新着記事

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

これが幕末男たちの面構え!日本写真史の夜明けを貴重な写真でひもとく展覧会

田本研造《箱根市中取締 裁判局頭取 土方歳三》(部分)ゼラチン・シルバー・プリント(後年のプリント)明治2年 函館市中央図書館 展示期間:4月25日~5月7日(他期間はレプリカ展示)

田本研造《箱根市中取締 裁判局頭取 土方歳三》(部分)ゼラチン・シルバー・プリント(後年のプリント)明治2年 函館市中央図書館 展示期間:4月25日~5月7日(他期間はレプリカ展示)

1839年、フランス人のダゲールが銀板を用いた初の写真法を発表。そのわずか4年後には、オランダ船によってダゲレオタイプ(銀板写真)の写真機材が日本に持ち込まれました。

江戸時代末期の日本において「写真」は西洋技術の象徴でした。まさに魂を抜き取られるほどの衝撃だったでしょう。横浜や長崎などの居留地では、訪日した外国人写真技師との関りから、江戸の鵜飼玉川(うかいぎょくせん)や長崎の上野彦馬(うえのひこま)、横浜の下岡蓮丈(しもおかれんじょう)など、早々と日本人の写真師が現れました。

日本が西洋的近代化へ向かう流れのなかで、日本における写真の歴史の夜明けともいえる時代です。

そんな日本写真史の夜明けを、貴重な初期写真でひもとく展覧会「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 総集編」展が、東京・恵比寿の東京都写真美術館で開かれています。(第一期は~3月20日、第二期は3月22日(火)~4月9日(日)、第三期は4月11日(火)~4月23日(日)第四期4月25日(火)~5月7日(日)

エリファレット・ブラウン・ジュニア《田中光儀像》国指定重要文化財 嘉永7年 ダゲレオタイプ 個人蔵 展示期間:4月11日~5月7日

エリファレット・ブラウン・ジュニア《田中光儀像》国指定重要文化財 嘉永7年 ダゲレオタイプ 個人蔵 展示期間:4月11日~5月7日

東京都写真美術館は2006年度から隔年で、日本各地の公的美術館・博物館・資料館などにおける幕末~明治期の写真・資料を調査し、体系化する展覧会「知られざる日本写真開拓史」シリーズを開催してきました。本展は10年に及ぶ調査の総仕上げとして、全国から選りすぐった初期写真を紹介する総集編です。

本展の見どころを、東京都写真美術館の学芸員、三井圭司さんにうかがいました。

「本展では、ペリーの来日に随行した写真技師、エリファレット・ブラウン・ジュニアによる《田中光儀像》(国指定重要文化財)、田本研造による《箱根市中取締 裁判局頭取 土方歳三》、フェリーチェ・ベアトによる《愛宕山から見た江戸のパノラマ》など誰もが知っている有名な初期写真から、市井の人々の暮らしぶりがうかがえる初期写真まで、日本全国から選りすぐった374点を紹介します。

展示は、台紙裏面のデザインを鑑賞できるように立体的に展示し、台紙に記された文面や印章、装丁などからその写真が辿った歴史を読み解くことができます。

また、展示室前のロビーには江戸の街を見わたす大パノラマ写真の撮影コーナーを設けましたので、ご鑑賞の記念に撮影をお楽しみください」

幕末・明治の人々の新時代への息吹を感じる展覧会です。ぜひ足をお運びください。

【「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 総集編」展】
■会期:第一期3月7日(火)~3月20日(月・祝)第二期3月22日(火)~4月9日(日)第三期4月11日(火)~4月23日(日)第四期4月25日(火)~5月7日(日) ※会期中、一部作品及びアルバムページの展示替えあり
■会場:東京都写真美術館 3階展示室
■住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
■電話番号:03・3280・0099
■WEBサイト:http://topmuseum.jp
■開館時間:10時~18時まで、木・金曜日は20時まで(入館は閉館30分前まで)
■休館日:月曜日(ただし3月20日、5月1日は開館)、3月21日(火)
■入館料:一般700(500)円 学生600(480)円 中高生・65歳以上500(400)円 ( )内は20名以上の団体料金、小学生以下及び都内在住・在学の中学生及び障がい者手帳所持者と介護者は無料、第3水曜日は65歳以上無料
アクセス:JR恵比寿駅東口より徒歩約7分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅1番出口より徒歩約10分

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵 知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。…
  2. 重要美術品 藤原定信筆《石山切 (貫之集巻下断簡)》平安時代 12世紀 泉屋博古館蔵 かな文字がつくり出す美の世界【企画展 日本の書―和歌と詩のかたち…
  3. 本来の屏風は和室で座って眺めるもの。あえて低い位置に展示されているので、お座敷にいる気分で作品の鑑賞ができます。 80代になっても進化し続けた「若冲の美」|商人時代に描いた絵から…
  4. 《白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣》昭和時代 20世紀前半 東京都江戸東京博物館蔵 前期展示 ゆかた今昔物語【特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデ…
  5. 重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺 師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至…
PAGE TOP