新着記事

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

【夕刊サライ/福澤朗】福澤流居酒屋流儀(福澤朗の美味・料理コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、福澤朗さんが執筆します。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)

講演などで地方都市を訪ねる際、夜は地元で人気の居酒屋へ行きたいものです。店を選ぶときは、まず宿泊先のホテルから歩いて行ける店を探します。地図を広げ、グルメサイトを覗き、店内写真をチェックします。若い人がワイワイ集まるところか、少人数で落ち着いた客層か、団体客で盛り上がるタイプの店か、店内写真を見ると大体の見当がつきます。そしてなんといっても、日本酒の揃いがいいかどうかのチェック。「地酒各種揃っています」というようなコメントがあれば最高ですね。店を決め、ガラっとドアを開けて店内へ。その時無意識にチェックするのが、店員さんの挨拶です。「いらっしゃい!」と威勢のいい声で呼び込まれると、ああ、いい店だなと思い、たくさん注文しようという気分になります。次にチェックするのは床とテーブル。べたついていると、甘ったるい日本酒を置いているのかなと、勘ぐってしまいます。

そしてまずはビール。ベルベットの綺麗な泡の生ビールが出てくれば大当たり、そうでなければ撃沈です。ここまで入店から10分か15分、店の良し悪しがわかってしまいます。

メニューを見て注文です。地方ですと何を頼めばいいかわからないとき、おすすめを頼むのはいかにもマニュアルっぽいですね。おすすめメニューというものには店の都合もあるわけです。今日はこれをたくさん入荷しちゃったので食べていただきたい、あるいは利益率が高い品なのでどんどん食べていただきたいなど。ですから福澤流テクニックとしては、店員のお兄さんorお姉さん(地元出身)に、「あなたなら今日は何を頼む?お兄さんの好きなもの教えて」と尋ねます。おすすめではなく好みを聞きます。そうするとほぼ間違いなく美味しいものにありつけます。

次は地酒を注文。この場合はメニューに書かれていない日本酒がある場合が多々あるので、それも店員さんに尋ねます。そこで日本酒の知識がある方が対応してくれるといいですね。俄然嬉しくなります。日本酒のスペックを確認し、何を飲んだかを忘れないためにボトルの写真を撮ります。日本酒と料理が運ばれてくる間、箸置きがない場合は、割りばしの箸袋で箸置きを作ります。子どものころから折り紙が好きでしたので、こういうことは得意なんです。一緒にいるスタッフの分も作ることがありますよ。そうこうして、長居はせずにだいたい2時間くらいで引き上げます。

さて、ちょっといやらしい話ですが、テレビに出ている者として、「福澤出し」のときと、「福澤隠蔽」の時があります。店のドアを開けた時に大将が福澤だと認識してくれて、居心地がよさそうだと判断するとカウンター席に。サービスを期待したりして…。これ、福澤の悪用ですが。反対に、ドアを開けた時に、酔客で賑やかだったりするときは、福澤を隠蔽し、奥の方の端っこの席でひっそり飲みます。このとっさの判断も福澤流です。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)
昭和38年、東京都生まれ。昭和63年、早稲田大学第一文学部を卒業し、同年、日本テレビ入社。在局中はアナウンサーとして、数々のヒット番組に出演。また「ジャストミート」「ファイヤー」等の流行語も生み出した。2005年7月、フリーアナウンサーに。趣味は、日本酒、鉄道、和菓子屋巡り。特技は卓球。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さ…
  2. 【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・…
  3. 【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径…
  4. 【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“ク…
  5. 【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要な…
PAGE TOP