新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

名コレクション空前絶後の展覧会《至上の印象派展ビュールレ・コレクション》

取材・文/池田充枝

ドイツに生まれ、スイスで後半生をすごしたエミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956)は、第一次、第二次世界大戦を経験し、実業家として成功して富を築きました。ビュールレは心の拠りどころとして美術作品を収集し、その質の高さから、傑出したコレクターとして知られています。

彼のコレクションはチューリヒにある邸宅の別棟に飾られ、彼の死後、別棟は美術館として一般公開されましたが、2020年にそのコレクションのすべてがチューリヒ美術館に移管されることになりました。

そんなビュールレ・コレクションの展覧会《至上の印象派展 ビュールレ・コレクションが、東京・六本木の国立新美術館で開かれています(~2018年5月7日まで)。プライベート・コレクションとして日本で鑑賞できる最後の機会となります。

ポール・セザンヌ《赤いチョッキの少年》〔1888‐90年 油彩・カンヴァス〕(C)Foundation E.G.Bührle Collection,Zurich(Switzerland) Photo:SIK-ISEA,Zurich(J.-P.Kuhn)

本展は、ビュールレ・コレクションから厳選した、近代絵画の精華ともいえる約60点を公開します。“絵画史上もっとも有名な少女像”ともいわれるルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》、セザンヌの肖像画のうちもっとも有名な《赤いチョッキの少年》、スイス国外での公開は初めてのモネ晩年の大作《睡蓮の池、緑の反映》など注目作が目白押しです。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》〔1880年 油彩・カンヴァス〕
(C)Foundation E.G.Bührle Collection,Zurich(Switzerland) Photo:SIK-ISEA,Zurich(J.-P.Kuhn)

本展の見どころを国立新美術館の主任研究員、山田由佳子さんにうかがいました。

「ビュールレは生涯かけて633点の作品を集め、そのうちの3分の1が彼の死後設立されたE.G.ビュールレ・コレクション財団の所蔵品となりました。ドイツの大学で美術史を学んだビュールレの関心を引いたのは、フランスの印象派、ポスト印象派の絵画でした。本展は、E.G.ビュールレ・コレクション財団が所蔵する作品の中から、ビュールレが特に好んだ印象派とポスト印象派の絵画を中心に構成されます。

また、ビュールレは、印象派のルーツを探るために、17世紀のオランダの絵画や18世紀のヴェネツィア派の絵画も集め、さらに、印象派以降の前衛美術の展開を意識し、キュビスムやフォーヴィスムの作品も購入していたため、そうしたビュールレの考えを辿るように、本展では印象派、ポスト印象派以外の作品もご紹介します。

フィンセント・ファン・ゴッホ《花咲くマロニエの枝》〔1890年 油彩・カンヴァス〕(C)Foundation E.G.Bührle Collection,Zurich(Switzerland) Photo:SIK-ISEA,Zurich(J.-P.Kuhn)

今回来日する作品のうち、約半数が日本初公開の作品となりますが、その中でも特にモネの大作《睡蓮の池、緑の反映》は、重要な作品のひとつです。その抽象的な画面は、戦後の抽象表現主義との関連でも語られ、モネ晩年の前衛性を示す作品です。縦2メートル、横4メートルの大画面に展開される睡蓮の池のイメージは、見る者を幻想的な世界で魅了する作品だと言えるでしょう」

クロード・モネ《睡蓮の池、緑の反映》〔1920-26年 油彩・カンヴァス〕 (C)Foundation E.G.Bührle Collection,Zurich(Switzerland) Photo:SIK-ISEA,Zurich(J.-P.Kuhn)

出品作のじつに半数が日本初公開という、非常に貴重な展覧会です。またとないこの機会をお見逃し無く!

【開催要項】
《至上の印象派展 ビュールレ・コレクション》 
会期:2018年2月14日(水)~5月7日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室1E
住所:東京都港区六本木7-22-2
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
開館時間:10時から18時まで、毎週金・土曜日と4月28日~5月6日は20時まで(入場は閉館30分前まで)
休館日:火曜日(ただし5月1日は開館)
http://www.buehrle2018.jp/

※九州国立博物館(5月19日~7月16日)、名古屋市美術館(7月28日~9月24日)にも巡回されます。お近くの方はお楽しみに。

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光…
  2. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
  3. 「作家に正面から向き合った」いわさきちひろ生誕100年展示の裏側…
  4. 幽閉、洗礼、そして死…悲劇の女性 細川ガラシャの生涯を辿る
  5. 吉田博展覧会の見どころをMOA美術館学芸員が解説
PAGE TOP