【私のお気に入り~第77回】
四谷「後楽寿司 やす秀」

 

02_やす秀1

03_やす秀3

まだ30代の若手気鋭のすし職人、綿貫安秀(やすみつ)さんは、毎日、父親と並んで漬け場(カウンター内)に立って鮨を握っていますが、数年前、自分の仕事がしやすいように店を改装しました。
「まだまだ勉強中です」と言いながら、このところの進化には目覚ましいものがあります。
まず、握りの形がより美しくなりました。
昔から、握り鮨は「扇の地紙の形に握れ」と言われてきました。握りを横から見て流線形になるように、というわけです。酢めしが団子状に丸くてもいけない、鮨だねが舞妓さんの帯のようにだらりと両脇に垂れ下ってもいけない。彼の握りは、まぐろもこはだもどれもまことに美しい姿をしていて、食欲をそそります。
さらに、そのこはだの締め加減が上々です。程よく酢と塩で締めてあり、水っぽさ、生臭さは全く感じません。
蒸しあわびもその香りの良さは鼻をくすぐり、あわびの持ち味を最大限に引き出しています。
つまり、すべてに「仕事のしてある」握り鮨なんです。あと、必要なのは、この「仕事のしてある」握り鮨を評価してくださるお客様ではないでしょうか。彼の握る鮨をつまめば、いっぺんに気に入ること請け合いと思いますが。

04_やす秀4

05_やす秀5

■後楽寿司 やす秀(みつ)
http://www.kouraku-sushi.jp

 

 

 

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品