新着記事

アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?

文/印南敦史もうすぐ、ジメジメとした日本の暑い夏がやってくる。最高気温が更新されるた…

認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや検診と言えば、胃がんや大腸がん検診、肺がん検診が代表的ですが、…

巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映

文/編集部黒澤明、溝口健二とならぶ、世界に誇る日本映画の巨匠・小津安二郎(おづ・やす…

愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕「お伊勢七たび、熊野へ三たび、愛宕さんへは月詣り」江戸時代…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

名コレクション空前絶後の展覧会《至上の印象派展ビュールレ・コレクション》

取材・文/池田充枝

ドイツに生まれ、スイスで後半生をすごしたエミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956)は、第一次、第二次世界大戦を経験し、実業家として成功して富を築きました。ビュールレは心の拠りどころとして美術作品を収集し、その質の高さから、傑出したコレクターとして知られています。

彼のコレクションはチューリヒにある邸宅の別棟に飾られ、彼の死後、別棟は美術館として一般公開されましたが、2020年にそのコレクションのすべてがチューリヒ美術館に移管されることになりました。

そんなビュールレ・コレクションの展覧会《至上の印象派展 ビュールレ・コレクションが、東京・六本木の国立新美術館で開かれています(~2018年5月7日まで)。プライベート・コレクションとして日本で鑑賞できる最後の機会となります。

ポール・セザンヌ《赤いチョッキの少年》〔1888‐90年 油彩・カンヴァス〕(C)Foundation E.G.Bührle Collection,Zurich(Switzerland) Photo:SIK-ISEA,Zurich(J.-P.Kuhn)

本展は、ビュールレ・コレクションから厳選した、近代絵画の精華ともいえる約60点を公開します。“絵画史上もっとも有名な少女像”ともいわれるルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》、セザンヌの肖像画のうちもっとも有名な《赤いチョッキの少年》、スイス国外での公開は初めてのモネ晩年の大作《睡蓮の池、緑の反映》など注目作が目白押しです。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》〔1880年 油彩・カンヴァス〕
(C)Foundation E.G.Bührle Collection,Zurich(Switzerland) Photo:SIK-ISEA,Zurich(J.-P.Kuhn)

本展の見どころを国立新美術館の主任研究員、山田由佳子さんにうかがいました。

「ビュールレは生涯かけて633点の作品を集め、そのうちの3分の1が彼の死後設立されたE.G.ビュールレ・コレクション財団の所蔵品となりました。ドイツの大学で美術史を学んだビュールレの関心を引いたのは、フランスの印象派、ポスト印象派の絵画でした。本展は、E.G.ビュールレ・コレクション財団が所蔵する作品の中から、ビュールレが特に好んだ印象派とポスト印象派の絵画を中心に構成されます。

また、ビュールレは、印象派のルーツを探るために、17世紀のオランダの絵画や18世紀のヴェネツィア派の絵画も集め、さらに、印象派以降の前衛美術の展開を意識し、キュビスムやフォーヴィスムの作品も購入していたため、そうしたビュールレの考えを辿るように、本展では印象派、ポスト印象派以外の作品もご紹介します。

フィンセント・ファン・ゴッホ《花咲くマロニエの枝》〔1890年 油彩・カンヴァス〕(C)Foundation E.G.Bührle Collection,Zurich(Switzerland) Photo:SIK-ISEA,Zurich(J.-P.Kuhn)

今回来日する作品のうち、約半数が日本初公開の作品となりますが、その中でも特にモネの大作《睡蓮の池、緑の反映》は、重要な作品のひとつです。その抽象的な画面は、戦後の抽象表現主義との関連でも語られ、モネ晩年の前衛性を示す作品です。縦2メートル、横4メートルの大画面に展開される睡蓮の池のイメージは、見る者を幻想的な世界で魅了する作品だと言えるでしょう」

クロード・モネ《睡蓮の池、緑の反映》〔1920-26年 油彩・カンヴァス〕 (C)Foundation E.G.Bührle Collection,Zurich(Switzerland) Photo:SIK-ISEA,Zurich(J.-P.Kuhn)

出品作のじつに半数が日本初公開という、非常に貴重な展覧会です。またとないこの機会をお見逃し無く!

【開催要項】
《至上の印象派展 ビュールレ・コレクション》 
会期:2018年2月14日(水)~5月7日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室1E
住所:東京都港区六本木7-22-2
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
開館時間:10時から18時まで、毎週金・土曜日と4月28日~5月6日は20時まで(入場は閉館30分前まで)
休館日:火曜日(ただし5月1日は開館)
http://www.buehrle2018.jp/

※九州国立博物館(5月19日~7月16日)、名古屋市美術館(7月28日~9月24日)にも巡回されます。お近くの方はお楽しみに。

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る
  2. 琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田…
  3. 徳利の語源って?日本古来の「酒器」の名品を観賞《酒器の美に酔う》…
  4. 岩佐又兵衛の傑作「浄瑠璃物語絵巻」全12巻が一挙に公開《岩佐又兵…
  5. キュビスムの巨匠ブラック晩年の絢爛たる作品群を見る《ジョルジュ・…
PAGE TOP