新着記事

【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために企業が行うべきこと 【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために行うべきこと 今年こそ舌下免疫療法で、花粉症の根治を目指してみよう あなたは本当に花粉症?|花粉症の根治を目指す「舌下免疫療法」最前線 『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹 桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう 6代目スカイライン風のヘッドライトウォッシャーは、実際には水は出ないとのこと。6代目スカイラインに装備されていたアンテナも装備したいと考え、現在も必要なパーツを探しています。 【私のクルマ遍歴】「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。ついに『ER34』を『マシンRS』風の赤黒ツートンカラーに再塗装!(後編) サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失った後、本当に欲しかった『スカイライン2000RSターボ』を必死に探す(前編) 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、福澤朗さんが執筆します。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)

カレーと貴醸酒は最高のマリアージュ!

ソムリエの田崎真也さんの番組にゲスト出演したときに、カレーに合う日本酒はありますかと質問をしました。それまで様々な食と日本酒の組み合わせを楽しんできましたが、辛いものに合う日本酒を見つけることができずにいました。

すると田崎さんはなんと貴醸酒を選んでくださったんです。

貴醸酒とは、仕込み水の全部あるいは一部に清酒を用いて醸造した琥珀色のお酒で、濃厚で香り豊か、スッキリとした甘みがあります。カレーやタイ料理はビールと一緒に味わい、口の中をさっぱりリセットさせてからまたいただくということをしていたのですが、貴醸酒と合わせるとカレーのスパイスに貴醸酒の甘み、旨みがブレンドされて得も言われぬ旨い料理が口の中で完成するのです。

カレーと貴醸酒がお互いに手に手を取り合って口の中で化学反応を起こす、これぞまさにマリアージュの極みと、脱帽しました。

ワインにも貴腐ワインという、貴腐葡萄を使って醸造する甘美な風味と素晴らしい香りのワインがありますが、おそらく日本酒でも同様の味わいのものができないかと考えたのではないでしょうか。貴醸酒は水の代わりに酒を用いるわけですから、当然コストもかかりますし、より複雑な手間がかかると思います。日本酒醸造の技術の高さがなせる業といえるでしょう。

これまで貴醸酒はごく一部の日本酒好きの人が飲むものという印象があったのですが、これを機に、様々な貴醸酒を取り寄せて飲んでみようかと思いました。癖のある料理や中華料理、ホワイトシチュー、ラザニアなど味付けの濃いものにも合うでしょうし、アイスクリームにかけてみるのもいい。組み合わせをいろいろと試してみたくなります。

そんな懐の広い、すべてを包み込んでくれるのが貴醸酒です。お会いすることはかなわなかったのですが、例えるならば聖路加国際病院の故・日野原重明先生のようなおおらかなイメージですかね。

日本酒はおおいにブームになってほしいのですが、貴醸酒はブームになってほしくない酒。知る人ぞ知る、そんな隠し酒のポジションで居続けてほしいですね。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)
昭和38年、東京都生まれ。昭和63年、早稲田大学第一文学部を卒業し、同年、日本テレビ入社。在局中はアナウンサーとして、数々のヒット番組に出演。また「ジャストミート」「ファイヤー」等の流行語も生み出した。2005年7月、フリーアナウンサーに。趣味は、日本酒、鉄道、和菓子屋巡り。特技は卓球。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP