新着記事

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

極厚レザーベルト|栃木レザーの希少な厚革を手作業で磨いた逸品

極厚レザーベルト

左からブラウン、ブラック

東京・台東区、不忍池の程近くにある池之端銀革店は、もともと革製品のメーカーに勤めていた小野勝久氏が独自の製品を作りたくなって14年前に立ち上げた工房兼レザーショップだ。創業以来、厚革専門を貫いてきた。

同店謹製のこの牛革のベルトは、じつに4.5mmもの厚さがある。ほかではあまり見られない迫力の厚みだ。

使っているのはベンズと呼ばれる牛の尻の部分で、1頭からほんの少ししか取れない。ベルトの長さにわたって傷がないものとなると、100枚のうち3、4枚取れるかどうかという。

そんな希少な革を、タンニンなめしのヌメ革で定評のある「栃木レザー」がなめした。貴重な革を優れた職人がなめしたとなれば、それを加工する側の職人魂も燃えるというもの。

革を磨くのも、面取りも、機械は使わずに、革用の鉋を使って手作業でやる。そんな職人の手による極厚革のベンズベルトは、バックルやコバの磨きまで含めて流石と言うべき行き届いた仕上がり。腰にきゅっと巻けば、気持ちまで引き締まる。

使うほどになじみ味わい深くなる革ベルト。まさに一生ものの男の逸品だ。

極厚レザーベルト

写真=ブラウン
縁にステッチを施さず、「念引き」という技法で溝を入れただけ。バックルは真鍮製だ。

【今日の逸品】
極厚レザーベルト

池之端銀革店
10,800円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布
  2. 鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼ…
  3. リンボウ先生の『いのちの3WAYかばん』|イギリスに学び日本で生…
  4. 西陣織の段違い格子柄ストール|シルクの肌触りと軽やかな巻き心地
  5. 壺渋のバケットハット|柿渋染めした牛革製の上質な帽子
PAGE TOP