新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ジャガー Eペイス|英国の名門ジャガーらしさが光る小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)

実用性に優れたSUV市場の活況が続く中、イギリスの高級車メーカー・ジャガーが、日本の道路事情にも合うスポーティな小型SUVを発売した。随所に“ジャガーらしさ”が光る同車の魅力を探る。

曲線を活かした立体的で躍動感のある車体造形が美しい。最低地上高は204mm、4輪駆動なので悪路の走行性能にも優れている。

英国のジャガーは1945年の創業以来、スポーツ心あふれる車づくりを一貫して行なってきた。たとえファミリー向けの4ドアセダンであっても、サーキットに行って荷室に積み込んであるスペアタイヤを取り出せば、充分競争力のある車になった。そうした車づくりに対する姿勢は、今でも変わっていない。

しかし、昨今は国内外を問わずSUV(多目的スポーツ車)の人気が極めて高く、それを無視して車づくりを続けることは難しい。高性能なスポーツ志向の車を得意とするジャガーも例外ではなく、2年前、約70年の歴史の中で初のSUV「Fペイス」を発売した。

一般にSUVは、セダンなどの乗用車の足回りを基に最低地上高を上げ、屋根を高めにして室内に余裕を持たせているのが特徴だ。また、4輪駆動方式を採用することが多く、未舗装路や砂地などの走行性にも優れている。海や山に出かけても行動範囲が広がるので、用途の広い実用車として世界中で評判を呼ぶようになった。当然、販売台数も増加し、自動車メーカーはこぞって、この分野の新型車を市場に投入し始めたのである。

その後、ポルシェがSUVを手がけたことで高級車にもその動きが広がった。最近ではランボルギーニやアルファロメオなど、スポーツカーをつくり続けてきたメーカーに加え、ロールスロイス、ベントレーといった世界屈指の超高級車メーカーもSUV市場に参入し、話題となっている。

ジャガー初のSUV、Fペイスも販売台数が好調であることから、同社はさらに小型のSUVを開発し、市場に投入した。それが今回紹介する「Eペイス」である。

車体後方へ切れ上がっていくドア窓の形状がクーペを思わせる。後席の居住性や後部の荷室が多少犠牲になっても、デザインの美しさを優先させるのがジャガーならではの車づくりといえる。

シンプルで洗練された運転席回りのデザイン。スマートフォンと連携し、中央の画面で様々なアプリを操作するコネクティビティ機能も充実。

ATのシフトレバー脇に備わる走行モードの選択スイッチ。路面状況に合わせてダイナミック、コンフォート、エコ、スノーを選べる。

前席は高めに設定されており、前方や斜め後方の視界は良好だ。背もたれは両側が少し張り出しているので、上体をしっかり支えてくれる。

後席は座面後部を沈み込ませることで、頭上空間を確保している。足元の空間はあま
り広くはない。背もたれは6対4で前方に可倒する。

運転席の視界は良好。駆動力の配分を変え、燃費を向上させる。

荷室のドアの上部に大きなスポイラー(空気抵抗や揚力を減らす部品)を装備。そのため後部窓の視界はやや狭い。車体色は11色。

ジャガーが手がけるSUVの魅力は、美しい車体とスポーツカーのような走りを味わえることだろう。Eペイスはクーペを思わせる流麗な車体造形がとりわけ美しく、洗練された意匠の室内には高級感が漂う。全長は約4.4mと短めだが、車幅は1.9mなので、見た目以上に室内空間に余裕がある。

安全面に関しては、歩行者検知機能付きの自動緊急ブレーキや、周囲の走行車を検知して配光を自動で最適化するヘッドライトなど、最新の技術が取り入れられている。

高めに設定された座席からの視界は、前方・斜め後方ともに良好で車体の動きをつかみやすい。これなら狭い道でも不安なく入っていくことができるだろう。

通常走行では、駆動力は前輪に50%、後輪に50%の割合で配分されるが、高速巡航などでは前輪に100%配分され、燃費の向上に貢献する。前輪がスリップした時など瞬時(0.3秒以内)に後輪にも駆動力を配分し、安定した走行を確保する。

2Lエンジンはガソリン仕様とディーゼル仕様から選べる。どちらも完成度は高く、ディーゼル車は9種、ガソリン車は15 種という幅広い選択肢も魅力である。

荷室は開口部が大きいので、大きな荷物でも出し入れがしやすい。全幅も広く取られており、手前にゴルフバッグを横置きに積める。

試乗中の実燃費で約15km/Lを達成した新開発の2Lディーゼルターボエンジン。2Lガソリンエンジン(2種)も用意する。

 

【ジャガー/Eペイス HSE 2.0リッター D180】

全長× 全幅× 全高:4410×1900×1650mm
ホイールベース:2680mm
車両重量:1920kg
エンジン/排気量:直列4気筒DOHCディーゼルターボ/1999cc
最高出力:180PS/4000rpm
最大トルク:43.9㎏-m/1750〜2750rpm
駆動方式:フルタイム4輪駆動
燃料消費率:14.9km/L(JC08モード)
使用燃料:軽油 55L
ミッション:9速自動変速機
サスペンション:前:ストラット 後:インテグラルリンク
ブレーキ形式:前・後:ベンチレーテッドディスク
乗車定員:5名
車両価格:車両価格620万円(消費税込み)
問い合わせ:ジャガーコール 0120・050・689

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2018年10月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 他のプジョー車とは異なり、上級感を演出した車体デザイン。前照灯はLEDライトを使用。左右両端から常時灯が垂直に伸びる。 プジョー/508|“猫足”と称される伝統の乗り心地は健在。実用性…
  2. アクセサリーソケットを活用 車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用…
  3. 縦3灯のヘッドライトはLEDで上段2灯がロービーム。その下がハイビーム。メッキ部分も含めて個性的なデザインが特徴。 三菱/eKクロス|三菱・日産の共同開発で生まれた、日本が誇る大空…
  4. 守る、楽しむドライブレコーダー 「あおり運転」から自分のクルマを守る「ドライブレコーダー」活用法…
  5. 画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています 【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出…
PAGE TOP