新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

「これを食べるために京都へ来た」と言わしめる、「瓢亭」の季節限定・朝食をいただく

取材・文/末原美裕

「これを食べるために京都へ来た」と言わしめる、「瓢亭」の季節限定・朝食をいただく

「瓢亭」と言えば、450年以上もの間、京都とともに歴史を歩んできた京懐石の老舗。京都はもちろん、日本を代表する料亭の一つですが、「これを食べるために京都へ来た」と言わしめるほどの朝食があることを知っていますか?

そんな世評の高い「うずらがゆ」(12月1日〜3月15日午前8時から午前11時)を瓢亭 本店よりも少しカジュアルな瓢亭 別館にて味わってきたので、早速レポートしたいと思います。

瓢亭

瓢亭のモチーフでもある瓢箪の絵柄の暖簾が出迎えてくれます。横には「鶉かゆ」と書かれた旗も。所々に瓢箪型があしらわれており、探してみるのもまた愉しみの一つですね。

瓢亭

本店はお座敷ですが、別館はテーブル席になるので、足がしびれる心配もなくリラックスして過ごせます。また、大きな窓からは緑のお庭が臨め、心地よい雰囲気です。

それでは、待ちに待ったうずらがゆ(4500円、税・サービス料込)をいただきましょう!

ひさごの器

始めに出てくるのはひさごの器。器にも瓢箪モチーフを使う細やかな心配りに期待が高まります。

三段のひさごの器の蓋を開ける

三段のひさごの器の蓋を開けると、一段目に海老芋・金時人参・絹さや等の炊き合わせ、二段目に鰆の塩蒸、三段目に畑菜と油揚げの辛子和えが盛り付けられていました。どの小鉢もそれぞれの素材の旨味をしっかり味わうことができ、美味です。特に野菜の炊き合わせのふくよかな味わいに思わず笑みがこぼれてしまいました。

瓢亭玉子

続いて出てくるのは、名物の「瓢亭玉子」! 幕末の出版物『花洛名勝図会(からくめいしょうずえ)』には、「瓢亭の煮抜玉子は近世の奇製なりとて酒客あまねくこれを食悦す」との記述が残っており、当時の人々にも愛されていたことが伝わってきます。食してみると、とろみが広がり、口福感でいっぱいになります。シンプルでありながら深い、噂に違わない瓢亭の魅力を存分に感じられる一品です。

汁椀はお麩の白味噌仕立て。白く美しい椀の中に桃色の花が咲く景色が目にも美味しいのです。京都の白味噌のほんのりとした甘味が優しく心身を包み込んでくれますよ。

うずらがゆ

最後に、待ちかねたうずらがゆの登場です。細かく刻まれたうずらのお肉とせりが美しく炊かれ、お米のかけがえのない旨味が引き立ちます。食を進めるごとに自らの心身が元気になっていくのがわかるほどで、何度でもおかわりしたくなる味です。おひつの中にはたっぷりかゆが盛られているので、思う存分いただけますよ。

底冷えする京都の冬をはんなりと払いのけ、滋養たっぷりにあたためてくれる「瓢亭」のうずらがゆは、京都旅行の思い出の主役になるはずです。

■瓢亭 別館
営業時間: 8:00~11:00、12:00~16:00
定休日:木曜日
住所:京都市左京区南禅寺草川町35
電話:075-771-4116
アクセス:京都市営地下鉄「蹴上」駅より徒歩5分
http://hyotei.co.jp

「春はあけぼの 京都の世界遺産いちばん乗りツアー」旅行商品:
http://souda-kyoto.jp/travelplan/akebono_sp/index.html

京都デスティネーションキャンペーン「京の冬の旅」:
https://www.kyokanko.or.jp/huyu2018/

取材・文/末原美裕
小学館を経て、フリーの編集者・ライター・Webディレクターに。2014年、文化と自然豊かな京都に移住。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. コロナ禍が終息したら訪れたい「旅好きが選ぶ!日本人に人気の朝食の…
  2. 京都美術に触れる、1泊2日の旅|旅の起点は「ホテル ヴィアイン京…
  3. お母さんが1番大変だと感じる「朝ごはんの準備」どう乗り切っている…
  4. 観光 旅好きが選ぶ! 「日本人に人気の無料観光スポット 2019」トッ…
  5. 「茶がゆ定食」3200円。左奥から時計回りに赤出汁、小松菜のお浸し、海老サラダ、葛きりなどの箱膳、赤魚の焼き物と袱ふく紗さ 焼き(玉子 焼き)、茶粥、香の物、小芋、ひろうすの煮物、胡麻豆腐、湯葉と餅(生しようが姜風味の餡あん)。提供は7時~9時30分。外来客も注文可(予約不要)。 奈良は「早起き」に限る|朝めし自慢の奈良の宿5軒
PAGE TOP