新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

暮らし

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由から、染めている方も多いだろう。ところが最近、あえて白髪を染めず、ありのままの髪色を楽しむ人も増えている。呼び名も白髪ではなく「グレイヘア」と、洒落た名がついている。

今回は花王が現在白髪染めをしている40代~70代の男女500名を対象に行なった「白髪染めに関するアンケート」を基に、シニアのヘア事情を紹介する。

約6割のシニアが「オシャレがおっくう」と感じている

「年をとるにつれてオシャレがおっくうになったと感じますか」という質問に対し、約6割が「そう思う」と回答した。人生100年時代と言われ、アクティブシニアが増える一方で、年を重ねるにつれて、オシャレがおっくうになる「オシャレおっくう層」が6割以上存在することが明らかになった。

おっくうに感じること1位「ヘアカラー・白髪染め」2位「服装」3位「髪型」

では、具体的にどんな点がおっくうだと感じているのだろうか。

調査結果の1位は「ヘアカラー・白髪染め」。全体の76%と、2位以下に大差をつけて断トツである。なお「(髪が)一番目に留まる」(40代・男性)「鏡を見ると、(白髪に)がっくり来るので」(60歳・男性)という意見があがったように、自他ともに髪が印象を左右する箇所だと感じているようだ。

白髪染め「いつかやめる」予定が約6割

そんなおっくうだと思っている「白髪染め」。今後も続けるか、もしくはやめるか聞いたところ「いつかはやめる」と答えた方が58%と半数以上となった。

65歳が白髪染めをやめる境界線に

では、具体的にいつやめようと思っているのか? 結果は、以下の通り。

多くの人が「65歳」をひとつの区切りとして考えているようだ。

その理由としては、「年齢に合ったおしゃれをしたい」「白髪があるほうが自然に見える」等、白髪をおしゃれとして、ポジティブにとらえる方も多いようだ。

アンケートでは、話題のグレイヘアについても聞いており、約6割が「素敵だと思う」と回答。さらに約8割が「グレイヘアにしてみたい」と、注目の高まりが感じられる。

黒髪を続ける方もグレイヘアへ移行する方も、ストレスの少ないヘアケアが何よりだ。年齢を重ねても、身だしなみに気を使い、いつまでもオシャレは楽しみたい。その気持ちが、きっと若々しさにも繋がるはずだ。

参考/花王「白髪染めに関するアンケート調査」

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP