」|日本の植民地化危機を救った秀吉の決断【半島をゆ…
PAGE TOP