新着記事

顔剃りのプロ・浅野茂喜さんが教える「正しいうぶ毛剃り」の方法

なんと!サブスクの弱点を補完する電子書籍を私、池上信次が作ってしまいました。プレイリストと連動した「ライナー・ノーツ」的電子書籍が、こちら。『MILES DAVIS絶対名曲20 ~プレイリスト・ウイズ・ライナーノーツ001』

今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山本益博の「私のお気に入り」132】

上かつ。

上かつ。

私はフェイスブックで「東京とんかつ会議」を毎月隔週でアップしています。3人の仲間と東京のとんかつを食べ歩き、それぞれに評価するというガイドで、すでに97回を数えています。

その中で十指に入れたいとんかつ専門店の1軒が荻窪にある「たつみ亭」です。

たつみ亭;店構え_n

昼は1,000円ほどのランチでとんかつ定食がいただけるのですが、私の一番のお気に入りは300gほどのボリュームがある「上かつ」です。これを一人でペロリと平らげる若者もいますが、私はいつも人と連れ立って出かけたときにいただきます。

大きなかつなので、揚げる時間も20分以上かかります。そこで、まず、ポテトサラダと串カツを注文し、ビールを飲みながらいただきます。「上かつ」の前菜と言ったところです。

ポテトサラダも串カツもひと味違う出来栄えで、「上かつ」の期待がいやがうえにも高まります。

ポテトサラダ。

ポテトサラダ。

串カツ。

串カツ。

いよいよ「上かつ」の登場。肉質はジューシーで甘く、香ばしく揚がった衣と見事なマッチングを見せてくれます。頬張れば、とんかつの醍醐味、ここに極まれりと言った感じです。

「とんかつ」が和食である以上、御飯、味噌汁、お新香がとても大切です。ご主人が新潟出身ということもあって、御飯の美味しさはピカ一です。

東京浅草生まれで下町育ちの私は、美味しいとんかつを食べるたびに、少年時代を思い出します。68歳になっても「熱烈とんかつ少年」の心意気と情熱的な胃袋は変わりません。

【たつみ亭】
住所/杉並区上荻1-10-4
電話/03-3391-7812
営業時間/11:30~14:30 17:00~21:00(売り切れ次第閉店)
定休日/不定休

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
甘く溶ける旬のあじ!四谷「後楽寿司やす秀(みつ)」のあじの握り
出汁の真髄に出会う!富山『御料理ふじ居』の「白えびのしんじょ椀」
名物カツレツと並ぶ傑作!上野『ぽん多 本家』のポークソテー
山本益博の「私のお気に入り」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  2. まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山…
  3. 並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【…
  4. 名店の味を継承!日本橋人形町『そよいち』のビーフかつれつ【山本益…
  5. じっくり焼き上げた鮎がビールに合う!元麻布『かんだ』の「鮎の塩焼…
PAGE TOP