新着記事

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山本益博の「私のお気に入り」133】

映画「TSUKIJI WONDERLAND」のチラシ。

映画『TSUKIJI WONDERLAND』のチラシ。

今年の11月に約80年の歴史を閉じることになる「築地市場」。そのドキュメンタリー映画が完成しました。題して『TSUKIJI WONDERLAND』(築地ワンダーランド)。

いまや、築地市場は「TSUKIJI」と呼ばれて、世界中から東京へやってくる観光客の一番の名所になっています。完成した映画は、その「築地」の歴史をたどりながら、市場の24時間をくまなく追いかけています。

まぐろの「藤田」を訪ねる「noma」のレネ・レゼピシェフと案内する「次郎」の小野禎一さん。

まぐろ卸の『藤田』を訪ねた『noma』のレネ・レゼピシェフと、案内する『すきやばし次郎』の小野禎一さん。『noma』はデンマーク・コペンハーゲンにある世界最高峰のレストラン。

「藤田」のまぐろ。

『藤田』のまぐろ。

「築地市場」は「場内」と「場外」の二つに分かれていますが、いわゆる仲卸の店が軒を並べる「場内」に出かけ、歩いているうちに気が付くのは、夏でも魚の匂いもしなければ、蝿すら一匹もいないこと。鮮度の高い魚が、その質を落とすことなく管理されていて、信じられないほどに清潔なのです。

これは、「魚を生で食べることが第一」という日本の魚文化が生み出したものにほかなりません。

東京に住んでいながら、いまだ築地を訪れたことがない方は、ぜひとも市場が豊洲に移転してしまう前に、訪れてみることをお薦めします。

それが叶わぬ人は、これから公開される映画『TSUKIJI WONDERLAND』をぜひご覧になってください。銀座から歩いても10分で行ける場所に、東京の台所にして、東京人の胃袋を支えてきた不思議な世界があることを発見するに違いありません。

「築地」が、“世界一の魚市場”というより、“世界で唯一の魚市場”であることを知ることになるはずです。

※同映画は10月1日に築地・東劇で先行公開され、10月15日より全国ロードショーされます。

映画『TSUKIJI WONDERLAND』(築地ワンダーランド)
監督・脚本・編集:遠藤尚太郎
製作・配給:松竹メディア事業部
※映画の公式サイトはこちら

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
甘く溶ける旬のあじ!四谷「後楽寿司やす秀(みつ)」のあじの握り
出汁の真髄に出会う!富山『御料理ふじ居』の「白えびのしんじょ椀」
名物カツレツと並ぶ傑作!上野『ぽん多 本家』のポークソテー
山本益博の「私のお気に入り」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 移転前に味わっておきたい!料理人も太鼓判押す「築地市場内の美味処…
  2. 今年こそ最後の年の瀬!? サライが選んだ築地場外「おみやげの逸品…
  3. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  4. とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山…
  5. 並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【…
PAGE TOP