新着記事

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学…

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由から、染めている方も多いだろう。ところが最近、あえて白髪を染めず、ありのままの髪色を楽しむ人も増えている。呼び名も白髪ではなく「グレイヘア」と、洒落た名がついている。

今回は花王が現在白髪染めをしている40代~70代の男女500名を対象に行なった「白髪染めに関するアンケート」を基に、シニアのヘア事情を紹介する。

約6割のシニアが「オシャレがおっくう」と感じている

「年をとるにつれてオシャレがおっくうになったと感じますか」という質問に対し、約6割が「そう思う」と回答した。人生100年時代と言われ、アクティブシニアが増える一方で、年を重ねるにつれて、オシャレがおっくうになる「オシャレおっくう層」が6割以上存在することが明らかになった。

おっくうに感じること1位「ヘアカラー・白髪染め」2位「服装」3位「髪型」

では、具体的にどんな点がおっくうだと感じているのだろうか。

調査結果の1位は「ヘアカラー・白髪染め」。全体の76%と、2位以下に大差をつけて断トツである。なお「(髪が)一番目に留まる」(40代・男性)「鏡を見ると、(白髪に)がっくり来るので」(60歳・男性)という意見があがったように、自他ともに髪が印象を左右する箇所だと感じているようだ。

白髪染め「いつかやめる」予定が約6割

そんなおっくうだと思っている「白髪染め」。今後も続けるか、もしくはやめるか聞いたところ「いつかはやめる」と答えた方が58%と半数以上となった。

65歳が白髪染めをやめる境界線に

では、具体的にいつやめようと思っているのか? 結果は、以下の通り。

多くの人が「65歳」をひとつの区切りとして考えているようだ。

その理由としては、「年齢に合ったおしゃれをしたい」「白髪があるほうが自然に見える」等、白髪をおしゃれとして、ポジティブにとらえる方も多いようだ。

アンケートでは、話題のグレイヘアについても聞いており、約6割が「素敵だと思う」と回答。さらに約8割が「グレイヘアにしてみたい」と、注目の高まりが感じられる。

黒髪を続ける方もグレイヘアへ移行する方も、ストレスの少ないヘアケアが何よりだ。年齢を重ねても、身だしなみに気を使い、いつまでもオシャレは楽しみたい。その気持ちが、きっと若々しさにも繋がるはずだ。

参考/花王「白髪染めに関するアンケート調査」

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP