新着記事

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

京都のタクシードライバーがこっそり教える「紅葉の穴場」4つ

取材・文/鈴木史子(ウィンダム)

京都の街と歴史、紅葉名所など見どころを熟知しているのが、京都のタクシードライバー。知られざる観光情報を聞けば、あなたも“京都通”になれる。

ヤサカタクシーの観光タクシーは、小型タクシーを貸し切るフリープラン2時間8240円(税込み)〜。コールセンター電話:075・842・1212

秋の京都を訪れる一番の目的は、美しい紅葉を愛でることだろう。効率よく移動して、ゆっくり紅葉観賞をするためにタクシーを活用する人も多い。そのため地元のタクシードライバーは、長年観光客を案内するうちに、定番だけでなく穴場の情報にも通じるようになった。

例えばヤサカタクシーには、約1200人のドライバーのうち、観光案内ができる観光タクシーの資格を持つドライバーが約650人。彼らは道を熟知するだけでなく、観光地や寺院の案内までできる京都観光の専門家といえる。「京都検定」(京都・観光文化検定試験)を受験したり、その他にも勉強会や研修会に参加するなど、常に勉強と情報収集を欠かさない。

とくにJR東海のCM「そうだ京都、行こう」で紹介される紅葉名所は毎年大賑わいになることから、シーズン前の事前確認は必須。非番の日に道順や駐車場の位置を確かめに行くドライバーもいるという。

そんなヤサカタクシーのドライバーが推薦する紅葉名所をいくつか紹介しよう。

*  *  *

ドライバー歴18年の高部繁さん(64歳)は西部の善峯寺(よしみねでら)を挙げる。

「秋になるとお寺を囲む山全体が紅葉します。昼間もきれいですが、夕暮れ時、光がさす時間帯の美しさは格別です」

3万坪の境内を含む30万坪以上の山が紅葉する。見頃は11月中旬から12月上旬。写真提供:善峯寺

【善峯寺】
京都市西京区大原野小塩町1372 
電話:075・331・0020 
入山時間:8時〜17時(受付は16時45分まで) 
入山料:500円

*  *  *

嵯峨の宝筐院(ほうきょういん)を挙げたのはドライバー歴24年の高垣幸雄さん(68歳)。

「白河天皇(1053〜1129)の勅願で建立された宝筐院さんは、足利義詮の菩提寺で、南北朝時代には敵味方に分かれた楠木正行と足利義詮の墓が仲良く並んでいます。庭園には多くのモミジやドウダンツツジがあり、晩秋から初冬にみごとな紅葉を見ることができます」

市内の紅葉の知られざる名所を知っているのもタクシードライバーだからこそ。

【宝筐院】
京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町9 

電話:075・861・0610 
拝観時間9時〜16時(11月は16時30分まで) 
拝観料500円

*  *  *

ドライバー歴25年の塩野義弘さん(63歳)は、「左京区の圓光寺さんの十牛之庭は、あまり広くはありませんが、色付いた楓と岩や苔のコントラストがとても美しい庭です。参拝客が少ないので、風景を独占することができます」と薦める。

十牛之庭は牛を追う牧童の様子を描いた禅宗の絵図『十牛図』を題材に、近世初期に作られた池泉廻遊式庭園。写真:中田昭

【圓光寺】
京都市左京区一乗寺小谷町13番地
電話:075・781・8025 
拝観時間9時〜17時 
拝観料500円

*  *  *

ドライバー歴5年の田尻哲也さん(45歳)が好きな場所は、京都御所西の京都平安ホテルの庭園だ。

「アメリカの日本庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』でいつもランキング上位
に選ばれている庭には、池や滝の流れる築山もあります。見事な紅葉はホテルのロビーから見ることもでき
ますが、カフェやレストランからの展望が素晴らしい」

【京都平安ホテル】
京都市上京区烏丸通上長者町上ル 

電話:075・432・6181 
料金:1泊2日1人9500円~(一般利用。地方職員共済組合員は8000円〜)
チェックイン15時、チェックアウト11時

*  *  *

以上、京都のタクシードライバーが薦める京都の紅葉名所をご紹介した。いずれも公共交通機関やレンタカーで行ける場所だ。しかし、混んだ道を避けたり、寺院の入口に最も近い駐車場へ車を着けるなど、楽に観光するために地元の観光タクシーを使う利点は大きい。

名所を効率よく巡り、京都らしい食事や買い物の案内もしてくれる観光タクシー。予約の際に、行きたい場所やどのような紅葉が見たいかなどの希望を伝えると、ドライバーが事前に準備でき、より密度の濃い京都観光が期待できる。

うまくタクシーを活用して新たな魅力を発見できれば、今までにない旅となるだろう。

【ヤサカタクシー】
公式サイト:http://www.yasaka.jp/

取材・文/鈴木史子(ウィンダム)

※この記事は『サライ』本誌2016年10月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東寺 暮らすように楽しむ、京都の朝と夜[PR]
  2. 寝室のベッドマットレスはシーリー社の特別注文品だ。朝食用に老舗『八代目儀兵衛』の米、『柳桜園茶舗』のほうじ茶が備わる。 いま泊まるべき京の宿9軒
  3. 華やかでシンプルな器 【陶磁器の街を訪ねて】清水寺参道でうつわ巡り|茶わん坂・五条坂で…
  4. 青もみじ 令和元年に訪れたい「もうひとつの京都」【令和ゆかりの神社・青もみ…
  5. 歩くだけで思い描く“京都”を感じられる魅力的な通りです。 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都甘味「豊松堂…
PAGE TOP