新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

僕の差し入れの定番「ジャストミートどら焼き」誕生秘話(福澤朗の美味・料理コラム 第2回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、福澤朗さんが執筆します。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)」

私の差し入れの定番は「ジャストミートどら焼き」です。

きっかけはマネージャーからの提案で、5~6年前でしょうか、東京・日本橋にある「日月堂」という和菓子屋さんにお願いし、既存のどら焼きに「ジャストミート」の焼き印をお願いしました。以来、番組の初日の顔合わせのときなどに皆さんにお配りしています。

ジャストミートどら焼き。万人受けして、喜んでいただけます。

先日、スウェーデンで行われた「世界卓球」を伝える番組の際にも100個ほど用意しました。和菓子好き、あんこもの好きの僕からの差し入れだと分かるインパクトが欲しかったのですが、そもそも僕の決め台詞である「ジャストミート」がどのようにして生まれたかをお話しておきましょう。

大学卒業後日本テレビに入局し、「全日本プロレス中継」の実況を任されるようになりました。プロレスの試合で、スタン・ハンセンという外国人レスラーが日本人レスラーの首めがけてウェスタン・ラリアットという技をぶちかました瞬間に、両選手の汗がミストとなり、リング上に広がり、それが照明に照らされ薄く虹となって現れたように見えたんです。

そのときの感動と興奮を何かひとつの絶叫フレーズに託したいと思い、日々考え、最終的にいきついたのが「ジャストミート」なんです。

プロレス雑誌の編集長から「ジャストミート」は新鮮で、新しい息吹を感じますと絶賛され、それ以降、主に打撃技で多用するようになりました。“芯に当たる”という意味から、クイズ番組でも使うようになり、「番組が当たるように、ヒットするように」という縁起のいい言葉として、どら焼きにも付けたわけです。

ちなみにどら焼きの「どら」は打楽器の銅鑼に似るからという説があり、船が出航するときに銅鑼を叩く、あの、“さあ行くぞ!”という感じが、番組を始める際に相応しいと思ったわけです。

どら焼きはお渡しするのにちょうどよく、名刺よりも温かみがあり、万人受けします。差し上げると皆さんに喜んでもらえて、若い人は必ずといっていいほど写真を撮ってくださいます。この業界はいろいろな方からの差し入れ品がありますが、「ジャストミートどら焼き」は僕からの差し入れだとすぐにわかるので嬉しいですね。

僕自身は、最近いただいた差し入れでとても気に入ったのが、東京・麻布十番「天のや」の「玉子サンド」です。出汁巻き玉子とマスタードの利いたマヨネーズソースが絶妙なんです。卵も好きなので気に入っています。もちろん、日本酒も大歓迎です。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)
昭和38年、東京都生まれ。昭和63年、早稲田大学第一文学部を卒業し、同年、日本テレビ入社。在局中はアナウンサーとして、数々のヒット番組に出演。また「ジャストミート」「ファイヤー」等の流行語も生み出した。2005年7月、フリーアナウンサーに。趣味は、日本酒、鉄道、和菓子屋巡り。特技は卓球

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP