新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山本益博の「私のお気に入り」133】

映画「TSUKIJI WONDERLAND」のチラシ。

映画『TSUKIJI WONDERLAND』のチラシ。

今年の11月に約80年の歴史を閉じることになる「築地市場」。そのドキュメンタリー映画が完成しました。題して『TSUKIJI WONDERLAND』(築地ワンダーランド)。

いまや、築地市場は「TSUKIJI」と呼ばれて、世界中から東京へやってくる観光客の一番の名所になっています。完成した映画は、その「築地」の歴史をたどりながら、市場の24時間をくまなく追いかけています。

まぐろの「藤田」を訪ねる「noma」のレネ・レゼピシェフと案内する「次郎」の小野禎一さん。

まぐろ卸の『藤田』を訪ねた『noma』のレネ・レゼピシェフと、案内する『すきやばし次郎』の小野禎一さん。『noma』はデンマーク・コペンハーゲンにある世界最高峰のレストラン。

「藤田」のまぐろ。

『藤田』のまぐろ。

「築地市場」は「場内」と「場外」の二つに分かれていますが、いわゆる仲卸の店が軒を並べる「場内」に出かけ、歩いているうちに気が付くのは、夏でも魚の匂いもしなければ、蝿すら一匹もいないこと。鮮度の高い魚が、その質を落とすことなく管理されていて、信じられないほどに清潔なのです。

これは、「魚を生で食べることが第一」という日本の魚文化が生み出したものにほかなりません。

東京に住んでいながら、いまだ築地を訪れたことがない方は、ぜひとも市場が豊洲に移転してしまう前に、訪れてみることをお薦めします。

それが叶わぬ人は、これから公開される映画『TSUKIJI WONDERLAND』をぜひご覧になってください。銀座から歩いても10分で行ける場所に、東京の台所にして、東京人の胃袋を支えてきた不思議な世界があることを発見するに違いありません。

「築地」が、“世界一の魚市場”というより、“世界で唯一の魚市場”であることを知ることになるはずです。

※同映画は10月1日に築地・東劇で先行公開され、10月15日より全国ロードショーされます。

映画『TSUKIJI WONDERLAND』(築地ワンダーランド)
監督・脚本・編集:遠藤尚太郎
製作・配給:松竹メディア事業部
※映画の公式サイトはこちら

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
甘く溶ける旬のあじ!四谷「後楽寿司やす秀(みつ)」のあじの握り
出汁の真髄に出会う!富山『御料理ふじ居』の「白えびのしんじょ椀」
名物カツレツと並ぶ傑作!上野『ぽん多 本家』のポークソテー
山本益博の「私のお気に入り」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 移転前に味わっておきたい!料理人も太鼓判押す「築地市場内の美味処…
  2. 今年こそ最後の年の瀬!? サライが選んだ築地場外「おみやげの逸品…
  3. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  4. とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山…
  5. 並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【…
PAGE TOP