新着記事

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、福澤朗さんが執筆します。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)

私の妻は紅茶や中国茶などに造詣が深く、日本紅茶協会のティーインストラクターの資格を持っているほどです。自宅では中国茶器で烏龍茶を淹れて飲んだりしています。

私がちょっと体調が悪いな、風邪を引いたかなと感じるときは、高級烏龍茶である武夷岩茶(ぶいがんちゃ)を淹れてくれるのですが、このお茶をいただくと体の内からポカポカと温まってきて体調がよくなるのです。少しの茶葉で5~6煎は味と香りを楽しめますし、とにかく冷房などで体調を崩しやすい暑い夏にはおすすめのお茶です。中国茶器を使わずとも、普通の急須で淹れても味わいはさほど変わりません。

私はそんな体験もあり、以前から武夷岩茶のパワーを感じていたところ、BS朝日の『人生を変える7日旅』という番組のロケ依頼がありました。タイトル通り、最も行きたい場所へ1週間旅をするという番組です。私は特技の卓球、中国茶、紹興酒というキーワードで“炎の旅”と題して、中国を巡ることにしました。

まず訪れたのが上海。卓球女子世界選手権の覇者だった曹燕華(そうえんか)が創設した「曹燕華卓球育成・訓練学校」で、子どもたちと対戦し、見事に惨敗。その英才教育の素晴らしさを体感しました。その後、本場の紹興市で紹興酒をたらふく飲み、いよいよ福建省の武夷山へ。

天遊峰での写真です。

武夷岩茶は、世界遺産に登録されている標高2000m級の岩山・武夷山の割れ目などに生えているお茶で、なかでも「大紅袍(だいこうほう)」という茶葉がもっとも貴重とされています。樹齢350年以上の茶樹からしか取れないということで、幻の岩茶といわれています。

番組のハイライトは武夷山に登って山頂の茶屋で武夷岩茶をいただくこと。登山道を登っていくと、お茶の木がごつごつした岩の割れ目から、岩場のミネラル分を吸い取り、それをエネルギーにして生長しているんです。肥沃な土ではなく、限られた環境でも栄養分を吸い取る植物の強い生命力に圧倒されました。

山頂でお茶を頂きました。

そして山頂で無事、濃厚でコクがある武夷岩茶を味わい、下山。山麓の村の中国茶器の店で、店で一番派手な茶器を旅の記念に購入しました。それが写真の茶器です。日本円で約5000円。赤と金色というなかなかの派手さで、高台の部分は取り外しができます。

この中国の旅は、卓球選手として成功するぞという子どもたちのエネルギー、紹興酒をお椀のような酒器で飲んでいる人々の騒々しさや大都市部のビルのけばけばしさ、そして武夷岩茶の生命力。中国のえげつないほどの雄々しさを強烈に感じました。

帰国して羽田空港から帰るタクシーの車窓からの眺めは、日本の街の調和のとれた地味さ。そのギャップに驚きました。そして、この茶器を眺める度に、中国の勢いを思い出し、ときに自分を奮い立たせています。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)
昭和38年、東京都生まれ。昭和63年、早稲田大学第一文学部を卒業し、同年、日本テレビ入社。在局中はアナウンサーとして、数々のヒット番組に出演。また「ジャストミート」「ファイヤー」等の流行語も生み出した。2005年7月、フリーアナウンサーに。趣味は、日本酒、鉄道、和菓子屋巡り。特技は卓球。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP