新着記事

銘柄「Ça va?(洗馬)」の白赤は、古樽で1年熟成してからリリースする。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

夕刊サライ

カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、福澤朗さんが執筆します。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)

カレーと貴醸酒は最高のマリアージュ!

ソムリエの田崎真也さんの番組にゲスト出演したときに、カレーに合う日本酒はありますかと質問をしました。それまで様々な食と日本酒の組み合わせを楽しんできましたが、辛いものに合う日本酒を見つけることができずにいました。

すると田崎さんはなんと貴醸酒を選んでくださったんです。

貴醸酒とは、仕込み水の全部あるいは一部に清酒を用いて醸造した琥珀色のお酒で、濃厚で香り豊か、スッキリとした甘みがあります。カレーやタイ料理はビールと一緒に味わい、口の中をさっぱりリセットさせてからまたいただくということをしていたのですが、貴醸酒と合わせるとカレーのスパイスに貴醸酒の甘み、旨みがブレンドされて得も言われぬ旨い料理が口の中で完成するのです。

カレーと貴醸酒がお互いに手に手を取り合って口の中で化学反応を起こす、これぞまさにマリアージュの極みと、脱帽しました。

ワインにも貴腐ワインという、貴腐葡萄を使って醸造する甘美な風味と素晴らしい香りのワインがありますが、おそらく日本酒でも同様の味わいのものができないかと考えたのではないでしょうか。貴醸酒は水の代わりに酒を用いるわけですから、当然コストもかかりますし、より複雑な手間がかかると思います。日本酒醸造の技術の高さがなせる業といえるでしょう。

これまで貴醸酒はごく一部の日本酒好きの人が飲むものという印象があったのですが、これを機に、様々な貴醸酒を取り寄せて飲んでみようかと思いました。癖のある料理や中華料理、ホワイトシチュー、ラザニアなど味付けの濃いものにも合うでしょうし、アイスクリームにかけてみるのもいい。組み合わせをいろいろと試してみたくなります。

そんな懐の広い、すべてを包み込んでくれるのが貴醸酒です。お会いすることはかなわなかったのですが、例えるならば聖路加国際病院の故・日野原重明先生のようなおおらかなイメージですかね。

日本酒はおおいにブームになってほしいのですが、貴醸酒はブームになってほしくない酒。知る人ぞ知る、そんな隠し酒のポジションで居続けてほしいですね。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)
昭和38年、東京都生まれ。昭和63年、早稲田大学第一文学部を卒業し、同年、日本テレビ入社。在局中はアナウンサーとして、数々のヒット番組に出演。また「ジャストミート」「ファイヤー」等の流行語も生み出した。2005年7月、フリーアナウンサーに。趣味は、日本酒、鉄道、和菓子屋巡り。特技は卓球。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP