新着記事

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山本益博の「私のお気に入り」133】

映画「TSUKIJI WONDERLAND」のチラシ。

映画『TSUKIJI WONDERLAND』のチラシ。

今年の11月に約80年の歴史を閉じることになる「築地市場」。そのドキュメンタリー映画が完成しました。題して『TSUKIJI WONDERLAND』(築地ワンダーランド)。

いまや、築地市場は「TSUKIJI」と呼ばれて、世界中から東京へやってくる観光客の一番の名所になっています。完成した映画は、その「築地」の歴史をたどりながら、市場の24時間をくまなく追いかけています。

まぐろの「藤田」を訪ねる「noma」のレネ・レゼピシェフと案内する「次郎」の小野禎一さん。

まぐろ卸の『藤田』を訪ねた『noma』のレネ・レゼピシェフと、案内する『すきやばし次郎』の小野禎一さん。『noma』はデンマーク・コペンハーゲンにある世界最高峰のレストラン。

「藤田」のまぐろ。

『藤田』のまぐろ。

「築地市場」は「場内」と「場外」の二つに分かれていますが、いわゆる仲卸の店が軒を並べる「場内」に出かけ、歩いているうちに気が付くのは、夏でも魚の匂いもしなければ、蝿すら一匹もいないこと。鮮度の高い魚が、その質を落とすことなく管理されていて、信じられないほどに清潔なのです。

これは、「魚を生で食べることが第一」という日本の魚文化が生み出したものにほかなりません。

東京に住んでいながら、いまだ築地を訪れたことがない方は、ぜひとも市場が豊洲に移転してしまう前に、訪れてみることをお薦めします。

それが叶わぬ人は、これから公開される映画『TSUKIJI WONDERLAND』をぜひご覧になってください。銀座から歩いても10分で行ける場所に、東京の台所にして、東京人の胃袋を支えてきた不思議な世界があることを発見するに違いありません。

「築地」が、“世界一の魚市場”というより、“世界で唯一の魚市場”であることを知ることになるはずです。

※同映画は10月1日に築地・東劇で先行公開され、10月15日より全国ロードショーされます。

映画『TSUKIJI WONDERLAND』(築地ワンダーランド)
監督・脚本・編集:遠藤尚太郎
製作・配給:松竹メディア事業部
※映画の公式サイトはこちら

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
甘く溶ける旬のあじ!四谷「後楽寿司やす秀(みつ)」のあじの握り
出汁の真髄に出会う!富山『御料理ふじ居』の「白えびのしんじょ椀」
名物カツレツと並ぶ傑作!上野『ぽん多 本家』のポークソテー
山本益博の「私のお気に入り」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 移転前に味わっておきたい!料理人も太鼓判押す「築地市場内の美味処…
  2. 今年こそ最後の年の瀬!? サライが選んだ築地場外「おみやげの逸品…
  3. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  4. とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山…
  5. 並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【…
PAGE TOP