新着記事

オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポット 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【にゃんこサライ特別編】 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」 倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東京大会が行なわれました 角野栄子さん 角野栄子さん講演会「現在進行形で生きる」のお知らせ[PR] 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 腰丸めストレッチ 1日10回で反り腰を改善!イスに座ってできる簡単腰丸めストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第12回】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由から、染めている方も多いだろう。ところが最近、あえて白髪を染めず、ありのままの髪色を楽しむ人も増えている。呼び名も白髪ではなく「グレイヘア」と、洒落た名がついている。

今回は花王が現在白髪染めをしている40代~70代の男女500名を対象に行なった「白髪染めに関するアンケート」を基に、シニアのヘア事情を紹介する。

約6割のシニアが「オシャレがおっくう」と感じている

「年をとるにつれてオシャレがおっくうになったと感じますか」という質問に対し、約6割が「そう思う」と回答した。人生100年時代と言われ、アクティブシニアが増える一方で、年を重ねるにつれて、オシャレがおっくうになる「オシャレおっくう層」が6割以上存在することが明らかになった。

おっくうに感じること1位「ヘアカラー・白髪染め」2位「服装」3位「髪型」

では、具体的にどんな点がおっくうだと感じているのだろうか。

調査結果の1位は「ヘアカラー・白髪染め」。全体の76%と、2位以下に大差をつけて断トツである。なお「(髪が)一番目に留まる」(40代・男性)「鏡を見ると、(白髪に)がっくり来るので」(60歳・男性)という意見があがったように、自他ともに髪が印象を左右する箇所だと感じているようだ。

白髪染め「いつかやめる」予定が約6割

そんなおっくうだと思っている「白髪染め」。今後も続けるか、もしくはやめるか聞いたところ「いつかはやめる」と答えた方が58%と半数以上となった。

65歳が白髪染めをやめる境界線に

では、具体的にいつやめようと思っているのか? 結果は、以下の通り。

多くの人が「65歳」をひとつの区切りとして考えているようだ。

その理由としては、「年齢に合ったおしゃれをしたい」「白髪があるほうが自然に見える」等、白髪をおしゃれとして、ポジティブにとらえる方も多いようだ。

アンケートでは、話題のグレイヘアについても聞いており、約6割が「素敵だと思う」と回答。さらに約8割が「グレイヘアにしてみたい」と、注目の高まりが感じられる。

黒髪を続ける方もグレイヘアへ移行する方も、ストレスの少ないヘアケアが何よりだ。年齢を重ねても、身だしなみに気を使い、いつまでもオシャレは楽しみたい。その気持ちが、きっと若々しさにも繋がるはずだ。

参考/花王「白髪染めに関するアンケート調査」

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP