新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

限定356本!人気の戦記漫画『空母いぶき』ラベルの特別なウイスキー

文/編集部

ビッグコミック』(小学館)にて連載中の人気漫画「空母いぶき」(かわぐちかいじ作、恵谷治監修)のラベルをまとった特別なウイスキーが5月22日(火)に発売される。

尖閣・先島諸島への武力侵攻から自国を守るために、「空母いぶき」を擁する自衛隊に、史上初の防衛出動の命がくだる――。そんな架空の物語を描く同作は、作者・かわぐちかいじ氏が得意とする軍事作品の中でも、その現実的な舞台背景と、現代の地政学に沿ったストーリーで話題を呼んでいる。今年2018年に第63回小学館漫画賞を受賞、さらに2019年には実写映画として公開される予定だ。

そんな「空母いぶき」艦長の秋津竜太と艦のシルエットをラベルにまとった特別なボトルは、中の酒もスペシャル。スコットランドでも最も寒い北の島にある蒸留所ハイランドパークで作られ、著名なドイツの瓶詰め職人カールステン・エールリッヒ氏が提供したサンプルから、わが国きってのウイスキー評論家・山岡秀雄氏が厳選したものだ。

アロマはクリアーでクリーン。透明感のある麦芽とオレンジの香り。14年の熟成のわりに、しっかりしたアタックがある。少し加水すると、ハイランドパーク
の特徴である、ヘザーハニーの甘さ、芳しいピートがでてくる。

かつての戦いの日々を想い、友と静かに語らうにふさわしい酒だ。

【今日の銘酒】
『空母いぶきラベル・ハイランドパーク2003』
税込み価格 1万9500円

700㎖。アルコール度数51.2%。原材料はモルト。
原産地はスコットランド(英国)。返品不可。
限定ボトル356 本、売り切れ次第終了
※おひとり様2本までのご購入とさせていただきます。

※本品は5月22日(火)9時30分より発売開始されます。
ご購入の申込みは「小学館PALSHOP」のWebサイトより。
↓↓↓
https://www.pal-shop.jp/ippin/

空母いぶき Ⓒ Kaiji Kawaguchi,Osamu Eya / Shogakukan

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP