新着記事

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年、日本人の不安1位は?

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

アゴをリラックスさせて魅力的な声に

顎をリラックスさせて魅力的な声に!|よく響く落ち着いた声で話す方法

MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。

“イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲学を巡る風景〜[PR]

仕事ができる男=気遣いができる男!? “できる男”に共通する特徴とは?

肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

鴨鍋

一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦と鴨鍋を銀座で味わい尽くす[PR]

ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』

真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道35】

「人間のできることの容量」は決まっている。【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

「人間のできることの容量」は決まっている。そう思っていれば人間関係はうまくいきます【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

出汁の真髄に出会う!富山『御料理ふじ居』の「白えびのしんじょ椀」【私のお気に入り123】

御料理ふじ居の藤井寛徳さん。

御料理ふじ居の藤井寛徳さん。

今回は、私が北陸随一と感じている、とっておきの日本料理店をご紹介します。

富山にある「御料理ふじ居」さん。常に地元の最上質の食材を使い、それに敬意を払った簡潔な調理を心がけるご主人・藤井寛徳さんの、料理人としての姿勢が私は大好きです。

日本料理は「椀刺しが華」と言われています。すなわち、「お椀」の出汁の引き具合と、「お造り」の包丁の冴えが、何よりも大切 というわけです。

まこかれいのお造り。

まこかれいのお造り。

賀茂茄子の炊いたん

賀茂茄子の炊いたん。

先日伺った際のメニューは、「白えびのしんじょ椀」と「まこかれいのお造り」でした。

お椀の出汁は、昆布と鰹節で引きながら、どちらにも寄りかかっていない、まことに透き通った味わいでした。気持ちを落ち着かせて、集中力を高めて探しに行かないと、出汁の真髄に出会えない、そんな「お椀」でした。

「お造り」も豪華な三点盛りではなく、白身のかれいを三切れ盛りつけたシンプル極まりないもの。かれいの刺身の表面がきらりと輝き、まるで新雪のようなまぶしさでした。

何もつけずに一切れいただくと、かれいの香りが立ち昇り、噛めば甘みがにじみ出てきます。そこへ能登の塩をほんのわずかに口へ含むと、旨味がじわじわと広がりました。

〆てから8時間経ったまこがれいは、旬の味わいを全開させていました。

からすみ、実山椒の入った甘鯛飯。

からすみ、実山椒の入った甘鯛飯。

甘鯛飯。

甘鯛飯。

藤井寛徳さん40歳、いま、日本で指折りの俊英料理人のひとりです。

【御料理ふじ居】
住所/富山県富山市五福2区5385-5
TEL/076-471-5555(予約制)
営業時間/昼11:30~14:00(L.O.13:30) 夜17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日/月曜日・第3火曜日
http://www.oryouri-fujii.jp/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ2017年4月号|特集:桜と人の物語/出汁(だし)を知る
  2. 『分とく山』野﨑洋光さん直伝!井上誠耕園「エキストラヴァージン緑…
  3. 移転前に味わっておきたい!料理人も太鼓判押す「築地市場内の美味処…
  4. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  5. 『分とく山』野﨑洋光さん直伝! この夏おすすめの「檸檬(レモン)…
PAGE TOP