新着記事

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、福澤朗さんが執筆します。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)

私はお酒と卓球は実に素晴らしいコミュニケーションツールだと、常々思っています。お酒が飲めない人とは気軽な卓球で仲良くなり、卓球ができない人とはお酒で意気投合することが出来ます。とくにお酒は百薬の長といわれ、適度に飲んで楽しめばストレス発散になります。若い人のアルコール離れが進んでいるといわれていますが、少しでもお酒を楽しんでもらえるような工夫を提案したいと思っています。

お酒に弱い方にも有効だと思うのですが、連日宴席が続きちょっと体が弱っているなと思うとき、私が飲む前に飲むのが「スパリブ」です。アルコールの吸収がゆっくりになるサプリメントで悪酔いや二日酔い防止になります。これを3~4錠飲むと心地よく飲めます。なんでも飲み会で男性が女性に配ると喜ばれるとか。肝臓にも負担がかかりません。

また、内科医から薦められたのが漢方胃腸薬です。これは飲む前に胃に粘膜を作り、胃腸の負担を軽くします。さらに飲酒前にトマトジュースを飲むのも有効だそうです。肝臓でアルコール代謝を促す酵素の活性がアップするとのこと。トマト料理を食べながら飲むのもいいですね。ウコン系のドリンク剤も人気ですが、肝機能が弱っている方の飲みすぎには注意が必要らしいです。

一番いけないのが、空腹時のアルコール。しかし空きっ腹に冷えたビール、さらに喉が渇いていたらなおさら旨い。間違いなく私の喉は喜んでいるのですが、私の胃は悲鳴をあげているのでしょうか。

世界のホームラン王・王貞治さんは現役時代、胃腸を守るために夏でも冷たいものを飲まなかったと。

確かに冷たい飲み物は胃腸に負担をかけるので、私もなるべく水は常温にしています。そして日本酒の冷酒を飲むときには、和らぎ水ならぬ「和らぎ白湯」にして、体に負担をかけないように気を付けています。

私は休肝日が月に2回あるかどうかという生活をしていますので、医者から『一生休刊日!』と言われないように、一生休肝にならないように、飲み過ぎには十二分に注意し、楽しくお酒を飲み続けたいと思っています。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)
昭和38年、東京都生まれ。昭和63年、早稲田大学第一文学部を卒業し、同年、日本テレビ入社。在局中はアナウンサーとして、数々のヒット番組に出演。また「ジャストミート」「ファイヤー」等の流行語も生み出した。2005年7月、フリーアナウンサーに。趣味は、日本酒、鉄道、和菓子屋巡り。特技は卓球。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP