新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

ワイン

日本のワインに合わせたい国産チーズ取り寄せ案内

ワインと同様に国産チーズも今、成熟の時を迎えている。自ら牛を飼育し、製造までを一貫して行なう小さな農家制生産者が増え、その完成度が向上しているのだ。

「当初は、多くの生産者が海外の模倣をしていました。でもやがて日本の風土に合うもの、日本人しか表現できない味わいを目指そうとの動きが生まれました。現在の国産チーズは、輸入物より穏やかで繊細な風味のものが主流です」(チーズプロフェッショナル協会の理事・佐藤優子さん)
同じ気候風土で育まれた日本のワインとの相性も格別である。

 

清水牧場チーズ工房『ウォッシュタイプ 森のチーズ』
(1ホール約300g 約2390円)

cheese1

塩水で表面を洗い、熟成させるチーズに惚れ込んだ生産者が、遂に完成形に辿り着いた。ブラウンスイス種の良質な牛乳を使った味わいは、濃厚さの中にも複雑性と余韻がある。しっかりした赤ワインに合う。
問い合わせ/0263-79-2800

ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 酒井ワイナリーのワインは決して高価ではないが、「他国の3000円代のワインと比較して、よりいいと思ってもらわなければいけない。危機感がある」と話す。 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  2. 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  3. 幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創…
  4. サライムック『美味サライ』最新号は「日本ワインを究める」の大特集…
  5. オーストリアの「緑のワイン」をワイン居酒屋「ホイリゲ」で満喫
PAGE TOP